ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の価格・感想とおすすめレシピ

   

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の価格・感想とおすすめレシピ

以前、栄喜堂(エーキドーパン)ライ麦ロールは美味しいし低カロリーでお薦めなるものを書いたが、同じくエーキドーから「ローゼンベック イギリスパン」なる食パンがあることを発見したので購入した。


イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の販売店舗・価格

スーパーサミットにて2枚入りで税抜き価格74円のところ半額の37円にて購入。

6枚入りのもあったが、やはり半額シールが貼ってあるものを積極的に買って冷凍保存するに限る。

値段としてはまあ精白された食パンとしては、まあ高くもなく安くもなく妥当な価格か。

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の原材料

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の原材料

パッケージによれば、原材料名は小麦粉、発酵風味液、ショートニング、砂糖、パン酵母、食塩/酢酸Na、酸味料、イーストフード、ホップ、ビタミンC(一部に乳成分・小麦を含む)である。

酸味料というものがあるのか。

ホップと乳酸菌の発酵風味液と酸味とを入れていることで独特の風味を引き出しているとのこと。

まあイギリスパンといえばあっさりとした味わいが特徴なので、こうした風味によってあっさり感を出そうとしているのだと推察される。

なお、製造者は株式会社栄喜堂(埼玉県入間郡三芳町北永井265−1)である。

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)のカロリー等の栄養成分

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)のカロリー等の栄養成分

パッケージの栄養成分表示によれば、100あたりでエネルギー277kcal、たんぱく質8.0g、脂質4.3g、炭水化物51.5g、食塩相当量1.3gである。

まあ普通の食パンといったところか。あっさりしているとのことなので脂肪分がもう少し少ないのかと思いきや、これも一般的な食パンと大差ない。

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の味・食感等の感想・評価とおすすめレシピ

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の味・食感等の感想・評価

開封するとほのかに小麦の香り。

バターやマーガリン等に基づくような芳醇なコクのある香りは少ない。

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の味・食感等の感想・評価

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の味・食感等の感想・評価

実に普通の山型形状の食パンである。

気泡は少なく、固めで密度が高い感じがする。

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の味・食感等の感想・評価

強く握ると、半分に生地が切れて行く。

しっとりふわふわとしているわけではなく、パサパサ、ポロポロとしていて乾燥しているというわけではないが、ちぎれやすいパン生地だ。

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の味・食感等の感想・評価

小さくちぎると見た目ラスクのようにも見える。

もしかしたらラスクにして食べると美味しいのかもしれない。

そのまま食べてみると、耳も生地も柔らかい。

が、不思議な食感だ。

ふんわりしているわけではない。ゆっくりと溶けて行くような感じ。

味は微かな酸味があるくらいで、特段の主張がない。味が薄い。

パッケージにはトーストすることがおすすめと書いてあるが、まさにそうなのだろう。

そのまま食べるよりは、焼いて香ばしくして、食事系のパンとして使うのがおすすめと言える。おやつにはあまり向かなそうだ。

しかし焼かずにサンドイッチにするとどうだろうか。しかもおやつにもうってつけのようなフルーツサンドイッチに使うといかがか。

というわけで、チーズきな粉バナナヨーグルトのサンドイッチはダイエットにおすすめで紹介したような健康的でしかもデザートにも弁当にも使えるサンドイッチレシピにこのイギリスパンを活用することを提唱したい。

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の味・食感等の感想・評価

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の味・食感等の感想・評価

イギリスパン(ローゼンベック・栄喜堂)の味・食感等の感想・評価

密度が高くてややパサパサな感じのパン生地は、ヨーグルトやバナナの水分を若干吸ってすごく具材に馴染む。

しかもきな粉バナナヨーグルトの甘みとパンの酸味が相待って、非常によくマッチする。

このイギリスパンを焼かずにそのまま食べるなら、サンドイッチとして使用するのかおすすめと言えるだろう。

サンドイッチなら具材は何でもよく合いそうだ。

甘み少なめであっさりしているので、甘い食パンが苦手な人はぜひこれを食べてみることをお勧めする。

 - ごはん