ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

ヤマザキのブランブレッドとローソンのブランパンは美味しい!糖質制限ダイエットにもいいぞ。

      2016/03/25

ヤマザキのブランブレッドとローソンのブランパンで糖質制限ダイエットだ

糖質制限ダイエット中でもパンが食べたい! という場合にオススメのパンを2つ発見したのでその紹介です。


ローソンのブランパン

かねてより、ローソンのブランパンがすごいのではないかと思っていた。
我が家ではクリームシチューなどを作る際に用いる主食がパン。
この際、妻が普通の食パンあるいはロールパンをこれに用いる。
しかし私は糖類や脂肪分が多分に含まれていてそれのみで美味しい効果を奏するパンを食事時の主食代わりに用いることに抵抗がある。
精白された一般的なバターロールや食パンは、私にとってはデザートレベルの甘さなのです。

なので、甘くないローソンのブランパンを用いることにしています。

ローソンのブランパンの何がすごいかというと、そこに含まれる食物繊維やその他の栄養素であり、一方で脂肪や糖分が比較的少ないということがあげられます。
ただ、値段がそれなりに高い。

小さいのが二個入りで116円(税込125円)?

他に食事に合わせるパンとして、それなりのパン屋さんにいけば、穀物の入った甘くないパンがあるのだけど、わざわざ家から遠い都会のパン屋に行かないと手に入らないし値段ももっと高い。

ブランパンの食物繊維は1個で5グラム以上

以前、私はローソンのブランパンについて、以下のように書いていました。
自炊の上では贅沢品ですが、その食物繊維についてべた褒めしています。

--
一般的に、パンというのは太ります。特に白いパンは。
炭水化物である上に、Gi値が高い。
しかもバターやマーガリン等が練り込まれており、脂肪分もあります。
というわけで、血糖値を急激に上げる上に、太る要素が強いばかりか、その他の栄養があまり含まれていないので積極的には摂りたくない食べ物です。

しかしながら、以前からローソンの「ブランパン」とやらが気になっていました。

最近はほぼ外食をしなくなった上に、昼食はバナナヨーグルトと決めているので、ブランパンを食べる隙が生活の中に一切無かったのですが、昨日、所用で栃木県は宇都宮市というところで乗り換えをする必要があったため、昼食も食べてなかったし、乗り換えの時間つぶしに宇都宮駅のローソンで「ブランパン」を買ってみました。

これが想定外に美味い。
1個あたりたったの67キロカロリーであり、糖質がたったの2.2グラムでありながら、もちもちしていて食べ応えがあるため、1個食べ終わる頃にはそれなりの満腹感があるのですよ。
しかもこれが2個も入っているとは。
具体的な数字は分からないけど、gi値も普通のパンよりかなり低いはず。
さらに、これ1個で食物繊維がたしか5グラムだか6グラムだか入っていたはず。具体的な数字忘れたけど。
味に関しても、はっきり言って、その他何もおかずを買わなくても、これだけでいける。
まあ私、あのマズい飯で有名なイギリスという国で、多くの人から「お前は味音痴だ」と言われまくったくらいに何でも美味しく感じるので、私の「美味い」は全くあてにならないけど。

こんな最強なパンが100円ちょっとで買えるとか、なんて幸せな世の中なんだ。

しかし近所にローソン無いし、普段の食生活では朝と昼は果物プラスヨーグルトプラスきな粉、と決めていて夕食はご飯食なので、ブランパンはたまにしか食べられない贅沢品だなあ。
--

山崎の「ブランブレッド」はコスパがいい

で、最近見つけたのが山崎の「ブランブレッド」なる食パンです。

食パンほどに甘くはない上に、食物繊維が6枚切りの1枚あたり5gも入っているというスグレモノであって、しかも値段が近所のサミットだと200円以下でした。
さらに安売りで100円くらいで買ったのだけど。
その上、今はヤマザキ春のパン祭りという祭典が行われている中、これ1つ買うとなんと2点分ももらえるという信じられないほどのコスパです。
なので、前回は100円程度で2点分もらえた。

ちなみに、ハーフサイズで3枚切りのこれを見かけたこともありますが、ハーフサイズだと点数が0.5という、なんだかよく分からない点数のつけかたです。

そんなこんなで、ブランブレッドにはまったので、またサミットに買い付けに行ったら、全く売ってなかった。
食パンに比較するとおいしさの点で劣るからみんな食べず、それによって売り上げも上がらない商品だからあまり入荷されないのだろうか。。

日本のパンは全体的に甘すぎないか

日本人って甘いパンが好きですよねえ。
普通の食パンだって、何も付けなくてもお菓子みたいに甘いのに、そこにジャムやらマーガリンやら塗るなんて、信じられません。

ちなみに、イギリスに住んでいたときは、スーパーで売っているパンは基本的にこういうブランが入っていて甘くない食事用のパンで、とても健康的に思えました。
しかも1キログラムくらい入っていて日本円で150円前後くらいだったので、コスパも良いです。

こういった穀物入りのパンは急な血糖値上昇にも繋がりにくいので、糖質制限オフ、ダイエットにも適しているのです。
しかも最初はやや苦みがあって味に抵抗あるかもしれないけど、慣れてくると普通の白いパンよりも美味しく感じられるのだよなあ。
噛めば噛むほど味が出るというか。

パンに関しては日本人の好みがややジャンキーな気がします。
もっとスーパーで買えるパンのジャンルをもっと広げて欲しいと思います。

 - ごはん, 健康