ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

虎ノ門駅周辺で安いし美味しい高コスパなランチのおすすめ穴場店

      2017/08/07

虎ノ門駅周辺で安いし美味しい高コスパなランチのおすすめ穴場店

基本的に半ニート状態だけど時折東京の虎ノ門とか溜池山王とか霞ヶ関とかその辺りの都心で働いてランチを食べる筆者が、美味しくて値段が安いコストパフォーマンスの良いランチを食べられる名店を紹介していきたい。


Carne Bar Katete (カルネ バル カテテ)

Carne Bar Katete (カルネ バル カテテ)

虎ノ門駅周辺で熟成肉ランチを1000円以下で食べようと思ったらこの「Carne Bar Katete (カルネ バル カテテ)」のコスパが良い。

場所は地下に入るし入り口も小さい、しかも看板が目立たないので見落としがちだが、「ロメスパバルボアの隣」だと覚えておくとわかりやすい。

ロメスパバルボアの看板はやたらでかくて目立つので。

店内は照明が薄暗くてお洒落である。

女性率も高い。

ランチメニューは、牛ハラミのステーキ、ハンバーグ、カレー、若鶏もも肉など色々あるが、やはり最初は牛ハラミのステーキ980円を注文したい。

ソースは「赤ワイン風味の特製わさび醤油ソース」と「アメ色玉ネギの濃厚ソース」との2種類から選べるが、前者の「赤ワイン風味の特製わさび醤油ソース」が最もこの熟成肉を引き立てるおすすめの味付けだと認められる。

非常に肉肉しい。

Carne Bar Katete (カルネ バル カテテ)

まずはコールスローサラダが提供される。美味しい。

Carne Bar Katete (カルネ バル カテテ)

その後メインのランチとライスが提供される。

ハラミステーキの付け合わせの新玉ねぎやトマトのの切り方が豪快ですばらしい。

皮付きの焼いた玉ねぎをナイフで切ってフォークで食べる経験はなかなかない。

Carne Bar Katete (カルネ バル カテテ)

そしてメインの熟成肉は素晴らしい。

柔らかいけど弾力もあってしっかり肉を食べている感がある。

多少は牛肉の臭みはあるが、これぞ熟成肉である。

この周辺で熟成肉だと、この店か JTビルの姉妹店のCarne Rico Katete (カルネリコ カテテ) のいずれかが良い。

あとは虎ノ門ヒルズの但馬屋もあるが、こちらは値段が一気に跳ね上がって3000円くらいする。

安さ、店の雰囲気、美味しさを考えて1000円以下でこのレベルの熟成肉ランチができると思うと、この界隈ではCarne Bar Katete (カルネ バル カテテ)が最強にオススメ。

なお、筆者は平日11:30ごろに店に到着したところ、1組しか客がいなかったが、12時くらいになると入り口の階段に列が出来始めていた。

12時〜13時のピーク時間を外すことができればおすすめだが、ピーク時間帯は多少待つことが予測されるので注意が必要。

Carne Bar Katete (カルネ バル カテテ)
住所:東京都 港区 虎ノ門 1-16-2 B1F
ランチの営業時間:月曜日〜土曜日 11:00~15:00
定休日:日曜日、祝日

肉塊UNO

肉塊UNO

1000円でこれほど美味しいローストビーフが食べられるお店は肉塊UNOを置いて他になかなか見当たらない。

詳しくは糖質制限ダイエットにおすすめなローストビーフの美味しい食べ方という記事に書いたので、そちらをご参照いただきたい。

肉塊 UNO (ウーノ)
住所:東京都港区西新橋2丁目15-17 リッツ虎ノ門ビル1階
ランチの営業時間:11:30〜14:00(13:30ラストオーダー)
(人気店なので早めに並ばないとローストビーフランチがなくなる可能性がある模様)
定休日:日曜日

