ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

年会費無料の楽天銀行JCBデビットカードとデビットカードの必要性。

      2016/04/06

年会費無料の楽天銀行JCBデビットカードとデビットカードの必要性。

海外で生活するにあたり日本のデビットカードがあると便利みたいな話を聞いたことがあって、必要にせまられて楽天銀行のデビットカードを作ったことがありました。


楽天銀行デビットカード。VISAとJCBの比較。

今はデビットカードのラインナップがそれなりに出ているようですが3年くらい前は確かネットですぐに作れてオンラインバンクにも対応してるのが楽天銀行とスルガ銀行しか無かったような気がするのですが忘れました。とりあえず、なぜか選択肢としてはその2銀行しか選ばなかった気がします。
で、楽天にした理由は、そもそも最初から楽天銀行を持っていたからで、これから海外に出るというのに新たに銀行口座を開設するというのが面倒だったので楽天銀行にしたわけです。

そのときのブランドはvisaだったのですが、どうやら最近JCBブランドからも発行されていたらしい。

visaを作ったときにネックだったのは年会費がかかること(今は税込み1029円らしい)であったのだけど、海外に行ってからではもう作ることは難しいだろうし、万が一後でデビットカード作っておけば良かったとかなっても後の祭りということで、まあ1000円くらいなら作っておいた方が無難かと思って作ったのでした。

それがJCBだと年会費無料らしいので、無駄に年会費を支払う必要がなくなったようです。

そもそもデビットカードは必要なのか

結論から言うと、海外で必要になるかもしれないという理由でデビットカードを作る必要は全くありませんでした。
なんだか、レジで会計をする際に、クレジットカードだと店員の手間が発生して嫌がられるけどデビットカードなら手間が少なくて嫌がられることは無い、みたいな話を聞いたことがありますが、別にクレジットカードで嫌がられることは無かったし、デビットカードとクレジットカードで手間がそんなに変わるのかもよく分かりませんでした。
まあ現金がその場で入るから店側にとっては良いのかもしれませんが、そもそもクレジットカードで後払いされると経営が回らないような店はクレジットカードもデビットカードも受け付けてないんじゃないかと思います。
あとは、日本のデビットカードなら海外ATMで引き出す感覚で即時に日本円からドルやユーロやポンドに両替できて海外通貨が手に入る、という点でデビットカードは便利かもしれませんが、同じことなら日本のクレジットカードのキャッシング枠でも可能なわけで、しかも手数料的に差がほぼ無いのでやっぱりクレジットカードだけで充分な気がします。
もしかしたら日本のデビットカードじゃなくてその国の銀行のデビットカードならレジの人の手間が省けたりするのかもしれませんが。

あと、JCBブランドは世界でどの程度通用するのか分かりません。
先日イギリスに住む日本の人が、JCBのクレジットカードがあるお店で使えたことに感動してその旨ポストしていたのですが、使えたら感激して投稿してしまう、というくらいには、visaよりもJCBの方が海外では使い勝手が悪いということです。

一方で、国内で必要になるのかというとそれも疑問なのだよなあ。
現金を用意する必要無く現金払いしたのと同じことになるということで、借金したことにならなくて済むので安心、みたいなメリットが挙げられたりするようですが、むしろクレジットカードで一括払いすると、全く余計な手数料が利息を払う必要無くお金の前借りができるところにメリットがあるんじゃないか、と思います。
クレジットカードならば一ヶ月とはいえ、無利息でローンができることになるので、買い物をして資産を殖やした上に一方で、本来払うべきだったお金で資産運用までできてしまうわけだから、明らかにクレジットカードに分があると思ってしまうのだよなあ。

というわけで、預金口座に残ってるだけで支払いができるので、必要以上に使ってしまって返済が怖い、という理由でクレジットカードよりもデビットカードにメリットがあると考える人は、カードを作る前にまず預金口座の残高を充分に増やした方がいいんじゃないかと思った。

というわけでよほどの事が無い限り、楽天のサービスであれば、クレジットカードの楽天カードだけあれば良いんじゃないかと思ったところです。

海外だとデフォルトでデビットカード機能がついてくる場合も

全然話がそれますが、ちょうどイギリスのロイズ銀行からまた「イギリスの外に住んでいる人に向けてのインフォメーション」という通知が届いたので書いておくと、ロイズ銀行はデフォルトでキャッシュカードとデビットカードが一体型になっていて当然ながら年会費もかからないので、海外だとデビットカードの文化が一般的なのだなと思ったことがあります。

こうやって、海外在住者に対しても、定期的に何らかの情報を郵送してくれるし、デビットカードの期限が切れたら先日ちゃんと更新後のカードを送ってくれるし、日本で使えばロイズ銀行の口座から引き出されて日本円が作れる、ということも出来るし、まあ口座維持手数料もかからないのでロイズ銀行すごすぎる。

 - 経済