ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

クソゲー大賞を目指す。開発言語はSwift,Java,HTML5,Unityどれにすべきか。。。

      2015/12/28

クソゲー大賞を目指す

八王子の育児アプリを作ってから、何となく今年のアプリ作成は終了しようかなと思っていて色いろアプリ開発をされている方のブログを読んでいたところ、クソゲー作成に命をかけている雰囲気の進撃のクソゲー防衛軍という素晴らしいサイトを発見しました。

その中で、クソゲー大賞というものがクソ研なるサイトにて開催されているという情報を得て、これは来年はこのクソケンのクソゲー大賞にノミネートされるべく頑張るしかないな、と奮起しました。


アプリを作って公開してれば誰かが評価してくれるはず

ところで、全然上記サイトとは関係ないのですが、私もiPhone向けのクソアプリを34本ほどリリースしているところ、うち、割と工夫したクソアプリを作ってみようという発想で作ったNekoFightがあぷまがどっとねっとさんのこの記事とかアプリヴさんのこのページとかに紹介していただいていて、後はNekoDragDropについてもあぷまがどっとねっとさんのこの記事に紹介していただいていたのを後で知り、かなり嬉しくなるとともに、「ああどうせ紹介していただけるならもっと力入れて絵を描いてデザインも工夫してさらにシステムも複雑にしてクソゲーじゃないアプリにすればよかった」とか後悔したのですが、実はクソゲーだけで盛り上がる市場があるんだなと最近知って、この方向性でクソゲーを量産するのも面白いかもと思い始めました。

ちなみに、そうやって紹介していただけたアプリが両方ともネコに関するアプリだったため、ネコという動物のアプリ市場も検索に引っかかりやすいのではと色目を出して、さらに割とまともな落ちものパズルっぽく作ったNekoChain、これは上記2つのゲームと同レベルの単純なゲームであってかつネコのキャラを使っているのでまた誰か紹介してくださるかなとワクワクしていたところ、何らそういうワクワクイベントは発生しなかったので、人間欲を出してはいけないと思う。
あんなクソゲーを1度か2度紹介していただけただけで幸運なのに、何俺の分際でよくを出してるんだ。もっと修行せなあかん。

というわけで、もっとクソゲー道を極めるべきなんじゃないかと思ったので、2016年の新年の抱負としては、防衛軍さんの志を見習って、私もクソゲーを量産してその先にあるものを見てみたいと思いました。ワクワク。

Swiftだけでは不足か

で、私、自分が持っている実機端末がiPhoneとiPadだけという事情からxcodeでobjective-c,今はswiftしか使ってないのですが、みんなiTunes storeに加えてGoogle Playでも公開されてるんですよねえ。
ということは、Javaも勉強したほうがいいんだよなあと思う。
ただ、新しい言語及びその開発環境を習得するとなると、それに時間を取られるわけで、クソゲーを作成する速度が落ちる。
アプリを作ってる作業のほうが、言語を勉強してる時間よりも楽だし面白いから、つい後回しにしてしまいがち。
ただ、Google Playでのほうが申請から公開までが短そうなので、一度言語を習得してしまえば量産が倍速で進みそうです。

なんか世の中にSwiftとJavaとその他複数のプログラミング言語を使って仕事している人がいるとか、尊敬するというか信じられないんですが。。。
英語とスペイン語とフランス語と中国語を同時並行的に操れる人みたいじゃないですか。

ただ、上記防衛軍さまのサイトを拝見する限り、iPhone向けとAndroid向けのアプリをいずれも HTML5で作成されているようで、その辺もよくわからない。
Xcodeで作成するとなるとSwiftかoBjective-cだし、その他の開発環境を使ってどうやってアプリ申請するのかとか、そもそもXcode以外で申請しようとするとアップルの審査官が厳しくていろいろ拒絶されるんじゃないかとか思うのですが、世の中いろいろな方法があるのだなあ。
まあ調べればいいのでしょうけど、基本的にそういうの億劫だし何から調べていいかわからないので面倒だから調べてない。
こういう時にアプリ開発仲間とかがいたり、そもそも仕事がアプリ開発とかだったりすると当たり前のように情報が入ってくるのでしょうが、この辺が個人で趣味でやってるだけの人間の限界か。

あとはUnityと言うのが今いろいろ流行ってるみたいな話を聞いたこともあるので、いろいろ書籍を立ち読みしたのですが、どの本を最初に手にとって良いやら分からない。。
なので一向にSwiftから抜け出せませぬので、まだしばらくはiPhoneアプリだけの開発になりそうです。

でも2016年には一個でもAndroidアプリを公開してみたいものですし、iPhone向けアプリであっても、Swift以外の言語で一回作成してみたいものです。

まあ地道に頑張りますよ。

 - アプリ開発