肉BISTRO TONO(肉ビストロ トノ)の黒毛和牛ステーキランチについて

肉BISTRO TONO(肉ビストロ トノ)の黒毛和牛ステーキランチについて

この肉塊UNOに関連して、肉BISTRO TONOなる店について一応触れておきたい。

肉塊UNOに虎ノ門または内幸町駅方面から歩いてくると、途中で肉BISTRO TONOの黒毛和牛ステーキランチの看板を目にすることになるかもしれない。

そしてその看板に写っているステーキランチの写真が肉塊 UNOのローストビーフのステーキランチの見た目に非常に似ている。

さらにこの肉BISTRO TONOの方が50円ほど安い。

しかも両者の店の距離が非常に近い。

というわけで、なんとなく肉塊UNOとこの肉BISTRO TONOとのいずれに入るかを迷うことになりかねない。

しかし正直なところ、「肉BISTRO TONO」はそれほどオススメできない。

上の写真を見ればわかる通り、ライス普通盛りに対して肉の量が全然足りない。

肉が少なすぎる。

肉BISTRO TONO

この店の看板の写真みたいに、こうやってステーキを接写するとそれなりに大きく見えるんだけど。

まあ本当に肉が少ないのではっきり言って写真で騙してる感あるしコスパが高くないので満足度はそれほど高くなかった。

しかし肉質もミディアムレア気味な焼き方もソースも美味しいので、味については美味しいと思う。

しかし肉の量を考えると、すぐ近くの肉塊UNOの方が圧倒的にコスパが良いと断言できる。

付け合わせのトウモロコシとかサラダとかも業務用のもののようで大したこだわりは感じられないし。

繰り返すが、コスパは悪くても肉自体の味は美味しいとは思うし、12時ごろになるとほぼ満席になるので人気はあるのだと思う。

肉BISTRO TONO
住所:東京都港区西新橋2-2-7 MARYSOLビル 1F
予約用電話番号:090-9387-9654
ランチの営業時間:11:00~15:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

四季の旬菜魚料理 まいづる

四季の旬菜魚料理 まいづる

質の高い和食なら「まいづる」が素晴らしい。

とはいえ、すべての昼の献立が1000円以上するので、一見するとコスパが悪いようにも思える。

筆者は「盛夏のおすすめ定食」の中から「盛夏の彩定食」を1100円で注文した。

普通に高いが、一汁三菜が丁寧にちゃんと揃っている。

しかも一品一品の品質が高いのである。

盛夏の彩定食

これは鯵か鯖の唐揚げであろうか。

外はカリカリ、中は魚の脂がしっかり閉じ込められていて美味しい。

もう一つの唐揚げは、何かの葉物の野菜であるが、これが丁寧に層状に重ねられた状態であげられていて、カリカリサクサクで非常に食感が良い。

そこにあっさりとネギが乗る。

カボチャの煮付け

カボチャの煮付けに、鶏のひき肉が入ったあんがかけられている。

カボチャは甘いし、あんの味わいでご飯が進む。

いい感じである。

四季の旬菜魚料理 まいづる

牛肉とピーマンと玉ねぎですき焼き煮のようにしたものである。

味は上品。

これもまたご飯が進む。

そして味噌汁も出汁が美味しく、ご飯の炊き方も良い。

これで1100円であれば、時折丁寧な和食を食べたい時におすすめである。

この品質を千円程度で食べられるのはコスパが良い。

四季の旬菜魚料理 まいづる

四季の旬菜魚料理 まいづる

なお、まいづるではポイントカードシステムを採用している。

一般的にポイントカードはたまらないしたまっても大して還元率が高く無かったりするのだが、これは来店ごとに必ずスタンプ1個獲得でき、しかも10回くればランチ1食サービスである。

