ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

プラズマカーは大人も二人乗りも大丈夫。児童館や公園で乗りまくれ

   

プラズマカーは大人も二人乗りも大丈夫。児童館や公園で乗りまくれ

どうも世間ではプラズマカーを大人が乗ってはいけないと間違った思い込みをしている人が多いのではないかという推測をしている。

そこで以下では、まずこの間違いを正し、子供だけでなく大人こそ乗るべきであるという認識を広めたい。


プラズマカーとは。その原理とテクニック

プラズマカーという言葉は、子供がいないと聞き馴染みがないと思う。

私も子供ができて児童館で遊ぶようになるまでは、このようなおもちゃの存在を知らなかった。

初めてプラズマカーという言葉を聞いた時、「電気で動くハイテクな車」のことか?と思ったくらいだった。

しかしその凄まじい名前とは裏腹に、小さい子供がおもちゃ代わりにして遊べるくらいの、アナログな車なのである。

具体的な操作方法を見ていきたい。

プラズマカーの操作方法

まず両足を前方の黒色の足乗せ部にのせる。

そして上記写真のようなハンドルの位置にして、両手でハンドルを持ち、ゆっくりと左右にハンドルを動かす。

すると、プラズマカーはジグザグに左右に進行方向を変えながらも、ゆっくりと前進する。

しばらくは大きく揺らしてスピードをつける。

やがてスピードが乗ってきたら、小刻みにすばやく左右に揺らすと、さらにスピードが乗る。

これだけである。

足で地面をけらずとも、ペダルを漕がずとも、前進する。

その原理はこんな感じである。

プラズマカーの原理

これが前輪の写真。

ハンドルを右に切ると、左側の車輪が右側の車輪を大回りに外回りして右に行こうとするが、円を描くように外回りするため、前方にも進むことになる。

その後左に動かせば、左方向に外回りするとともに、前方へも進む。

これを交互に動かせば、左右の動きを帳消しにしながらも、前方へのベクトルは耐えず維持できるという寸法である。

スケボーにも似ていると思うが、スケボーは車体を浮かせて前方への推進力を体全体で多少かけなければならないのに対し、プラズマカーでは何ら前方への推進力を意識しなくとも勝手に前に進む。

すごい発明である。

2歳児もプラズマカーを運転できる

2歳の子供であってもこのように器用にプラズマカーを運転することが可能。

すごい乗り物なのに、単純な操作方法で遊べるしなかなか飽きない。

グッドデザイン賞も受賞しているこのプラズマカーは、その辺のコンビカーやスケボー、ペダルカーとは一線を画すような、まさにスーパーカーである。

プラズマカーは大人が乗っても大丈夫

ところで、プラズマカーは児童館ばかりに設置されているためか、子供しか乗ってはいけないものだと勘違いしている人が少なからずいる。

しかしその安定感や座り心地を大人が試して見ても分かる通り、大人でも十分に乗れるほどの耐久性を持っていることが明らかなのである。

実際、以下のラングスジャパンのプラズマカーを紹介するホームページをご覧いただきたい。

ラングスジャパンの公式サイト

大人が乗っているばかりか、子供と大人が同時に二人乗りまでしているのである。

制限体重は何と100キログラム。

すなわち、その児童館で禁止されておらず、他に子供が遊んでいる様子がなければ、大人も乗って構わない。100kgまで耐えられるのだから。

むしろ、大人が子供たちと一緒になって乗ることで、親子の絆までもが培われるというメリットすらある。

プラズマカーで子供心を取り戻せ

そういうわけで、公園や児童館などで他に子供がおらず安全性が確認できるようなラッキータイムの場合には、子供と一緒に競争したって構わない。

プラズマカーで子供心を取り戻せ

子供に乗ってもらうのは、プラズマカーでもいいし、コンビカーでもペダルカーでもいい。
今回は、Little Tikes(リトルタイクス)のコージークーペを選んでもらった。

