ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

イーモバイルemobile(Y!mobile)の電話解約に420円かけてもまだ解約できないツラさ

      2016/03/30

イーモバイルemobile(Y!mobile)の電話解約に420円かけてもまだ解約できないツラさ

先だってイーモバイル(今はY!mobileになったらしい)の解約のためにオペレータに電話したところ、「5月中に満期解約の旨を電話でまたお知らせくださったら違約金無しで解約できますよ」と言われたので、早速5月1日になって電話した。


オペレータへの電話は無料ではできない

が、つながらない。。。

イーモバイルからワイモバイルに変更してすごい改悪になったなと思うのは、オペレータと話をするための回線として無料のものが無くなった点です。

以前はカスタマーサービスとして0120-736-157という無料回線があったのですが、今はもう0570-039-151という有料のものだけです。
無料のものもあるのですが、0120-921-156というのですけど、これは機械的な自動音声で対応できるもののみ。

オペレータと話すには有料の方にかけなければなりません。

しかもタチ悪いなと思うのは、オペレータとどうやったら話せるかというのが公式HPに出てない。

無料の自動音声と同じものを延々聞かされて、順次メニューを番号押下で選択して階層を進んで行くのですが、どの階層まで行けばオペレータと話せるかっていうのがHPに出てないわけです。

ポケットワイファイをオペレータで解約したい場合は、最初に2を押して契約電話番号と暗証番号を押して、その後のメニューで0を選択するとオペレータとつながるはず。

ただ、0を選択すればオペレータと話せる、ということを自動音声で教えてくれるまでにたくさんのメニューが出現して、そのうちの1つが「解約のご希望は3を」ってやつなのですが、これが罠。解約申し込み書を郵送で送ってくれることへの依頼をするだけになってしまうので、オペレータとつながるわけではないのです。

(有名な話ですが、解約の際にオペレータと電話一本でやるほうほうと、解約申込書(解約申請書?)の郵送でのやりとりで行う方法の2パターンがあります。が、書類の郵送の方法は非常に時間がかかる上に面倒のようなので、オペレータと電話一本で話すだけのほうがだいぶ楽です。)

で、ようやく「オペレータへおつなぎします」と言われたあと、5分くらい待ってようやくつながったと思ったら、「承知しました。ただ解約担当は別回線なのでそっちにまわしますね」と言われて15分くらい待ったあげく、公衆電話の金額が足りなくなって切れた。
それまでにかけたお金が確か220円くらいだと思う。

その後時間をおいて100円入れて再チャレンジする、ということを2回ほど行ったけど全くつながらず。

以前は5分くらいで解約担当のオペレータに最初からつながったのだけどなあ。

しかもなんか以前より電話でオペレータに話すまでの手順が一層複雑になってませんか?

そんなに解約させたくないのか。
HPも本当に紛らわしいというか解約の具体的な手続き方法がHPをどんなにたどっても出てこないでしょう。

とりあえず念のため解約申請書は取り寄せたけど、また今日電話での解約にチャレンジしてみよう。

午前9時で速攻電話すればつながるかな?

困るのは、私は電話契約してなくてIP電話のfusionというやつなのですが、IP電話からだと0570に発信できないので公衆電話を使わなければならないことなのだよなあ。

公衆電話で待ってるのは疲れるしお金も気になるし、小銭が足りなくなったら自動的に切れてそれまでの待機時間とお金が全部無駄になるという。

ちなみに、IP電話からでも81から始まる国際電話のほうにかければ実はつながるという裏技もあるみたいですが、通話料が高くなりそうでまだ試してない。

ツラいよう。

Y!mobile(イーモバイル)って電話解約できなくなったのか

そして朝9時に即電話してみる。

たぶん昨日は電話した時間帯が良くなかったのだろう。
今日は休日だけれども、電話受付開始9時ちょうどを狙って電話すれば、5分以内でオペレータにつながるだろう。

そういった淡い期待を抱きながら再チャレンジしたら、「オペレータにおつなぎします」の自動音声から2秒くらいであっさりつながった。

やっぱりこう言ったオペレータへの電話は、早朝すぐにかけてみるのがオススメだ。

で、解約の申し出をしたところ、「解約は書面の郵送でのみ承っておりますが、電話でもできます」とのこと。
そういう件はすでに知っていたので、ふむふむと聞いていたら、やたら説明が長い。

公衆電話に100円硬貨を入れていたのだけど、それが尽きそうだった。

しかも、話を深く聴いているとやや話が複雑になってきたので、より一層お金がなくなる気配が見られた。
どうも以前聞いていた話とは事情がちょっと違うぞ。

以前、オペレータに聞いた話だと、2年満了の直前の月に、「今月末で解約したい」という申し出をすれば、書類のやり取り無しでその月の末に自動的に解約されるということだった。

が、今回の話を聞いてみたところ、「来月から毎月0円のプランに切り替わり、その1年後に解約になる」とのことだった。
その間、もしも気が変わって解約を取り消したければいつでも取り消せるし、急に使いたいときがあっても従量制で使えますよ、みたいな話だった。

確かに全く使わずに1年間放置してれば0円なので実質的に解約しているのと料金的には変わらないわけだけれど、私はイーモバイルから早く手を切りたいのだけど。

まあでもそれしか手がないというのならそれでお願いするしかないか。

「これでもうお客様の手続きは必要ありません。」みたいなことを電話口で言われても、0円へのプランに切り替わったことの通知とか来ないみたいだから、本当に切り替えてくれてるのか心配だよなあ。

もしもオペレータの手違いで何もプランの切り替え処理されてなくて、2ヶ月後くらいに今まで通りのお金を請求されてることに気づいて改めて電話したとしても、そのときにはすでにまた2年縛りがかかっていて手遅れなのだけど。

いや本当はマジで早く解約したかった。

不安だから合わせ技で郵送での解約手続きも別途取っておくか。

この続きの話は、ワイモバイル(旧イーモバイル)のポケットwifiをLTEプラン(得割)に変更で妥協。解約せず。に書いていますので、こちらもご参照ください。

 - テクノロジー