つまり1万円分くらい食べると千円ぶんくらいの還元があるわけで、ざっと計算して還元率10%くらいと考えると、なかなか割が良い。

まいづる
住所:東京都港区虎ノ門2-7-10 虎ノ門ニューファッションビル B1F
ランチの営業時間:11:30~14:30
定休日:土日、祝日

おきらく食堂

おきらく食堂

ワンコインで一汁三菜の和食が食べられるという奇跡のコスパを誇るおきらく食堂は、もはや虎ノ門ランチの最終兵器といっても過言ではない。

ランチタイムサービスで、メインのおかずと小鉢2点とご飯と味噌汁が合わせて500円で食べられる。

以下、あまりにもお得すぎて写真を撮るのすら忘れるほどなので、文章だけになってしまうことをお詫びしたい。

まず、大学の学食のカフェテリア方式のように、トレイを取る。

続いてメインのおかずを選択。

この日筆者は、大根おろしの乗った鮭ハラスの焼き魚を選択した。

とても脂が乗っていて切り身が大きい。

他に牛肉のハンバーグ、鳥の唐揚げ、ミートボールのようなもの、秋刀魚の焼き魚、メンチカツ等があり、いずれも美味しそうだった。

次に小鉢2品を取るのだが、納豆、生卵+味付け海苔、おひたし、豆腐、ベーコンエッグ、ひじき煮、大根やレンコンの煮物等の中から選択できた。

私はひじきとおひたしを選択したが、いずれもかなりの量が入っていた。

そして味噌汁とライス。

ご飯については、無料で大盛りにも小盛りにもしてもらえる。

そしてメインはそのままでもいけるが、もしも冷めている場合にもう少し温めたければ電子レンジも使える。

かなり美味しいのでおかずを追加しても良いが、小鉢1品150円、メインは300円の追加料金がかかることを考えると、500円のランチだけで済ませたい。

実際、いずれのおかずの量も多いので、普通は500円の範囲内で済ませられる。

虎ノ門という一等地において本当にお得な価格設定。

これで店は利益が出るのかと思ってしまうくらいにお得。覚えておくべき最高のお店。

おきらく食堂
住所:東京都港区虎ノ門2-7-9
ランチの営業時間:11:00~15:00
定休日:土日、祝日

肉バル ジュンタン(肉バル Juntan)

肉バル ジュンタン(肉バル Juntan)

ローストビーフ丼を食べるなら肉バルJuntanがおすすめである。

肉バル ジュンタン(肉バル Juntan)

なお、店頭には富士山、チョモランマ、エアーズロックなる「3大塊肉!」なる看板が出ていて、いずれも数千円するからあまりの高さにビビるかもしれない。

しかし店内にはちゃんと良心的な価格のメニューがあるので安心していただきたい。

具体的には、黒毛和牛ローストビーフ丼が980円、A5黒毛和牛切り落とし定食が980円、ビーフシチューが890円、ハラミステーキは950円といった具合である。

カレーやシチューも美味しそうだが、ここはやはり肉バルなので肉で行きたい。

肉バル ジュンタン(肉バル Juntan)

肉バル ジュンタン(肉バル Juntan)

