ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

東京都内で食べ放題のいちご狩りにおすすめスポットは阿佐ヶ谷商店街

      2019/05/08

東京都内で食べ放題のいちご狩りにおすすめスポットは阿佐ヶ谷商店街

かなりどうでもいい話を書く。


いちご食べ放題をしたくなったら商店街で格安のイチゴを買いまくるとお得

なんかテレビで栃木のいちご狩りでのいちご食べ放題特集をやっていたので急にいちごが食べたくなった。

しかも食べ放題がしたくなった。とにかく、イチゴを貪り食いたい。

そこで、東京都内、あるいは東京近郊のいちご食べ放題のできるいちご農園を探してみると、世田谷区や多摩、あるいは神奈川の方にいくつか発見された。

しかしいずれも私の住んでいる杉並区からは片道1時間はかかりそうだし、料金も大人一人で2000円はする。

家族で行くと合計5000円は超えてくる。

それでいて制限時間30分しかない。これでは時間ばかり気にしていて焦りそうだ。

時間無制限でもっと低価格で移動時間がかからずにゆっくりいちご食べ放題をできないかと考えた。

とりあえずイチゴを食べたいので、青果が安い阿佐谷パールセンター商店街に行ったのである。

阿佐谷パールセンター商店街はイチゴが安いので買いまくれる

阿佐谷パールセンター商店街はイチゴが安いので買いまくれる

すると、すごいことに気づいた。

パール商店街はいちごがとにかく安い。種類も多い。

例えばアキダイで見切り品のさがほのかが1パック200円だった。

阿佐谷パールセンター商店街はイチゴが安いので買いまくれる

フルーツ高橋であまおうが200円。

ジャム用とのことだが、生食で全然いけるレベルに品質が高い。粒もでかい。

阿佐谷パールセンター商店街はイチゴが安いので買いまくれる

イチゴといえば安定のとちおとめ。これも1パック200円。サイズも大きい。

阿佐谷パールセンター商店街はイチゴが安いので買いまくれる

長崎県産ゆめのか。これも1パック200円。

とりあえず800円で4パック買ってきた。

阿佐谷パールセンター商店街はイチゴが安いので買いまくれる

で、自宅で息子と一緒に食べてみた。

阿佐谷パールセンター商店街はイチゴが安いので買いまくれる

美味い!

いちごは他の果物と比べると1個あたりが高い気がするので、通常はゆっくり味わって食べることになりがちである。

しかし、4パックまとめて開封して、夫婦と5歳の息子、好きなだけイチゴを食べる、ということをしてみた。

すると、4種類のイチゴを贅沢に気兼ねなく食べて良いという安心感が伴い、まるでいちご狩りでイチゴ食べ放題をしているような気分になったのである。

で、いちご狩りに行くとみんな思うだろうが、だいたい最初の5粒くらいが満足度が高く、美味しさもピークであり、10粒くらい立て続けに食べると徐々に感動が薄れてきて、20粒くらいで一旦手を休めてもいいかな、という感じになってくる。

夫婦二人と5歳の幼児一人でイチゴ食べ放題をやり始めると、だいたい満足し始めるのがちょうどイチゴ4パックくらい。

つまり、イチゴ食べ放題のいい時間帯だけを上澄みさせた楽しみ方ができる量が、だいたいイチゴ4パック分くらいじゃないかと思った。

仮に30分の時間制限で食べ放題に行ったとすると、元を取るためにお腹の限界まで食べようと頑張ることになり、今度は逆に苦しくなってくる。

しかし買ってきたイチゴをゆっくり自宅で味わう場合、急ぐ必要もなく、ゆっくりコーヒーやお茶、牛乳等の飲み物と一緒に家族団らんしながらイチゴを満足いくまで楽しめる。

イチゴの味だけでなく、家族との語らいも楽しめる。

それだけでイチゴにかけるお金がたったの800円。

もしも3人でいちご狩りに出かけていたら、5000円超。

もしも強気に倍の量のイチゴを1600円で買ってきたとしても、大人一人の一狩りの入場料の相場がだいたい2000円くらいなので、まだ大人一人分の値段よりも、自宅で食べ放題を家族全員でする方が安い。

阿佐ヶ谷の商店街はイチゴ以外の果物・野菜も安い

しかもいちご狩りの場合はいちごしか食べられないが、自宅食べ放題を開催する場合、他の野菜や果物も同時に食べられるのである。

格安で。

例えば上記のカラフルなミニトマト。

みているだけで気分が高まりそうな楽しい色合いだが、普通のスーパーなら400円はしそうなところ、ココスナカムラで198円。

甘みも強くて美味しい。

さらに特大サイズのシルクスイート使用の焼き芋がココスナカムラで158円。

もうケーキだよこの甘み。

さらに特許庁に登録されているこだわりの栽培方法で熟成されたアボカドが安い。

アボカド狩り

もうね、濃厚なコクが楽しめるアボカド狩りまでできてしまうのである。

いちごだってね、ほら、商店街で買った格安の大福にぶち込んで激安の苺大福を作って食べるとかできるんだよ。

普通のいちご狩りだったら大福を持ち込むとかできる? コンデンスミルクならまだ許される農園もあるかもしれないが、そんな農園も稀でしょう。

まして大福を持ち込めるとかそんなところ滅多にないでしょう?

でも自宅で食べ放題なら、いろんな野菜も食べ放題できる上に、いちごもアレンジしていろんな食べ方ができるんだよ。

いちご狩りに出かけるよりも格安で。

だからいちご食べ放題がしたくなった東京在住の人は、ぜひ激安商店街でいちごその他を買いあさって、通常ならちびちび食べるようなものを豪快に贅沢して食べまくってみることをおすすめする。

特に阿佐ヶ谷の商店街は安い。とにかく安い。お金に糸目をつけずに買いまくっても安い。

本当に食べ放題をしているような感覚になれる上に安い。しかも楽しい。ストレス解消にもなるし、おすすめである。

 - ごはん