ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

マネックス・SBI証券ウェブサイトでマイナンバーをアップロード提出

      2016/11/29

マネックス証券ウェブサイトでマイナンバーをアップロード提出した

マネックス証券、SBI証券でのマイナンバー届け出の手続きが簡単だったので、その経緯を書く。


マイナンバー提出依頼のメールはまず詐欺ではなかった

8月に以下のメールを受領した。

【マネックス証券】マイナンバーのご提出をお願いいたします

いつもマネックス証券をご利用いただき、誠にありがとうございます。

2016年1月より、マイナンバー制度(「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(「番号利用法」)」)がはじまりました。

新規口座開設時や住所・氏名変更などのお手続き時に個人番号(以下、マイナンバー)を提出していただく必要がございますが、これらの手続きが無い場合についても、2018年末までにマイナンバーを提出していただく必要がございます。

マイナンバー制度開始時点(2015年12月31日以前)ですでに口座をお持ちのお客様につきましては、マイナンバーをウェブサイトよりアップロードし、当社に提出いただける機能をご用意いたしました。

本手続きの詳細を、ログイン後のメッセージボードにてご案内しておりますでのご確認くださいますようお願いいたします。

今後ともマネックス証券にご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

なるほど。
これが昨今世間を賑わしているマイナンバーカード絡みの詐欺メールか。

世間的に有名で信頼のある金融機関を名乗り、マイナンバー等の個人情報を盗み取る悪党どもが世間に跋扈していると聞く。

今までこのような電話あるいはメールは私のところには来なかったが、とうとう私のような末端の人間のところにも来たか。

しかし残念ながら、私ほどの情報リテラシーの持ち主にとって、詐欺メールは一切通用しない。

まず、送信元メールアドレスを確認する。
しかし特段問題はなさそうだ。

次にメール本文を読む。

非常に丁寧なメールであり、フッターについても正真正銘のマネックス証券からのメールのように見える。

唯一気になる点といえば、「ログイン後のメッセージボードにてご案内しておりますでの」の「での」の部分だ。

本来ならば、「ので」になるべきだ。

証券会社のような堅い印象のある組織が公表する文章に、このような過ちがあるだろうか。

ここにヒントがあるような気がしてならない。

しかし証券会社は激務であり、日々の業務に押しやられてそのような些細なミスなど確認している時間などなかったとも考えられる。

現時点でこのメールが正式な送信元から送られているか詐欺メールであるかは判断がつかない。
各々50%ずつの確率だ。

とりあえず、ログインしてメッセージボードを確認してみよう。

そうすればこのメールが詐欺か否かは判断がつくはずだ。

その際、インターネットリテラシーがない人は、メール本文に記載のリンクURLを踏んでしまうが、それは悪意のある送信者の思う壺だ。

いかなる場合でもメール本文のリンクは踏まず、グーグル等の検索エンジンからウェブサイトに到達すべきだ。

そしてログインをした。

やはり疑いすぎだったか。ちゃんとメッセージボードに・・・ない。ないだと。。。?

もう一度メールを読み直す。

「本手続きの詳細を、ログイン後のメッセージボードにてご案内しておりますでのご確認くださいますようお願いいたします。」

と確かに記載されている。

しかしログイン後のメッセージボードに、「マイナンバー」に関するメッセージは一切見当たらない。

これは、ガチで詐欺だったということか。。。?危うくメール本文からリンクを踏んでマイナンバーを提出していたら、詰むところだったということか。。。?

いやしかし、そう思うのは早計だ。

いずれにせよ、マイナンバーは証券会社に提出をしなければならない日が来る。
これは義務であり、拒否はできない。

現時点で証券会社の口座開設をする際にはマイナンバーの提出は必須だし、すでに口座を開いている人でも個人番号との紐付けが義務になる。

まだ届け出締め切りまでに猶予があるにしても、提出をしないと住所変更等の変更手続きも行えない。

よし、問い合わせるしかない。

しかし今日は土曜日だ。
土日はオペレーターは開いていないので電話は無理だ。

そこで、ウェブサイト内の問い合わせ入力フォームにてメッセージを送ろう。

なお、ここで送信した問い合わせは履歴として残るので、後で確認するのにも役立つ。

マイナンバーをウェブサイトより アップロードする機能の場所

先日「【マネックス証券】マイナンバーのご提出をお願いいたします」とのタイトルのメールを受領いたしました。

本文に、「マイナンバー制度開始時点(2015年12月31日以前)ですでに口座をお持ちのお客様につきましては、マイナンバーをウェブサイトよりアップロードし、当社に提出いただける機能をご用意いたしました。」と記載されておりますが、この機能はどこにあるのでしょうか。

なお、メール本文に「本手続きの詳細を、ログイン後のメッセージボードにてご案内しておりますでのご確認くださいますようお願いいたします。」との記載があるのですが、ログイン後のメッセージボード一覧を確認する限り、そのご案内は見つかりませんでした。

お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

もしもこれに対する返信で、「当社からそのようなメールの送信は行っておりません。そのメールは破棄するようにお願い致します」といった旨の内容のメッセージが得られたら、やはり詐欺メールだったことになり、メール本文のリンクを踏まなかった私の勝ちとなる。

