ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)はおすすめ

   

蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)はおすすめ

夏の暑い日には冷たく冷やした飲む点滴、すなわち甘酒を飲みたくなるわけであるが、その中でも群を抜いて蒲公英の「タンポポのあまざけ」が美味しいのでおすすめである。

ちなみに上記写真では、「熊本 餅米と米麹からできた たっぷり麹のもち米のあまざけ ノンアルコール」というタイトルの表記となっているが、まあ「タンポポのあまざけ」として親しまれている甘酒と同等のものとみなして話を進める。


蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)の販売店舗・価格

タンポポのあまざけを実店舗で探すのは難しい。というか売っているのだろうか。

通販専門として入手するのが一般的なルートの気がする。

筆者の入手したものはショップチャンネルで購入したものであるが、人気商品すぎて品切れになることが多々ある。

ちなみにアマゾンでも500mlペットボトル20本入りで送料含めて、2018年7月10日検索時点で13000円で販売されていることを確認したが、単純計算で1本当たり650円である。

値段は相当高い。高級品だ。

蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)の原材料名・カロリー等の栄養成分

蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)の原材料名・カロリー等の栄養成分

パッケージによれば、名称は「白甘酒」というらしい。

単なる甘酒ではなく、白甘酒というジャンルが存在したのか。

そういえば、美味しい黒あまざけの健康効能と夏におすすめの飲み方で紹介したような「黒あまざけ」というものもあったことを思い出す。

原材料名は米麹(熊本県製造)、もち米(熊本県八代市酸)、濃縮甘酒(熊本県製造)と記載されている。

これはすごいと私は感動した。

何しろ甘いのに、原材料名に「砂糖」などの甘味料の表記がないのだ。

純粋に米だけでこの甘さが出せるものなのか、と感動したのである。

しかしよく見たら、原材料名の最後に「濃縮甘酒」との記載がある。

なるほどこの「濃縮甘酒」を作る際にすでに砂糖とか使っているのかもしれないとも思ったが、多分砂糖不使用なのだろう。自然な甘みでしつこくなかったし。

それにしても「甘酒」の原材料の一つに「濃縮甘酒」と記載されていることがすごく興味深かった。

甘酒を作るために甘酒を使うのだぞ。

まるでマトリョーシカというか、プログラミングの再帰関数というか、数学的帰納法というか、自分を変数にして新たな自分を作り出す感を想像して愉快になった。

栄養成分表示によれば、100g当たりで熱量102kcal、蛋白質2.1g、脂質0.2g、炭水化物23.0g、食塩相当量0.0gである。

さすが米で作っているだけあって、高カロリー高糖質である。

糖質制限ダイエット中には向かないが、真夏で体力が落ちた時に一気に元気を出すには血糖値を一気に上げられるのでうってつけだ。さすが飲む点滴。

なお、製造者は株式会社蒲公英(熊本県八代市長田町2829−3)である。

蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)の味・食感等の感想・評価

蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)の味・食感等の感想・評価

それにしてもこれだけ米のつぶつぶが豊富に入っていて麹の沈殿もすごいため、濃厚な感じがするが、実際はサラサラである。

蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)の味・食感等の感想・評価

ドロドロしているわけではなく、実に液体感が強くて普通のドリンクのように注げる。

蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)の味・食感等の感想・評価

それでいて濃厚な見た目。

蒲公英タンポポのあまざけ(熊本たっぷり麹のもち米の甘酒)の味・食感等の感想・評価

しかし傾けるとさらりとしている。

飲み口は爽やかスッキリ。

しかし味わいは濃厚。

なんだこのいいとこ取りな感じは。

そして自然な酸味と甘みの調和が癖になる。

癖になるが、100mlも飲めばもう幸せ気分になれるので飲みすぎることもない。

飲み口スッキリで一気に飲める感じなのに、ゴクゴク飲むというよりはゆっくり味わって飲みたい。

というか値段も高いしすぐ飲み干したらもったいない。

不思議な甘酒である。

後味もスッキリでべたつかない。

夏場に冷やして飲む甘酒としては最適である。

値段が高いのにすぐ売り切れになるほどの人気商品である理由がわかる。これはおすすめだ。

 - ごはん