屋根付きで高性能なマシンである。

一方、大人は、ペダルカーやコンビカー、コージークーペなどは体重制限や車のサイズ、耐久性等の関係上、乗らない方がいい。

大人はプラズマカーで子供と対等に戦う。

大人はプラズマカーで子供と対等に戦う。

相手は2歳児だろうが3歳児だろうが知ったことではない。

子供を甘く見ない方がいい。

親が仕事などで体がなまっていく一方で、子供は毎日遊んでどんどん知らないうちに運動能力を高めている。

なめていたら負ける。

子供は親の本気度を肌で感じる

子供は親の本気度を肌で感じる。

親が手を抜いていたら、つまらなく感じるだろう。

しかし、親も本気になって遊んでくれたら、子供も興奮して本気を出す。

本気と本気のぶつかり合い。

プラズマカーは大人の乗り物

戦いの最中、きっと親はこう思う。

いつのまにか私の子供はこんなに強くなったのだろう。

頼もしく感じるとともに、自分の子供が日に日に成長していく様を見て、嬉しく思う。

もっと子育てにコミットしようと思う。

旦那が子育てにコミットしてくれないとお嘆きの奥様方には、ぜひ旦那様にプラズマカーをプレゼントすることをオススメしたい。

大人もプラズマカーに乗る

きっと子供と本気で向き合ってくれることだろう。

大人もプラズマカーに乗る

子供と一緒に遊ぶということはこれほど楽しいことだったのか。

今までの私は何をしていたのだろう。

育児に専念することが最高の楽しみであり、毎週末育児そっちのけでゴルフやらテニスやらに出かけてしまう旦那も、プラズマカーを通して真剣に子育てにコミットしてくれることだろう。

大人もプラズマカーに乗る

やがてこう言い出すかもしれない。

大人もプラズマカーに乗る

俺、会社にプラズマカーで通勤するわ。

大人もプラズマカーに乗る

だって、ガソリン代もかからないし、運動にもなるからジム通い代も浮くだろう?

そしたら節約になる。

節約したら、浮いたお金で子供達にプレゼントしてあげたいものがあるんだ。

大人もプラズマカーに乗る

プラズマカーをね。

子供たち、いつも車に興味があって、パパやママと同じように車を運転できるようになりたいっていつも言うだろ。

大人になるのが待ち遠しいって。

大人もプラズマカーに乗る

大人になる前に、その夢を叶えてやるのさ。

大人もプラズマカーに乗る

そして、次の車検までに、うちの車を売ってあれに買い換えよう。

大人もプラズマカーに乗る

プラズマカーにね。

そしたら、パパとママとあの子で、みんなおんなじ車に乗ることになる。

あの子、よろこぶぞ。

大人もプラズマカーに乗る

こんなに早く、パパとママと同じように車を運転できる日が来るなんて思わなかったってね。

色は何にしよう。パパはグリーン、ママはレッド、あの子はピンクパープルかな。

ワクワクするね。

プラズマカーは健康に良い

そして乗っているうちに、大人たちは気づく。

健康になったと。

あれほど嘘のように血行が悪くて肩こりに悩まされていたのに、何だか体が軽い。

当然である。

運転して楽しんでいるうちに、同時に立派な腕の運動になっているからである。

また、プラズマカーに慣れて来ると、細い道を通ることや障害物を避けながら走るなどの高度なテクニックにチャレンジしたくなる。

遊んでいるうちに、様々な課題が思い浮かぶのである。

そして、その課題を解決するための方法を試行錯誤する。

するとどうだろう。

創造力と集中力が研ぎ澄まされる。

そして、その自らが課した課題を解決した際の喜びを得る。

脳内ドーパミンが発生する。

何なんだこのプラズマカーの魅力は。

遊んでいるうちに心身ともに鍛えられ、ストレス解消にもなるではないか。

プラズマカーはあらゆる世代にオススメの乗り物である

運動不足に悩む社会人であれば、ジムに行かずとも運動不足解消になり、子供たちとの絆も強まる。

引退して悠々自適のお年寄りの方々にも、脳力の鍛錬になるプラズマカーは認知症予防にも役立つと考えられるため、ぜひお乗りになることをお勧めしたい。

価格は1万円程度で新品で買える。

親、子、孫の3世代でプラズマカーに乗ればもう家族の絆も健康も向上に向かう。

乗っているうちに、他の家族とプラズマカーを介して出会いが広がるだろう。

そしてこのようなエコカーの魅力が広まれば、地球環境の改善に役立つ。

さらに、プラズマカーで見知らぬ他人同士がすれ違えば、プラズマカーを介したゆるい共有感によって、心が繋がるだろう。

そしてこのような心のネットワークが広まれば、ギスギスした他者との繋がりが柔らかく解きほぐされ、争いごとも消えるだろう。

市場が大きく慣れば、プラズマカーでのレースなどと言うものも開催されるようになり、皆こぞってこのプラズマカーの公式レースで優勝することに専念するだろう。

何しろ、プラズマカーは空気を汚さなければなんの燃料もいらない。

何も壊さない。

何も破壊しないことはとてもクールである。

そこに集中力が向かえば、兵器を使って国家間で戦争することとかがアホらしくなり、やがてプラズマカーの競争でしのぎを削ることの方が重要度を帯びるようになる日が来るだろう。

とか思いながらプラズマカーに乗っていると、30歳を超えて同世代がたくさんお金を稼いだりグローバルで活躍したりしている中、自分だけちんまりとプラズマカーで遊んでいることへの罪悪感が少しだけ和らぐ気がするのでやっぱり精神衛生面上も良い。

 - 健康