ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

【iPhone】魔球伝説リリース、最近のアプリ審査期間、アプリの爆買いとか。

   

魔球伝説

「流山育児」に続き、魔球伝説(App Store)がリリースされました。

魔球伝説

魔球伝説

魔球伝説

魔球伝説

MiracleBallLegend

敵が投げるボールを打ち返すゲームです。
ストライクゾーンにボールが来たらタイミングよく「HIT」ボタンを押して打ち返してください。
ボール球は「HIT」を押さずに見過ごしてください。
デッドボールに来た球は「DOD」ボタンを押してかわしてください。
うまくヒットしたりボール球を見過ごしたりできれば敵にダメージを与えられますが、ストライクをとられたりデッドボールを食らったりするとこちらがダメージを食らいます。
ライフが0にならないようにして全3ステージをクリアしてください。
なお、火の玉はすべてのコースにおいてボール球なので、打ち返してはいけません。

「伝説」という壮大な名前をつけておきながら、何のストーリーもなく、ただ単に変化球とか火を使う人とか手が沢山ある人とかが投げる球を打ち返すだけです。
最初はとても画期的なストーリー性のある物語にしようかと思っていたのですが、だんだん面倒臭くなってきたのでやめた。
今後はもっと辛抱強く
これでiPhone/iPadアプリは37個目のリリースとなります。
一方、アンドロイドアプリはまだ2個なので、バランスをとるために、またAndroid Studioの使い方の復習を始めました。
完全独習な上に、根本をそれほど理解しないまま、とりあえず使い方だけを3日くらいで覚えた形だったので、使い方を忘れるスピードも速いです。
1ヶ月もすれば、使わない知識は忘れますなあ。


最近のiOS審査期間は短くなっていますね

流山育児の時もそうだったのですが、今回も、申請して三日目で審査開始、その日にリリースされました。
月曜日にアプリ申請して水曜日早朝に審査中のステータスになったという。
流山育児は日本語だけだし配信先も日本だけだったのが理由で早かったのかなと思ったのですが、全世界に配信される魔球伝説も3日目に審査開始されたので、最近は早い傾向にあるのかな。

アプリの平均審査期間がわかるAverage App Store Review Timesを見ても、iOSアプリは4日で平均的にリリースされているとか。
以前はこの平均値が5日とかが当たり前で、6日とか7日とかいう表示も見たことがあります。
早くなるのは嬉しいことですね。

アプリも爆買いとかあるのか

まあ関係ないでしょうけど。

最近はずっと百人一首のアプリが継続的にダウンロードされているのですが、急にアプリのダウンロード数が増えたと思って確認してみたら、ここのところほとんどDLされてなかったball-toss(ボールトス)というアプリがなぜかいきなりダウンロードされたという。
で、どこの国の人がダウンロードしているのか確認したら、中国だった。

もしも春節で時間ができたのなら、こんなアプリではなく、もっとこう、将来のための勉強をしたり、事業を拡大したりといった有用な時間の使い方をしたほうがいいんじゃないかと申し訳なくなるので、もっと有益なアプリを作るように努力しようと思います。
いつもそう思っていて、語学の勉強のアプリとか、美味しいレストランがわかるアプリとか、健康に有益なアプリとか、そう言った成し遂げたアプリを作ろう作ろうと考えているのだけど、xcodeを開くとどうしてもくだらないアプリを作ってしまうという。。。

そういえば、アンドロイドアプリを一回リリースしてから、いろいろアプリの発展を促進させるためのご案内のメールをいただいたりもしたのですが、自分自身、とてもゆるいアプリを趣味で作っているだけで、これを促進させたら申し訳なくてまともに生きられない気がするので、もっとまともなアプリを作る方向に自分の精神が向いてきたら、その暁にはお話を聞かせていただこうかと思います。

この記事の、どう見ても小学生が落書きとして描いたようなアイキャッチ画像を見ても、そんなプロモーションするレベルのアプリじゃないでしょう。。。
この画像をまさか30代のおっさんが一生懸命有用なペンツールを使った描いてるとは誰も思うまい。

 - アプリ開発