ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

インデックス投資家で億り人が現れた。投資で1億円を稼ぐのは簡単。

      2016/04/03

インデックス投資家で億り人が現れた。投資で1億円を稼ごう。

投資で1億円の資産額に達成した人を「億り人」なんて呼び方をするらしいですが、投資に関してギャンブル的な個別株投資FXではなく、完全にインデックス投資に徹して億超えした人が現れたらしい。

成功したybさんは、インデックス投資家の鑑


1億円貯めるには時間をかけてコツコツ積み立てるのが最短だ

たぶんデイトレードとかFXとか不動産投資とかでちまたにあふれているうさんくさい本を読むと、「てっとり早く3億円稼いだ」とかそんなたぐいのものがあふれていると思いますが、インデックス投資だとそんな手っ取り早いことはできないので、「20〜30年くらいかけて1億円目指せるかもしれないね」的なコツコツ型の本の方が多い。

というかインデックス投資というのは、積極的に儲けようとする投資手法じゃなくて、なるべく資産を減らさないようにする投資手法であるので、必然的にそうなる。

だいたい定年退職後に結果的に3000万円程度の利益が出れば御の字じゃないか? というくらいの長期的な目線が必要な投資である。

そのためには、少なくとも20年以上は、初志貫徹で、毎月ほぼ決まった額を定期的に積み立てる必要があり、途中で投げ出してはいけないので、投資自体に重きが置かれているというよりは、普段の生活を見直してそれを継続する強い意志のほうが大切である。

たとえばリストラとかにあって本業がなくなり、給与所得がなくなったら、積み立てもままならないので、投資よりは仕事の技術をあげることの方が重要である。
また、いくら本業をがんばっていたとしても、社会情勢のせいで収入が減ることもあり得るので、常に無駄の無いお金の使い方をしなければならない。投資額を途中で減らさないためにも。

本業での給与所得と投資での収入の2本立てで1億円を貯める

なので、より本業で成し遂げ、より質素に生活すれば、その分投資にまわせるお金も増えるため、より目標値の資産額に達しやすくなる、ということですな。

なので今回の億り人の方は、わずか41歳で成し遂げられたようで、おそらく本業の収入も良いに違いないからそもそも投資をしなくても大丈夫なレベルではあったでしょうけど、
まだインデックス投資に知名度が無かった頃から継続して市場から退場せず、もっと贅沢しても良い給与額なのにそれをせず毎月の投資額を継続して捻出し続けたところに、インデックス投資家としての真の実力がかいま見られますな。

すごい。

ちなみに、自分はインデックスファンドだけだと面白みに欠けるので、最近はひふみとかコモンズとかセゾン資産設計の達人ファンドとかのアクティブファンドをちょい足しし始めてる。
コスト高いし長期的にはアクティブファンドは勝てないという原則に基づけば、この行為は理にかなってないのですが、ただの遊び要素です。今後どうなっていくのか観察したいので、観察するためには買っておかないと注目しないと思うため。

インデックスファンドで1億円を超えるには意外と簡単。まずは貯蓄を頑張ろう

ピケティも言っていたように、金融資産での期待成長率はだいたい4%〜5%程度。

世界の株式の期待リターンも歴史的に見るとこの程度の値と言われている。

1年で資産が5%ずつ増えると仮定すると、まあだいたい15年で倍増する。30年で4倍になる。

従って、なるべく早く資産をためた方が1億円到達には近道となる。

ただのサラリーマンでも1年で200万円くらい貯金するのは頑張ればできることであって、それを10年続けたら33歳くらいで金融資産2000万円。

それを全額世界株式に連動するインデックスファンドを一括購入するために使って30年放置すれば8000万円になって、退職金と合わせれば1億円になる。

つまりその金融資産2000万円に到達した時点で、もう貯金なんか一切しなくても将来的に1億円の資産が築けるという計算になる。
33歳まで頑張って貯金してそれ以降は給与所得を毎月全額使うような贅沢をしても、億り人になれる。

そう考えると、なるべく早く貯金体質を身につけておくのが、富裕層への近道ですね。

 - 経済