ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

ハップのアプリ「ママにゲーム隠された2」の好きなキャラランキング

      2017/02/03

ハップのアプリ「ママにゲーム隠された2」の好きなキャラランキング

超面白い大人気ゲームアプリを配信することでおなじみのあのハップ(hap inc.)から、「ママにゲーム隠された」の続編の第二弾、「ママにゲーム隠された2」がリリースされている。

公式サイト

当ブログでは、第1弾の前作をプレイした際に、いくつか謎解きで引っかかったステージがあったので、全ステージ攻略法という記事を書いた。

ハップ(hap Inc.)アプリ「ママにゲーム隠された」の全ステージ攻略法

そこで今回も、攻略法を書くつもりでプレイした。

しかも、さらに詳細に、綿密に書くつもりで何回もプレイした。

ハップのアプリ「ママにゲーム隠された2」の好きなキャラランキング

すると、だんだん各キャラクターへの感情移入が発生してきてしまい、各登場人物の素性等を空想しているうちに、特に好きなキャラクターが出てきてしまった。

そこで、独断と偏見で好きなキャラクターランキングを行うことにした。

結論を先に申し上げると、以下の順位づけになった。

1位:ママ
2位:おじいちゃん
3位:警察官

以下、その理由について詳細に述べる。

(なお、ネタバレがあるので、未プレイの方は読まない方がいいと思います。)


3位:警察官

3位:警察官

ママにゲーム隠されたのファンなら、アイテムの財布を取った瞬間に何が起こるかは周知の事実である。

警察に追い立てられてゲームオーバーになるのだ。

ほぼ財布がゲームクリアに役立つことはない。

つまり、財布がこれ見よがしにソファの上などに転がっていたら、それは警官が出てきてゲームオーバーのフラグだと考えても構わない。

財布を拾ってはいけないのだ。

本当は拾って届けるという良心に基づいて拾ったものだとしても、拾った瞬間に窃盗と見なされてゲームオーバーになる。

したがって、財布があった場合には、まずそれがゲームクリアを阻害するものであるとして、さっさと切り捨てるべきだ。

3位:警察官

しかしながら、この警察官の顔をご覧いただきたい。

3位:警察官

魅力的すぎるのだ。

どのあたりが魅力的なのか。

主人公をゲームオーバーにさせる際の他の表情の例として、おじいちゃんの表情を挙げる。

おじいちゃん

これはわんこそばが体にかかってしまって怒っている時のおじいちゃんの図である。

それによってゲームオーバーになる。

おじいちゃん

しかしその表情は、怒っているのか否かは果たして微妙である。

どちらかといえば無表情にも近く、主人公の僕を叱ろうとしているのか、全く別のことを考えているのか判別が難しい。

本気でプレイヤーをゲームオーバーに追い込もうという意気込みが感じられない。

おじいちゃん

おじいちゃんが出てきてゲームオーバーになる際の良くあるパターンが、このジェイソンのお面である。

お面だけはジェイソンであるが、服装や全体の雰囲気に凄みが感じられず、やはり本気で僕をゲームオーバーに追い込もうとしているのか否かという点については疑問がある。

警官

一方で、この警官の顔。

必ずや僕をゲームオーバーにしてやろうという強い意志を感じる。

やる気のある人の表情はいつだって魅力的である。

そう考えると、もしかしたら私はおじいちゃんよりも警察官の方が好きなのかもしれない。

ランキングの順位を入れ替える。

1位:ママ
2位:警察官
3位:おじいちゃん

2位:警察官

それにしても警察官を見て羨ましいのは、いつだって3人の息が合っている点である。

警察官

この一糸乱れぬ走り方は、チームプレイのすごさであり、友情の証である。

お互いがお互いを信頼しているのであろう。

チームプレイという点で思い出すのが、サッカーチームである。

サッカーチーム

サッカー選手は4人で出現する上に、4人とも全く同じポージングでディフェンスをしている。

お互いの持ち場を意識し、互いの信頼関係が完全に構築されているかのように見える。

もちろん、3人でのチームプレイよりも4人でのチームプレイの方が難易度が上がるわけであるから、より多人数でのチームプレイを行なっている点で、警察官よりもサッカー選手の方が凄そうである。

サッカー選手

しかしながら、たかがハエが飛んでいるくらいでビビってしまい、そのフォーメーションはたちどころに崩壊する。

見せかけだけのチームプレイであり、軟弱極まりない奴らである。

警察官

その点、警察官は、たかがソファの財布に少年が触った程度のことで、3人がかりで逮捕しにくる。

日本の警官は、事件が起こらないと動こうとしない、対応が遅い、と非難されることがある。

しかしこの3名の警官は、窃盗事件を未然に防ぐために、少年の未遂の行為を処罰にかかる。

正義感と勇気の溢れる行為である。

ママ

その点、いつもソファの下やら電子レンジの中やら棚の中やらに隠れていて、僕によって正体を暴かれるまでは一切動き出さないようなママよりも、本気度の点では警察官の方が優れていると言える。

ゲームを探している僕を能動的に捕まえようとする警官に対し、少年に発見されるまでは動かない受動的なママ。

やはり、主人公のゲーム探しを止めに入ろうとする熱意は、ママよりも警察官の方が上である。

私は情熱的で本気度の高い人が好き。

1位:警察官
2位:ママ
3位:おじいちゃん

1位:警察官

というわけで、「ママにゲーム隠された2」の好きなキャラランキングは警察官が優勝してしまう形になったが、その他このアプリゲームに登場する人物は全て魅力的なので、どのキャラクターが一番好きか、という観点でプレイしてみると、違った角度からこのゲームを楽しめると思う。

様々な形で楽しむことができるこのゲームは、やはり秀逸である。

 - テクノロジー