ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

HWD14からWX02のギガ放題に乗り換え。でも3日で3GBは簡単に超えそうだなあ。

   

HWD14からギガ放題に乗り換え

上記画像のような「HWD14/NAD11をご利用中の皆様へ 超速ご優待 ギガ放題のご利用料金が特別価格に! お申込み受付期間 〜2016年5月10日まで」なるダイレクトメールが届きまして、まあいつもなら無視するところなのですが、なんだかお得そうな見た目なので開けてみることにした。
ちなみに、「営業と詐欺のあいだ」(坂口孝則)という本によれば、ダイレクトメールはなんの工夫もしなければ開封もされずにゴミ箱に行くのがオチですが、こうやって「あなただけにに特別なサービスがありますよ」的な、「これを逃すともったいないですよ」的な、「早くしないと締め切りが来てしまいますよ」的な、自分だけの特別感、自分の生活が良くよりなるに違いない感、あるいは早くしないと損する感、みたいな見た目のダイレクトメールをこしらえることによって、この開封率を100%にすることが可能らしい。
昨今のダイレクトメールには様々な統計学、心理学の手法がちりばめられていて、面白いですなあ。


そういえばもうすぐ速度制限7GB/月がかかるんだった

以前、「HWD14」あるいは「HWD15」が実は優れた端末で、これを持っている人はこれを保持し続けたほうがいい、みたいな話を聞いたことがありました。
その理由としては、「ノーリミットモード」があるから。
月単位でのデータ通信量に上限が設定されている昨今、この無制限で使えるという既得権益は手放さないほうが賢い。ありとあらゆる通信事業者の宣伝文句に誘われて、うっかり新しいものに手を出すと実は後悔することになる、みたいな話だったような気がします。

というわけで、今回のこの「ご利用料金がおトクになる特別キャンペーン」なるものは破棄しようと思った。
なぜなら、「現在のご利用プラン」欄の「速度制限」には「7GB/月」と記載されてあって、それと比較する「本キャンペーン適用」欄には「月間データ量の上限なし」と書かれており、いかにも「このキャンペーンに乗っかることでデータ量の制限がなくなりますよ」という雰囲気を漂わせているからです。
別にノーリミットモード使ってれば無制限で使えるじゃんと思った。

あれ、でもおかしい。今のノーリミットモードでも無制限だけど、このキャンペーンに乗っかっても無制限で使えるじゃん。
しかもキャンペーンに乗っかれば、そのノーリミットが、今のWimaxではなく、より早いWimax2+で使えるようになるしなあ。
無制限で使えるからノーリミットモードのHWD14は手放さないほうがいい、という考え方は微妙に間違っているような気がしてきた。

あと、以前UQ WiMAX のノーリミットモード、そこそこ速いですね。とかいう日記を書いてしまいましたが、やっぱWiMAX2+の方が速くて快適だわ(当たり前か)。

で、上記日記のところで書いたけど、そういえば、2015年4月からUQFlatツープラスを申し込んだ人はWiMAX2+の速度制限が7GB/月を超えるとかかるみたいですけど、私はそれ以前に契約しているので、最大25カ月間は無制限にWiMAX2+を使えてるんだよなあ。
ということは、忘れてたけどあと半年くらいで帯域制限かかる。

ちなみに、私の使用量は、上記日記に記載したように、だいたいひと月あたり15GBくらい使っていて、7GBは半月も経たずに超える。。。
やっぱWiMAX2+に慣れてしまうと、これより遅いのは変えたくないので、今のうちにこのキャンペーンに乗っかってギガ放題プランに変更したほうが得なんじゃないかと考えました。

UQFlatツープラスの解約手数料はかからないそうです

しかしながら私は疑いぶかいので、何か変更することでデメリットがあるんじゃないかと思う。
このパンフレットから明確なデメリットとしては、プラン変更することで3年目からは料金的に700円くらい高くなること。
現在は毎月4,196円ですが、変更後は3,696円。これは安いのですが、2年目からは4,380円で3年目からは4,880円。
とりあえず1年目のお得感と2年目の微増とを相殺すると、だいたい2年間は今と同じ料金の支払いですみそうですが、3年目からはだいぶ高くなるわけです。
でもしょうがないかなあ、WiMAX2+速いし。
それに700円/月くらいだったら、一般的な一食分のランチを我慢すれば大丈夫な価格ではないか。
まあ私のランチ代は今200円くらいしかかかってないので、三食分以上のランチを削らなければいけないけど。

