ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

夏バテのときこそプチ断食かプチ絶食が効果的か。

      2015/08/09

すいか

発熱の原因は生ネギか手足口病かストレス性か。ロキソニンは良く効く。というところに、原因不明の発熱とだるさが起きたことを書きました。
その後、薬飲んでたらすぐ元気になったので、たぶん疲れなんだと思います。

最近はちゃんと5〜6時間睡眠を取っていても、健康な食事を続けていてもずっとだるいので、これはもう夏バテだと思いました。


スタミナのつくような食事をとるべきか

たとえば夏バテとか、夏の暑さにやられたとか、疲れがたまっているとか言う場合には、がっつり系の食事が良いんじゃないかと思います。
うなぎとか肉類とか、タンパク質と脂肪がたっぷりのやつ。

確かに食べた直後は元気が出ますね。肉は幸せホルモン出しますし。
しかし、脂質と肉類は消化にエネルギーを使うので、個人的には1時間後くらいから余計疲れてしまうのですよ。

で、消化に疲れが出ない上に栄養豊富な食事としてバナナが良い、しかも無脂肪ヨーグルトと組み合わせることで完璧な食事ができることをバナナの値上がり、コスパの良いバナナランキング、築地のおいしいバナナというところに書きました。
で、ここで問題なのは、バナナとヨーグルトを持ち歩くことが困難なので、割とあきらめムードでサンドイッチにして持ち歩いている点です。
パンには糖分が多く含まれているため、これも消化にエネルギーが必要なのです。
いくら健康的なブランブレッドといえどもパンですから、これは問題。

空腹が神経を活性化させる。脂肪も燃やす

なぐちゃんこと南雲吉則先生いわく、空腹時に脂肪がどんどん燃えていることをイメージすると、空腹が怖くない、むしろ積極的に空腹を引き起こしたくなるようで、そのイメージが一日一食主義への積極的なアプローチをする秘訣のような雰囲気なのですが、一日一食主義はダイエットのみならず、夏バテ対策にもなるんじゃないかという印象です。

というのも、先日胃痛やだるさに苦しめられていたおり、なんだ疲れるのは消化に苦労しているからじゃないかと考えてから、朝と昼を抜いてみたら、だんだん体が軽くなって楽になり、日中のダルさや眠さ、気持ち悪さが消えて来たのです。

というわけで、次の日もやってみました。

短期間のプチ断食のみが望ましいか

しかし1日単位のプチ断食、完全な一日一食(通常、途中にちょっとだけ果物をつまむようなのは食事とカウントしなくていいらしいので、一日一食をしていると自称する人の中でも、朝と昼に軽くスムージーを飲む等のことをしている人もいるようです。が、今回はそれもやめてみて、完全に夜までカロリー摂取をしなかった)をして健康的になったあと、さらに次の日も同じことを試してみたら、健康的になった胃腸は食べ物を欲するようになり、昼前から夕方まで空腹に苦しめられた。

手持ちのバナナとヨーグルトも無いし、コンビニで買おうにも、コンビニのヨーグルトは全部砂糖入りの甘いやつなので食べる気力がおきず、結局空腹と夜まで戦っていたわけです。

しかも空腹が続くと眠気が起きないのは良いのですが、神経が研ぎすまされすぎて夜も寝付けなくなってしまいました。今、眠れないから夜中にこれ書いてますし。

これだと仕事を含めて生活全般ににも支障が出ますので、やっぱり完全な一日一食、つまりプチ断食は、総合的に考えると、体調が悪いときにのみ行うほうがいいのでしょうなあ。
空腹が起きたときは正直に我慢せずに何か食べたほうがいいですよ。

夏バテで胃腸が苦しいときは、朝ご飯や昼ご飯の決まった時簡になったとしても、何も食べないで空腹を待つ。
体調が回復して普通に食べられる状態のときは、必要以上に我慢せず、何か食べる。ダイエット中であれば、果物や野菜、タンパク質等の、血糖値を急激に上昇させないような良質の食べ物を口に含む、等がいいでしょう。
空腹時にどか食いをすると、また胃腸が疲れて夏バテに戻る可能性があるので、どか食いだけは注意です。
スタミナのつくとおもわれているこってりした食事も、食べた直後は元気が出ますけど、消化に負担がかかることを念頭に置いた方がいいと思います。

 - ごはん, 健康