そして返信が得られた。

なんと、月曜日だ。

こういったメール等のテキストベースでの質問に対する回答は、2、3営業日はかかるものと予測していたが、営業日ベースで次の日に回答が得られたことになる。

なんという迅速で顧客目線の会社だろう。マネックス証券は素晴らしい。

内容を一部引用させて頂く。

いつもマネックス証券をご利用いただき、誠にありがとうございます。
マネックス証券の〇〇と申します。

お問い合わせいただきました件につきまして、回答が遅くなり申し訳ございません。
また、マイナンバーの提供についてはご心配をおかけし、申し訳ございません。

マイナンバーをアップロードについては、メッセージボードにてご案内を差し上げておりますが、〇〇様におかれましては、まだメッセージボードでのご案内が完了していない状況でございました。

本日夕刻に、マイナンバーをアップロードいただくためのメッセージボード掲載いたしますので、ご確認いただき、お手続きをいただきますようお願いいたします。

あらためて、対応が不足しておりましたことをお詫び申しあげます。

以上、要件のみの回答となりますが、
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。

今後ともマネックス証券をよろしくお願い申し上げます。

文章も非常に丁寧で、私の次にすべきことや次に行われる内容及び時間などが、流れるようにわかりやすく記載されている。

しかも文章の区切りで私のような末端の人間に対するお詫びのお言葉が複数挟まれている。

やはり日本の企業というのは、底知れないホスピタリティがある。

感動してしまった。

そしてその日の夕刻、私は抜かりなくログインをし、メッセージボードを確認した。

マネックス証券のメッセージボード

あった。。。

なんという早いご対応だろうか。

そして、やはり詐欺ではなかったという安堵感が私の体中を駆け巡り、その後の手続きに入ることを決意した。

なお、しばらくメッセージボードを放置していたので、「MHAMのMMF」の繰り上げ償還決定のお知らせ、というメッセージに一瞬ビビったけど、別に何の影響もなかったのでさらなる安堵を覚えたことを付記しておく。

マネックス証券でのマイナンバー提出は、画像をアップロードするだけという簡単さ

さて、具体的な手順は非常に簡潔かつ的確に説明されている。

アップロードご利用の手順

抜粋してみる。

アップロードご利用の手順

①マイナンバーの画像ファイルをご用意ください。
②下記リンクよりマイナンバーのアップロード画面へ遷移いただき、「マイナンバーの画像についての
留意事項」をご確認の上、内容をご承諾いただける場合は□(チェックボックス)をクリックください。
③アップロードする確認書類をご選択ください。
④「参照」をクリックし、ご用意いただきたマイナンバー確認書類をご選択ください。
⑤「アップロード」をクリックし、アップロードを完了ください。

※アップロード完了後は「閉じる」より、画面を閉じることができます。

何という簡素さだろう。

マイナンバーというものは非常に重要な機密情報だ。

その提出ともなれば、やれハンコを押せだとかやれサインしろだとか、厳重な封筒に入れて厳重な方法で送信しろだとかいう煩雑な手続きを要求されそうだ。

しかしパソコンの前に座ってたったの5ステップを踏むだけでその手続きが完了する。

インターネットというテクノロジーは官僚主義的な仕事を全く平易なものに変えてしまった。

マネックス証券でのマイナンバーのアップロード

なるほど、PNG形式のデータで行ける訳か。

よし、私のiPad miniのカメラでマイナンバーカードの表と裏の両面を各々撮影。

そしてチェックボックスにクリック。

マネックス証券でのマイナンバーのアップロード

表と裏のデータを各々別個に選択する仕様になっており、ユーザーフレンドリーである。

ここへきて、タブレットやスマホのカメラで撮影したような写真でいいのだろうかと不安になった。

やはり正式な書類であるから、スキャナ等の専用機械で読み取って作成した画像の方が良かっただろうか。

まあ不鮮明で読み取り不可能ならば連絡が来るらしいのでそれを待つか。

アップロード完了

あっというまにアップロードが完了した。

なお、アップロードが無事うまくいったことを知らせる自動送信メールは送られてこないので、方式的な手続きが無事済んだのかどうか判断しかねる。

けれども、最終的な手続きが正式に完了した場合には一週間後くらいにメールが来るらしいので、それを待つことにする。

二週間くらい待っても何も連絡やメールが来なかったら、こちらから問い合わせをしてみよう。

それにしても、マイナンバーを提出するというのはやや抵抗があるし、流出したらどうしようという恐怖心は拭えない。

これについては、適切に管理していただけるよう企業側のセキュリティ構築の努力に賭けるしかない。

1日〜2日後にマイナンバー登録が完了していた

さて、上記提出を行なった後、マネックスにログインしてみたら、メッセージボード(重要)に、以下のようにマイナンバーの登録が完了した旨のメッセージが届いていることを確認した。

マネックス証券のマイナンバー登録完了のメッセージ

マネックス証券のマイナンバー登録完了のメッセージ

なんという早くて丁寧なご対応。

提出してからたったの1日〜2日で登録完了。

これはすごい。

SBI証券でのマイナンバー提出もインターネットでできる

この後、SBI証券でも同様にマイナンバーを提出した。

こちらも同様にネット上で画像をアップロードすることによって提出可能。

スキャンではなくても、iPad等のタブレットで撮影した画像で受付が行われた。

郵送よりもネット上で提出できる方が、郵送事故等の不安がなくてセキュリティ的に万全。

昨今のネット証券はすごく便利。

SBI証券でのマイナンバー提出もインターネットでできる

提出後、自動的にメールで提出がなされた旨の通知は来ないが、ウェブにアクセスすると、登録が完了したことの通知をするメッセージが表示されている。

SBI証券でのマイナンバー提出もインターネットでできる

個人番号(マイナンバー)・法人番号の書類審査完了のお知らせ、としてこのように表示される。

提出して3日後だった。
これも早い。

本当に最近のネット証券のサービスは便利です。

 - 経済