ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

ヒートテック1枚だけTシャツのように着て外出する春夏秋は最高

   

ヒートテック1枚だけTシャツのように着て外出する春夏秋は最高

ヒートテックは冬にインナーとして着るだけのものと思っている人が多い。

しかしながら、年中ヒートテックを着続けた方が人生を素晴らしいものにしてくれるので、ぜひそんな使い方を提唱したい。


ヒートテックをパジャマとして使う

まず、春先になるとヒートテックをしまってしまうという人は、ぜひこれをパジャマとして使うことを試していただきたい。

春は日中は暖かいとはいえ、朝晩は冷える。

そこへきてヒートテックは、その保温効果によって素晴らしい暖かさを発揮。

しかも動きやすい滑らかな素材を使用しているため、就寝時にごわごわして肌触りが気になるとか動きにくいとかいう問題点も生じず、驚くべき安眠を我々に提供してくれる。

したがって、冬が過ぎたからといってすぐにタンスにしまうのではなく、まずはパジャマとして使いたい。

ヒートテックの生地の薄さにより、日中は涼しさを提供

春は日中20度を超える気温の日々が続くため、仮に上着を着用してしまうととても暑い。

しかしヒートテックはその驚くべき生地の薄さによって心地よい風を我々の肌に通してくれる。

したがって、日中はヒートテック1枚で過ごすととても気持ちいい。

着替えの手間や服装で迷う時間を大幅に削減

ということはつまり、朝起きてから外出するまでに着替える手間が全く必要ないということになる。

パジャマのまま外に出て日中の活動を行えるということである。

すなわち、わざわざ着替える手間が省けるのだから、無駄な労力の削減に繋がる。

さらにいえば、通常であれば、パジャマから普段着に着替える際に、「今日はどの服を着ようか」などと迷う無駄な時間が生じてしまう。

しかしながら、ヒートテックから着替えずにそのまま外出すれば、そのような迷う手間や時間を完全に省略する。

常日頃、様々な判断を迫られる多忙な我々日本人にとって、できるだけ脳みそに無用な判断の手間をかけさせるような負担をかけたくない。

そんな課題を解決するのが「ヒートテックだけ着てお出かけする」という手法であり、これによって、日中が快適に過ごせるどころか、朝の脳みその酷使を和らげる効果も得られる。

ヒートテックはオシャレ着としても最適

しかし懸念されるのは、「ヒートテック1枚だけで外出すると恥ずかしくないのか」という点である。

ヒートテックは分類的には肌着に近いものであり、肌着一枚で街を闊歩するとかあり得ないんじゃないか、と考えるのが普通である。

しかしユニクロの高度なデザイン力により、むしろその辺のTシャツ1枚で歩いた方が恥ずかしいと思えるくらいにヒートテックはかっこよすぎるということを説明したい。

ダークグレー

ダークグレー

まずは基本形であるシンプルなダークグレーである。

シンプルな色なだけに、あらゆる色との相性がいい。

また、シックなカラーは通勤にもOK。

さらに、そのヒートテック特有のスリムなフィット感は鍛え抜かれた我々の肉体のシルエットを強調。

肉体美を露出することで、あたかも仕事のできるビジネスパーソンを演出することが可能となる。

もちろんワンサイズ上のヒートテックを買うことによって、ふんわりしたクシャッと感で可愛さを演出するという手法もある。

ガーリースタイルもモードな着こなしもできる上にクラシカルなコーデも可能となったこの一枚は春にマストアイテムである。

ヒートテック赤

赤を使いこなすには上級レベルのオシャレ度が必要となる。

しかしながら、逆にそのような上級ランクの赤いヒートテックを1枚で堂々と着ていれば、「あの人は相当なオシャレである」との認識を周囲に抱かせることが可能。

合わせるパンツはぜひ真っ白な色を選びたい。

真っ白なパンツと真っ赤なヒートテックでもう目立つこと間違いなしであり、街のファッションリーダーとして一目置かれるだろう。

ペラッペラな薄い生地感が、颯爽とした雰囲気をより強調することによって、あなたの自信の表れがよりあなたを強くする。

ボーダー

ヒートテックボーダー

ボーダートップスを綺麗に着こなすのがオシャレ上級者である。

そこへきてこのヒートテックの綺麗な質感は、まさにあなたの綺麗さをアピールするにふさわしく、大人の休日カジュアルに最適。

しかも太めの線ではなく細めのラインを使ったこのボーダーは程よくマイルドさを醸し出すのに最適であり、春先のお出かけにぴったり。

半袖

ヒートテック半袖

もちろんヒートテックには長袖だけでなく半袖もある。

これによって、春だけでなく夏にもヒートテックを楽しむことができる。

夏の暑い日差しの中、さすがに長袖のヒートテックでは暑すぎるが、涼しげな半袖ヒートテックならその生地の薄さを遺憾なく発揮して夏でも涼しく感じられるだろう。

見事にシェイプアップされたあなたの二の腕をアピールすることができるこの半袖は、デートにも最適。

肉体のシルエットを強調したい夏には、ヒートテックは最高のおしゃれ着となる。

さらにVネックであれば、その綺麗な鎖骨をアピールすることによって、異性の目を釘付け。

真っ黒なカラーを選べば見た目の引き締め効果も抜群。

ということはすなわち、春が終わってもまだタンスにヒートテックをしまう必要がなく、夏にパジャマとして活用しながら日中もそのままビジネスシーンだろうがカジュアルなデートだろうが、周囲を魅了してやまない。

まさにシチュエーションを選ばないコスパ最高の洋服がヒートテックといえる。

ということはつまり、半袖のヒートテックは夏に最適ということになってしまうが、そもそもヒートテックはその名前からして体を温めるためにあると思われるものの、なぜ体の保温性を目的としたヒートテックに、皮膚を露出する半袖のタイプがあるのかが気になるところである。

夏に最適なヒートテックの存在意義とは何なのか。

それはつまり、夏冷えの防止であると推察される。

夏は暑いからといって調子にのって腹を出して寝ているとお腹が冷えて風邪をひく。

あるいは、調子に乗ってアイスやかき氷などを食べまくっているとおかなが冷える。

つまり内臓が冷える。

しかし半袖であってもお腹周りをしっかりと保温するこのヒートテックを着ていれば、内臓の冷えを防止することになるのであり、夏であっても保温の大切さを我々に思い起こさせるこの半袖のヒートテックは我々の体を本当に考えてくれている優しい存在であると断言できる。

ユニクロの人間工学に基づいた高度なテクノロジーに脱帽せざるを得ない。

ヒートテックは1年中楽しめるファッションアイテムである

そして当然、春と気候の似ている秋にもヒートテックは大活躍するし、そのまま冬になればインナーとして使うこともできる。

なんと、Tシャツとして最適なヒートテックは、真冬のインナーにも活用できるのだ。

インナーに使えるとか凄まじい事ではないか。

ということはもはやヒートテックをタンスにしまう余裕などなく、これだけあればもう全てのシチュエーションに対応できるわけであり、そのシンプルなデザインはグローバルに対応しているといっても過言ではなく、全世界の全気候に対応した最強のマストアイテムであってマストバイなのである。

 - 社会