ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

山崎製パン糖質ひかえめブレッドは美味しいしダイエットにおすすめ

      2017/12/15

山崎製パン糖質ひかえめブレッドは美味しいしダイエットにおすすめ

色々と糖質制限ダイエット向きなパンを探しているところ、ヤマザキから「糖質ひかえめ」なるシリーズのパンのラインナップが販売されていることを発見した。

まさにタイトルからして直球勝負であり、これほど低糖質ダイエットにオススメなパンもなかなかないと思われるので、その感想などをメモしたい。


ヤマザキ 糖質ひかえめブレッド

ヤマザキ 糖質ひかえめブレッド

イオンマーケット株式会社のピーコックストアにて、170円のところ50円引きの120円にて購入。

私は値引きされていれば躊躇なく買う。賞味期限が切れようが関係ない。とにかく安いものこそ最高である。

このパンは6枚スライスであり、なんと1枚あたりの糖質がたったの6グラムである。

一般的なパンと比較して、糖質が50%オフされているとのことである。半端ない。

ヤマザキ 糖質ひかえめブレッド

栄養成分表示によれば、100gあたりで熱量239kcal、たんぱく質15.9g、脂質7.4g、糖質21.3g、食物繊維12g、ナトリウム513mg、食塩相当量1.3gである。

これを製品1枚あたりに直すと、カロリーが67kcalだそうだ。

ということは単純に1枚あたりの重量は28グラムくらいになろうか。

少ないようにも思えるが、ダイエットのためなら多少重量が少ないくらいは仕方がない。

これで計算すると、1枚あたりで熱量67kcal、たんぱく質4.5g、脂質2.1g、糖質6.0g、食物繊維3.4gくらいになろう。

それにしても目を引くのは、エネルギーがたったの67キロカロリーで糖質が立ったの6gという低カロリー、低糖質にも関わらず、食物繊維が3.4グラムも入っている点である。

これによって、糖質制限ダイエット、低インシュリンダイエットが可能となり、急な血糖値の上昇を抑えて太りにくくしてくれる。

ヤマザキ 糖質ひかえめブレッド

原材料の大豆粉などが多分に良い影響を与えているのだろう。

ヤマザキ 糖質ひかえめブレッド

そして単純に糖質がひかえめだと味や香りは劣ると思われるかもしれないが、この袋の開封時に立ち上る香ばしい香りは食欲をそそる。

ヤマザキ 糖質ひかえめブレッド

確かに1枚あたりの大きさは小さく、それが6枚あってもお腹が空いてしまうのではないかと思われる。

それで一般的な食パン1斤の値段よりも重量あたりにして値段が高いのでお得さはなくなってしまうかもしれない。

ヤマザキ 糖質ひかえめブレッド

しかしながらこのふっくら感と風味の良さは、我々を満足させるのに十分である。

普通、GI値が低いような茶色がかった食パンはパサパサして味気ないものが多いところ、この糖質控えめブレッドはふんわりしている。

この技術はどのようにして出しているのだろうか。

ふんわりおいしくて品質抜群なのに太りにくい。これほど最高のコスパのパンもなかなかあるまい。おすすめ。

なお、普通のサイズのパンに慣れている人は最初は量的に物足りないかもしれないので、オススメの料理はサンドイッチなどの食事パンとして、野菜を多めにするのが良いかもしれない。