とりあえずそれくらいなのかなあと思った時に、「あれ、そういや解約手数料ってどうなるの」と思いつきました。
日本の通信事業者は、2年縛りを設定しておいて途中でプランを止めようとすると、残り期間に応じた違約金みたいの払わされるじゃん、でもそれに関する記載がこのパンフに見つからないじゃないか。
これは盲点ではないか。

一方、UQ WiMAXの公式HPに掲載されていて、上記とは別のキャンペーンであるWiMAX→WiMAX 2+おトクに機種変更には、「おトク1 契約手数料0円(現在ご利用中のWiMAX)」と明記しているぞ。
つまり、通常は現在ご利用中のプランを本プランに変更することによって通常は変更に伴う契約手数料みたいのが発生するということはではないか。私の場合、何か契約手数料というか、解約手数料がかかってしまうのではないか。
まあ結局これは私の勘違いなのですけど、カスタマーセンターに電話してみることにした。(通常こういうフリーダイアルってすごい待たされるのだけど、平日お昼にかけてあっさり繋がった。ノーストレス)

で、どうも単なる乗り換えだから解約手数料とか契約手数料みたいのは発生しない、今回のキャンペーンによって何もお金はかからない。ということでした。
安心した。

WX02がいいらしい。

あと、ギガ放題に乗り換えるにあたり、W01なる端末とWX02のいずれかを選択する必要があるのだけど、どっちがいいのだろう。
ネットではWX02をすすめる人が多いようだ。新しいらしいし。

W01のメリットはau 4G LTEが使えることだけど、これ使うと余計なお金がかかるから今でも使わないようにしてるから、やっぱWX02かな。
本当はLTE使えると、地下鉄でも途切れずネットできるので便利ですけどね。速いし。
なのでWX02にした。
ちなみに、WX02だと、WiMAX2+に加えて、WiMAX13.3Mbpsも使えるようですが、WiMAX2+でも無制限に使えるのにあえて遅いWiMAXを使えるようにしている理由はあるのだろうか。
HWD14だと、遅いWiMAXの場合はノーリミットで使えるという利点があるのですが、ギガ放題ではWiMAX2+も無制限だしなあ。

それも聞いてみると、どうも「WiMAX2+が優先されて通信が行われますが、仮にWiMAX2+のエリア外に行った場合、自動的にWiMAXに切り替わります」ということだった。
つまり、WiMAXの方がカバー範囲が広いということなのだろうなと思ってそう言ってみたら、「今はWiMAX2+も広いエリアをカバーしているので、必ずしもそういうわけではない」ということ。
ますますWiMAXが使えることの利点がわからん。まあいいけど。

3日間で3GBは割と簡単に到達するのではないか

あとは懸念点としては、3日間で3GB超えると帯域制限がかかる、ということで、これについては、よほどのことがなければそう簡単には到達しないみたいなこともネット上に書かれてるけど、割と簡単に行くのではないかと思った。
だって私全然動画見ないのに月15GBとか行ってるし、つまり3日間で1.5GB到達するわけで、これで仮にyoutubeで動画とか見たくなったら簡単に超えそう。。。
(夜中から早朝までずっとラジコを流しっぱなしにしているのが使いすぎの原因だと認識しているのだけど。単なる音声だけなのにそんなにかかるんですかね、という疑問はありますが。この認識が間違っているとしたら、あるいは誰かに帯域を盗まれているのか。あわわ。)
先日も急に自分で作った動画をyouTubeにアップして自分で何度も見る、みたいなことを1時間くらいやったのだけど、これでどれくらいいくのでしょうかね。

まあなるべく動画視聴はしないようにして頑張ろうと思います。

営業と詐欺のあいだ [ 坂口孝則 ]

営業と詐欺のあいだ [ 坂口孝則 ]
価格:799円(税込、送料込)

 - テクノロジー