ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

iPhoneの電源がつかないし4013エラーで再起動もリカバリーもできない

      2018/03/04

iPhoneの電源がつかなくなって4013エラーでリカバリーすらできない

iOS11アップデート後に再起動繰り返すリンゴループになるも解決したで買いた通り、不安定になったiPhoneでsafariでインターネット検索をしないように心がけていたのだが、うっかりやってしまったところ、完全にiPhoneが故障してしまった話をします。


iPhone5Sの画面が真っ暗になってリンゴマークすら表示されないがうっすら微かにバックライトはつく

サファリを使っていたら急に画面が落ちて、まあいつもの通り再起動してリンゴループを延々と繰り返したのち初期化されてまた使えるようになるんじゃないかな、と楽観視していたのですが、再起動してもリンゴループ すらも起こらなくなりました。

リンゴのマークすらも表示されず、画面が暗いまま。

が、暗い部屋に行くと、微かにバックライトがついていて、どうにか頑張って再起動をしようとしている感はする。

これは今までになかった現象であり、故障に近づいてしまったか、と思いました。

こんな時は充電器に繋いだり、あるいはバッテリーを使い果たして電池残量を0%にしてから充電してみたりをすれば、まあ解決されるんじゃないかと思ったりもしていたのですが、やっぱりリンゴマークすら映らない。

これはやばい気がしてきました。

MacBook Airに接続してリカバリモードにして復元を試みる

お使いのiPhoneを工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか? メディアやその他のデータはすべて消去され、最新バージョンのiPhoneがインストールされます。

もうウンともすんとも言わない感じなので、パソコンとケーブルで接続しても認識されないかな、と不安だったのですが、接続したら認識されて、アラートが表示されました。

お使いのiPhone"iPhone"を工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか? メディアやその他のデータはすべて消去され、最新バージョンのiPhoneがインストールされます。
復元をAppleに確認します。このプロセスの完了後、連絡先、カレンダー、SMS/MMSメッセージ、およびその他の設定を復元できるかどうかを選択できます。

これで「復元とアップデート」をクリック。

というか、結論から言うと、これ結局復元もアップデートもできなくて、何度も繰り返しているのですが、場合によっては「復元」と「アップデート」とが分離されたボタンになっていたりして、その辺の違いがよくわかりません。

iPhoneをアップデートできません。工場出荷時の設定に復元する必要があります。

それでそう言う場合に「アップデート」ボタンを押すと、結局こう表示されます。

(あるいは、アップデートボタンだけが表示される場合もあって、そういう場合には、「このiPhoneのソフトウェアをアップデート中です。」、「iPhoneのソフトウェア・アップデートの準備中」のゲージが最大まで溜まったところで止まってその後やっぱりエラーが表示されるとか、パターンは色々。)

iPhoneをアップデートできません。工場出荷時の設定に復元する必要があります。
iPhoneのバックアップがある場合は、復元処理の完了後に"バックアップを復元"をクリックしてください。

でまあ、復元ボタンを押すしかないのですが、そうすると一応復元処理が始まったっぽい感じの画面になります。

iPhoneリカバリモード

「iPhoneリカバリモード このiPhoneのソフトウェアの復元の準備中です。」と表示され、「ソフトウェア抽出中・・・」と書かれた下にはバーがある。

このバーが蓄積されていくので、iPhoneが完全に壊れた訳ではないのだなと安堵します。

iPhoneを待機中・・・

ところが、この「iPhoneを待機中・・・」の表示になってからほぼフリーズ状態で何も変わらず、10分くらいの時間を待った後にこうなります。

iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(4013)。

iPhone"iPhone"を復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(4013)。

これはどうもアップルのサポートのサイト等を読む限り、原因がよくわからないのでiTunesのソフトウェアバージョンを最新にしろとか、USBポートや純正ケーブルを使えとか、一旦パソコンを再起動してからまたリカバリーしてみろとか、とにかく試行錯誤してみるしか対処法がないっぽい感じがします。

なので、考えられる限りのことをやってみたのですが全然ダメ。

(まあ実はケーブルはアップル製品じゃなくて、安い「ANKER」と「RAVPower」の2本の他社製品しか使っていないので、もしかしたらアップルの純正品を使えば成功するのかもしれませんが、そんな単純なやり方で解決できるとは思えない。。。)

Apple サポートに電話する

というわけで、八方塞がりになった私は、Appleサポートを受けてみることにしました。

最初はGenius Barで直接会ってサポートを受けたかったのですが、予約がいっぱいで一週間後の平日とかになっていてちょっと行くのが難しかったので、Apple サポートに電話することにしました。

先にネット上で、これから電話する旨の作業をしておき、問い合わせ番号をもらっておくと、すぐに繋がる模様。

土日でも通話料無料で電話できるのが良い。

で、電話してみたら、「ああ・・・エラー4013ですか。。。それソフトウェアに不具合があるみたいで、対処法としてはとにかくUSBポート変えるとか純正ケーブル使うとか色々試してみてください」的な返答しかもらえず、全部私が試したことだったのでもはや手の打ちようがありません。

念のため、修理(あるいは交換)になった場合にかかる費用を聞いたところ、38000円くらいかかるとのことで、だったら中古でもっと新しいバージョンのiPhone買ったほうがずっと安いやと思って、もうiPhone5sのリカバリーを諦めました。

また後で暇なときにリカバリーを再開してみようかなあ。。。

 - テクノロジー