が、私はそのまま何もつけずに食べても、トーストせずに食べても、おいしく感じた。

チーズきな粉バナナヨーグルトのサンドイッチはダイエットにおすすめで紹介したレシピも非常にあうし、栄養的に完全食に近づけられるのでうってつけだ。

ヤマザキ 糖質ひかえめ十二穀入りロール

ヤマザキ 糖質ひかえめ十二穀入りロール

薬局ウェルシアにて138円という低価格で販売されていたので購入。4個入りである。

なと1個あたりでわずか10.4グラムの糖質しか含まれていないという優れものである。一般的なロールパンと比較して糖質が40%も削減されているようだ。

ヤマザキ 糖質ひかえめ十二穀入りロール

原材料名表示の記載によれば、オーツ麦、ひまわりの種、ライ小麦、キヌア、ごま、玄米といった12穀がバランスよく入っているようである。

葉酸も入っているぞ。

ヤマザキ 糖質ひかえめ十二穀入りロール

カロリー表示によれば、1個あたりで104kcal、たんぱく質6.7g、脂質3.2g、糖質10.4g、食物繊維3.4g、ナトリウム223mg、葉酸72μgである。

低カロリーで低炭水化物ダイエットに適しており、高タンパクであるとも言える。

さらに脂肪分がそこそこ入っており、ふっくら感も楽しめると推察。

ヤマザキ 糖質ひかえめ十二穀入りロール

開封時のこのふくよかな香り。形状はやや細長く短いスティック状の形状のロールパンである。

ヤマザキ 糖質ひかえめ十二穀入りロール

この表面のつぶつぶ感。

ヤマザキ 糖質ひかえめ十二穀入りロール

ちぎるとその穀物感がたっぷり。

明らかに食事パンとして向いており、野菜などを挟みまくるレシピがおすすめなのかもしれないが、私はそのまま食べるのもありだと思う。

そのままで普通に美味しい。

一般的に、パンはGI値が高いので、低GIな食材と一緒に食べるとダイエットに資すると言われるが、このパンはそもそも低糖質なのでそのまま食べても大丈夫だろう。

パン自体の素朴な味が好きだけど太りたくないという人にとっては最高のロールパンであろう。

ヤマザキ 糖質ひかえめクロワッサン

ヤマザキ 糖質ひかえめクロワッサン

クロワッサンといえば、糖質も脂肪分も高くて太りそうなイメージであるが、ことこの糖質ひかえめクロワッサンであれば、糖質が1個あたりでたったの7.8gなので、太るという弱点を見事克服。

一般的なクロワッサンと比較して40%も糖質オフを実現したらしい。

スーパーいなげやにて、2個入りで税別128円のところ20%オフの26円で購入。価格もオフであった。

ヤマザキ 糖質ひかえめクロワッサン

栄養成分表示によれば、1個あたりで熱量155kcal、たんぱく質5.9g、脂質10.5g、糖質7.8g、食物繊維2.9g、ナトリウム150mgである。

健康志向の観点から言えば、脂肪分の高さが気になるところだが、脂肪を押さえたままクロワッサンの食感や味わいを維持することは難しいのだろう。

ヤマザキ 糖質ひかえめクロワッサン

クロワッサンという菓子パンなのに食物繊維が豊富というあたりに感激する。

ヤマザキ 糖質ひかえめクロワッサン

開封時の芳醇なバターのような香りがたまらない。まあ原材料名表示によれば、これはマーガリン等によるものなのだけれど。

ヤマザキ 糖質ひかえめクロワッサン

割と大きいし、いいところのパン屋で購入したかのようなクロワッサンのフォルムを感じさせる。

ヤマザキ 糖質ひかえめクロワッサン

パン生地はやや茶色がかっている。

豊富な食物繊維の由来である小麦ふすまによるものなのだろう。

糖質が抑えられていて食物繊維豊富という健康効果があるにもかかわらず、食感や味わいは全く濃厚かつ風味豊かなクロワッサンのそれであり、非常に美味しい。

そのまま食べても美味しいが、皮のパリパリ感まで楽しみたい場合には、一度オーブントースターで焼いた方が良いかもしれない。高コスパなクロワッサンだ。

ちなみに、ドラッグストアのウエルシア薬局でもこれらのシリーズの取り扱いはあるが、なぜかクロワッサンだけはウエルシアと山崎とのコラボ商品になっていて、栄養成分も微妙に異なるというのが割と謎である。

 - ごはん