ハラミステーキや和牛切り落としも素晴らしい。

しかし私がおすすめしたいのは黒毛和牛ローストビーフ丼である。

黒毛和牛ローストビーフ丼

サラダとスープに、肉質の良いレア気味のローストビーフの乗った丼が来る。

黒毛和牛ローストビーフ丼

ローストビーフの上にはカイワレとふわふわのメレンゲがのっている。

黒毛和牛ローストビーフ丼

ここに生卵の入ったタレをかけて崩すようにして食べる。

至福のときである。うますぎる。

肉の量が少ないようにも見えるが、十分に食べ応えがある。

これで980円は安い。コスパが良い。

混雑具合としては、12時台だとそこそこ混んでいるものの、回転率が高いので問題ないだろう。

肉バル ジュンタン(肉バル Juntan)のお持ち帰りコーヒー

帰り際にはセルフでお持ち帰り用のコーヒーが無料でもらえる。

最後までお得で接客の質が高いホスピタリティ溢れる肉バルである。

肉バルジュンタン
住所:東京都港区西新橋1-22-2
ランチの営業時間:11:15~14:00
定休日:土日、祝日

魚・米・酒 たけとら

たけとら

ご飯が美味しいことでおなじみの店。

看板でも、各々のメニューよりも「ゆめぴりか」を使っていることを全面的に押し出しており、ご飯の美味しさを売りにしている。

11:30の開店時間ちょうどに行ったのだが、すでに行列ができていた。

しかし、別に第一巡がすでに埋まってしまって30分以上待たなければならないということではなかった。

どうもこのお店では、店の入り口でグループ単位ごとにメニューを聞き、1グループ置きにしばらく待機させてから順次入店させるという手法を取っているようだ。

したがって店内はまだ普通に席が空いている。

10分ほど待ってから、メニューを聞かれた。

筆者は豚ロースのまいたけトンテキ930円にしたが、正直、真ダイと枝豆のクリームコロッケと迷ったところである。

真鯛のコロッケとは珍しい。

魚・米・酒 たけとら

断熱タンブラーで提供されるお茶。

炎天下だったため、冷たくて美味しい。ありがたい配慮。

魚・米・酒 たけとら

ご飯、味噌汁、メインと小鉢二つの一汁三菜である。

魚・米・酒 たけとら

メイン料理もなかなかだが、やはりご飯が美味しかった。

粒が立っていたし、炊き具合もふっくら、しっかりしていて食感が良い。

12時すぎると行列ができてきたので、店員さんに退店を促された。

人気店である。

たけとら
住所:東京都港区西新橋1-9-10
ランチの営業時間:11:30~14:00
定休日:土日、祝日

故郷味(ふるさとあじ)

故郷味(ふるさとあじ)

中華なら故郷味が安いし量も多いし美味しいし最高にコスパが高い。

加えて、席数、テーブル数が多いので、一般的に混み具合のすごいランチピーク時間帯の12時台でも混雑せずにすんなり入れる。

写真はきくらげ定食850円。

とてつもなく量が多くて美味しい。

故郷味(ふるさとあじ)

これは冷やし担々麺と半チャーハンのセット。

各々単品で頼んだ際の半分の量だと思うのだが、非常に多い。

一人では食べきれないほどの量だった。

故郷味(ふるさとあじ)

故郷味(ふるさとあじ)

これで800円は安いのだが、どうせならさらに安くして量も少ないセットを用意してくれればもっと良いのになと思う。

故郷味(ふるさとあじ)

というわけで、ランチで食事をすると5枚綴りの50円割引券と飴玉がもらえる。

使用期限は1〜2ヶ月くらいはある。

ということで、1月程度の頻度で行くのなら、半永久的に常時50円の割引を受けられる無敵状態に入り、さらにコスパが高くなる。

お腹が空いた時におすすめ。

ただ、喫煙可能で分煙はされていないので、タバコが苦手な方、妊娠中の方、子連れの方は控えた方が良いと思われる。

故郷味
住所:東京都港区西新橋1-12-6 B1F
ランチの営業時間:11:00~15:00
定休日:日曜日

ジローナ(GIRONA)

おしゃれを気取って虎ノ門ヒルズでランチをしたいと思っても、どうせお高いんでしょうとうがった見方をして腰が引けてしまいがちである。

しかしながら、高価そうなイメージのある虎ノ門ヒルズ4階のレストラン街には、コスパの高い店もある。

このスペイン料理店のジローナでは、前菜とメインとパンが付いたセットが880円から楽しめる。

ジローナ(GIRONA)

筆者はサラダを選択。

フォトジェニック感の強い見た目おしゃれなサラダである。

ジローナ(GIRONA)

一緒に行った人は冷製のジャガイモのスープを選択していた。

なお、バゲットは焼きたてでパリパリであり、お代わり自由である。

これが夕食どきとかだとバゲットも有料になるので、ランチはお得。

ジローナ(GIRONA)

