ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

体重40キロ台のBMI17台に突入。ベジファースト、きな粉、育児のダイエット効果。

      2015/07/20

別にダイエットしてるわけじゃないのですけど、年に1回の健康診断に行ったところ、体重が40キロ台に突入しまして、BMI指数もたぶん初の17台に突入しました。

昨年と一昨年が52キロ台でBMIも18台だったのが49キロになりまして、急に体重が低下したわけですが、何が変化したのだろうと考えます。
もともと18.5未満のやせ形だったので、特別なことをしないと急に痩せたりはしないわけですが、あまり痩せ過ぎになるのも問題かと思います。
が、結論から言うと、昨年よりも体調的には健康になっているんじゃないかと思います。


きな粉を摂るようにした

まず、もともと朝食はヨーグルトとりんごあるいはバナナの果実だけだったところ、これにきな粉を加えました。
タンパク質は積極的に摂ろうと決めてから、何かにつけてきな粉で摂取するようにしています。
また、きな粉の自然な甘さが面白く、野菜ジュースに入れると格別な変化が出て面白いですし、ヨーグルトに混ぜるとなんでこんなに甘くなるの、と思うくらいにかけ算的な甘さの変化があります。

玉三のはコスパが良いですよ。

昼も軽めにした

これが大きいのでしょうか。
育児を始めてから睡眠不足が続くのと早く帰らねばならないことから、昼食の時間を削減しました。
たくさん食べると眠くなって仕事になりませんので、なるべく食べないようにして精神を研ぎすまし、一気に仕事を片付けて帰るのです。
が、何も食べないと空腹が気になって仕事にならなくなりますから、何か良い食材をさがしていたのです。

ブランパンを使ったサンドイッチを導入

そこで発見したのがブラン入りのパンです。具体的にはヤマザキのブランブレッドかパスコの麦のめぐみを。
これの何が良いかというと、ブランの食物繊維等のおかげで腹持ちが良い上に、精白されたパンに比して血糖値上昇の抑えられます。

しかも食物繊維ですから、従来から下痢や便秘が激しかったところ、割とお腹の調子が良くなってきました。
他にも、鉄分が含まれていて、生来の貧血が抑えられてきているような気がします。
また、サンドイッチだからお手軽に食べられます。
具材としては、ヨーグルトときな粉にサツマイモあるいはバナナなどを入れることで、自然な甘さを取り入れて満足感を得ることにします。
砂糖は血糖値上昇が大きくなりますし、下手に糖質を取得すると身体をさびさせますから、原則的に不使用です。
が、毎日同じだと空きますので、時には砂糖を使った甘みはOKとしました。
最近のお気に入りは、丸美屋のもこふわトーストシリーズの<アップルシナモン味>です。
バナナとヨーグルトの酸味にこの甘さが加わってなんとも言えない至福感が。
あと、デザートサンドイッチの場合、パン自体にも甘みが無いと全体の調和感が出なくなるのが問題ですが、このもこふわシリーズをパンに塗っておくだけで、パン側にも強い甘みが出て全体が調和する感じもステキです。

メロンパン味もあるのか。

ベジファーストを導入

これはGI値の低いものから順に食べることで、急な血糖値上昇を抑えられるという手法により、身体を健康にするばかりか肥満も抑えられるという効果が発揮されるという最近流行りの食べ方です。

これを導入したからかどうか知りませんが、病気しないまま体重が減ったのは、この効果もあるのかもしれません。

育児ダイエット

ここ1年で変わったことと言えば、育児で運動量が上がったことでしょうか。
7キロ台の子供を抱っこしてあちこち歩き回ったりしてれば、そりゃあ普段からジム通いしてるようなものですよ。
車とかも持ってないですし、とにかく歩く歩く。
家でもゴロゴロしてるヒマがそんなにないので、常に子供と一緒に動いている状況ですので、無駄にダラダラして間食してるような時間もありません。
これが育児ダイエットか。

味覚が活性化されてきた

どうも、上記ベジファーストとか始めたからでしょうか。
あるいは、以前からビーガン食とかベジタリアン食とかに興味を持つようになってきたからでしょうか、味付けしてない野菜や穀類の素材の味がおいしくて仕方がありません。
たとえば、豆腐であれば、もうどんな豆腐でも醤油も塩もポン酢も何もつけません。
そのまま食べたいです。
また、アボカドであれば、以前は醤油つけてナンボ、という感じがしましたが、最近食べたら、醤油つけると味が濃すぎて受け付けない。アボカドであってもそのまま食べた方が美味しいです。
その他、おかずはおかずだけで食べたいですし、そこにご飯とか一緒に食べなくてもいいです。
むしろご飯はご飯だけで食べてその味を楽しみたい。

なんだか出家したかのような食生活になってきました。

また、こうすることで、子供の離乳食の味付けは薄いのですが、その薄味の残り物を食べてもとても美味しく感じられ、子供と同じ土俵で食事を楽しめるという効果が得られました。

激しい運動はしない

健康診断で、「ものすごい心拍が遅いのですが、大丈夫ですか」と言われました。
もともと有酸素運動は得意なのでスポーツ心臓なのですが、最近は全く走っていません。
でも一日通勤だけで40分以上は歩きますし、電車のなかでもなるべく立つようにしています。
それくらいしか運動はしてません。
走ったりすると脈が上がって寿命が縮んだりするかもしれませんし、身体を酷使するというのは肉体的にも精神的にも無理をかけている感があります。
実感としては、ライザップとかいかなくても普段の生活で意識して歩くことを心がければ大丈夫かと。
下半身を鍛える、つまり、歩数を増やすとか、座るよりも立つようにするとかをしてれば、血流が活発かされて太りにくいのではないでしょうか。

ただ、歩きすぎると週の後半で疲れがたまるので、マッサージ等で疲れを和らげるのを取り入れようかとは思います。

ベジファーストとタンパク質摂取と糖質抜きはスゴい

とにかくこの3つの食事を気をつけてれば、健康的に体重を落とせることを実感しました。
まあ、さすがにBMI17台はちょっと落としすぎたかなと思いましたが。。。
別に落とそうと思って落ちたわけじゃないから仕方ない。味覚がそうなってきたから結果的にそうなってきたんだと。

 - 健康, 育児