ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

花粉症予防に効果的な食べ物、飲み物

      2016/06/07

花粉症予防バナナ

最近は急に暖かくなり、とうとう長くて暗い冬から春の息吹が感じられ始めてウキウキ気分なのですが、一方で花粉症に苦しめられて萎える季節が来たというトーンの話をちらほら耳にするようになりました。

自分は花粉症になったことがないのでその辛さとかはわからないのですが、花粉症の人は大変にその症状が辛く、必要に応じてその症状を緩和するために投薬をする等の対策を講じられているわけですが、その薬も必ずしも効果てきめんかどうかもわからないし、一方で副作用の眠気などに苦しめられるという状況にもなり得るらしいです。

要するに、非常に厄介のようです。

だから花粉症にならない方がいいと思うのですが、じゃあなんで自分は花粉症にならないのだろうと考えた時に、割と食生活が関係しているのではないかと思って、自分の日々の食生活などを書いてみることにします。
これが本当に効果あるのかどうかわからないですけど。


ヨーグルト

世間で言われていることです。
自分は毎日どのタイミングでもいいからヨーグルトを摂取する、という週間をここ16年くらい1日たりとも欠かしたことはない。
というのは嘘ですが、まあ旅行とかでヨーグルトを食べられないような日を除けば、多分欠かしてないような気がします。
高校時代に便秘に悩まされたから始めたことなのですけど、一方でヨーグルトは花粉症予防にいいらしいということが途中からわかってきた。
というか、腸内環境を整えることが、花粉症対策の一つの手段ではないかという雰囲気を感じるので、一般的に腸内環境を整えるものは何でも取り入れることがいいんじゃないかと最近は感じます。

じゃあどのヨーグルトがいいのかというと、いろいろ世間的には「明治R−1ヨーグルト」とか「明治LG21ヨーグルト」とか、割と特別感のありそうなヨーグルトがいいと言われているようですが、これらのヨーグルトを自分は一度も食べたことはありません。
だって高いし。
あと、ヨーグルト単独で食べられるようなものは、味付のために糖分が入っていたりするのがどうも味的に苦手です。
なぜか私は無糖のヨーグルトの方が美味しく感じるらしい。バカ舌だから。

というわけで、比較的安くて無糖のものを何でも取り入れています。
現在私が恒常的に食べているもの一覧。

・森永ビヒダスプレーンヨーグルト脂肪0
・明治ブルガリアヨーグルトLB81 そのままおいしい脂肪0プレーン 450g
・ナチュレ 恵 megumi 脂肪0(ゼロ) 400g
・コープ 北海道 脂肪0 プレーンヨーグルト カップ400g
・小岩井 生乳(なまにゅう)ヨーグルトクリーミー脂肪0(ゼロ) 400g

これらを回しています。
価格的には小岩井のだけ突出しているのですが、通常価格200円超えるところ、サミットだと月曜日だけこの小岩井が170円くらいで買えるのでそのときだけ買っています。
一時期ビヒダスヨーグルトが超効いて快便生活を楽しんでいたところ、なぜか途中から効かなくなって、菌に対する抗体みたいのができたのかとかいろいろ考えて、とにかくいろいろ試そうと思って、ちょっと高いのにも手を出そうかと思って、飼い始めました。
他のは恒常的に150円以下で買えるし、生協のは100円くらいで買えます。その分、花粉症や便秘等に対する効果が薄いのかもしれないけど。

というわけで、特に特別感のあるヨーグルトを食べずとも、とりあえず「ヨーグルト」ってパッケージに書かれてるものならそれなりに効果あるんじゃないかと思ってる。
量的には、今は毎日500g以上は食べてるな。。。多すぎるか。

果物、サツマイモ

自分は毎日バナナ2本とリンゴ1個を欠かさず食べているのですが、これはあくまで快便生活を享受することを目的として16年前くらいから始めたのですが、これらもどうやら花粉症に対する効用があるとかないとかいう噂を聞きました。
秋になると上記果物に変えてサツマイモにしてることもありますけど。
昨日くらいに、何か1日バナナ2本で花粉症に効果があるとかいう論文が発表されたとかいうニュースを聞いたのだけど本当か。
まあ一般的に健康と言われてるような野菜とか果物にはそれなりに予防効果あるんじゃないですかね。

ちなみに、毎日バナナ2本とリンゴ1個、それにヨーグルト500g食べて後述するようにきな粉を大さじ10杯くらいぶっかけて食べてるので、普通の人がやったら花粉症と便通が改善されることと引き換えに、多分太ります。
果糖は脂肪に変わりやすいらしいですし。
自分は朝食と昼食をほぼ食べない代わりに、その分果物とヨーグルトときな粉を2食分の代用にしているので、カロリー的にも栄養的にも健康水準で勝つ体重も全く増えない、というか痩せてそれをキープできてる。

その分、美味しい肉とか白米とかそういうのは我慢しなければならないですけど。
まあ私バカ舌だから食べなくても気にならない。

大豆

これも16年くらい前から毎日納豆生活を心がけ、最近はそれをきな粉に替えているのですが、その食習慣が花粉症に効果あるのか知らないけど、とりあえず続けているから挙げてみます。

とりあえずこんなものでしょうか。
どれも腸内環境を整えるのに適している点で共通しているようです。
要するに腸内環境がポイントなんじゃないかと思うのですが、まああまり根拠ないです。
あと、私の長年の食習慣が、大豆とヨーグルトと果物とサツマイモだけというのはなんだか貧困な食習慣な気がしなくもない。

余談。

ビール、ワイン、コーヒー

そういえば毎日欠かさず飲んでいるものとして、コーヒー、および、ビール又はワイン等のアルコールがあるのですが、これらは花粉症に貢献しているのでしょうか。
まあ赤ワインはポリフェノールがどうとかこうとかよさそうな雰囲気のものが入っているらしいのでもしかしたらそうかもしれないですけど、酒類についてはどうもわかりません。
コーヒーも健康効果がどうとか言われていますが、一応嗜好品ですし、花粉症に効くのかどうかはわかりません。

 - 健康