オムライス880円のセットが最もコスパが高いと思われるが、この日はハンバーグを選択。

下にリゾットが敷かれており、上にはプルプルしたポーチドエッグが乗っている。

フォトジェニック感が強い。

ジローナ(GIRONA)

卵にナイフを入れると、とろりと黄身がしたたり落ちる。

フォトジェニック感が強い。

ジローナ(GIRONA)

ハンバーグは粗挽きでレア気味に焼かれており、肉肉しさが味わえる。

虎ノ門ヒルズという高級な場所で1000円以内で充実したランチセットが楽しめるジローナはおすすめ。

ジローナ
住所:東京都港区虎ノ門-1-23-3 虎ノ門ヒルズ 森タワー 4F
ランチの営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)
定休日:なし(日曜営業)

テング酒場

テング酒場

上記おきらく食堂と並ぶくらいにコスパが高くて充実したランチが楽しめる店として、テング酒場はおすすめ。

チェーン店の居酒屋のランチは、品質が高い上に安いので素晴らしい。

鶏の唐揚げセットかチキンカツカレーライスであれば、ワンコインランチが楽しめる。

もちろんご飯大盛り無料だし、特に前者であれば小鉢の野菜がつく上に味噌汁のお替わりまで無料となっている。

テング酒場

が、さらにもう少しお金を出して590円払えば、さらに充実した定食が楽しめる。

この日は日替わりセットのBであり、鶏の唐揚げ&豚肉のたれ炒めであった。

ご飯とお椀には蓋がついており、本格的な和定食である。

テング酒場

メインの唐揚げと肉炒めはしっかりと味がついており、キャベツの千切りの量も多くて素晴らしい。

テング酒場

漬物は小松菜であり、栄養価も高い。

テング酒場

お椀はネギとワカメ。

たっぷりと入っていて美味しい。

そして定食の提供も注文から5分以内に来て素晴らしく早いし、味噌汁のお代わりも注文後5秒くらいという奇跡的な早さでくるので、待たされることがなくて本当に素敵。

テング酒場

白米は普通盛りでも十分な量。

これもおかわり自由。

というわけでコスパが高すぎるから混むのだけど、席数も多いのでピーク時間帯でも使える。

他にも590円で麻婆豆腐丼や炭火焼き鶏の親子丼のセットなどもある。

虎ノ門という一等地にありながら、ワンコインランチもできるし高くてもせいぜい590円で充実のセットメニューが食べられるのだから、その辺のファミレスよりも断然安い。

お得すぎる。

テング酒場 虎ノ門店
住所:東京都港区虎ノ門1-13-4 宝寿会館 B1F
ランチの営業時間:11:30-14:00(月曜〜金曜)
(夜まで連続で営業しているようだが、ランチタイムは14時くらいまでと思われる)
定休日:日曜日

五六八そば(いろはそば)

五六八そば(いろはそば)

たっぷりの盛り具合でおなじみの店。

盛りそば520円が最もコスパが良い。

量も抜群で味も良い。

そして、誘惑に負けて他のメニューを頼むと一気にコスパが悪くなるので注意が必要である。

五六八そば(いろはそば)

大盛り670円にすると、もう一般的な蕎麦屋の普通盛りの3倍くらいの量が来るものと覚悟して置いた方が良い。

ならば520円の並盛りでも普通の蕎麦屋の大盛りクラスの量があることに鑑みれば、520円で留めておくのが最善の策である。

五六八そば(いろはそば)

そんな私はこの日誘惑に負けて、盛りそば520円以外のメニューを食べてしまった。

港屋のようなラー油入りでジャンキーなそばを食べたかったので、仕方がなかった。

本日は辛味せいろ。

暑くてラー油入りで絡みのあるスープに、まるでつけ麺のように冷たい盛りそばをつけて食べる。

五六八そば(いろはそば)

スープには豚バラがたくさん入っており、空腹時であってジャンキーなものを食べたかったので、すごく美味しい。

結構辛くて味が濃かったものの、最後の一滴まで汁を飲み干してしまった。

これで830円。

まあ蕎麦でこの価格はコスパ悪いです。

やっぱり盛りそば520円に留めておくのが最高だと思う。

ほぼワンコインでこれほどコシがあって質の高いそばを食べられる店はなかなかない。

混雑時の12時台だと外まで行列ができているが、そばだからそもそも食べるのに時間がかからないし、食べ終わった客には店員さんが行列を考慮して退店を促すので、回転率は高い。

行列ができていてもそれほど長く待たされることはないだろう。

11時半くらいでもそこそこ入っている。

五六八そば(いろはそば)
住所:東京都港区虎ノ門1-8-3
ランチの営業時間:11:00~14:00
定休日:土曜日曜、祝日

越後屋玄白(炭火焼)

越後屋玄白(炭火焼)

焼き魚といえば越後屋玄白である。

良質な干物を炭火焼きで提供してくれる焼き魚定食はかなり美味しい。

しかもあじの開き定食、秋刀魚の開き、シマホッケなどは700円台で食べることができて非常にコスパが良い。

なお、ここの推しは個人的に「極上さばいしる定食」だと思うのだが、現在960円になっていて、以前より値上がりしている。

以前は880円くらいだったと記憶している。800円台と900円台とでは心理的なハードルが大きい。

越後屋玄白(炭火焼)

というわけで安さ重視なら700円台の焼き魚なのだが、ここはひとつ「大山鶏刺身ステーキ定食920円」をお勧めしたい。

これも以前は870円だったのだが、値上げされている。

しかしながら、プリプリで弾力のある大山鶏のステーキをレアで焼いて楽しめる店は他になかなかない。

珍しさも相まって、やはりこの食べ方を900円程度で楽しめるのだからこの店で大山鶏の刺身ステーキを注文するのは悪くない。

越後屋玄白(炭火焼)

店の入り口でいきなり注文を聞かれるので、入店前から注文表を見てオーダーすべきメニューを決めておかなければならない。

入店すると、番号札を渡される。

番号札は将棋の駒となっている。粋である。ちなみに私のコマは「歩」。

到着したメニューは、メインの一品に加え、漬物、味噌汁、ご飯が付いてくる。

やや副菜のおかずの数が少ない気もするが、この値段でこの品質の魚を出そうと思えば仕方がないのかもしれない。

越後屋玄白(炭火焼)

こんがりと焼かれた大山鶏ステーキ。

微妙に塩味がついている。

越後屋玄白(炭火焼)

これを付属のハサミでちょきちょきとセルフで切る。

越後屋玄白(炭火焼)

表面の皮はサクサクこんがり。

表面近くの肉は食べ応えがあり、レア気味の中はもちもちしている。

これは食感が良いし、付属のわさびや柚子胡椒のペーストなどをつけるとなおのこと美味しい。

他ではなかなか味わえない新鮮な生の鶏肉をランチで楽しめるこの大山鶏ステーキはコスパが良い。

そういえば、鮭ハラスもかなり大きくてお勧めだと思ったのだが、この日一緒に行った同僚が注文したサーモンハラス干し定食は、心なしか以前よりも小さくなっていたように思われたのは気のせいだろうか。
いずれにせよ何を頼んでもハズレはない。
(唯一、牛ハラミ炙り焼き定食についてはややコスパが悪いような気がしたが、魚系のメニューであればどれでも満足できた。)

なお、「越後屋玄白はなれ」と支店もここから徒歩で1分くらいのすぐのところにあったのだが、今は無くなっている。

以前より値上がりしたことが影響しているのだろうか。

越後屋玄白
住所:東京都港区西新橋1-21-11
ランチの営業時間:11:00~15:00
定休日:土曜日曜、祝日

 - ごはん