ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

一日一食主義を継続してたら満腹中枢が壊れた気がする

      2016/05/25

美登利寿司のサカスちらし(bizちらし)

以前より夏バテのときこそプチ断食かプチ絶食が効果的か。に書いてますが、自分は夜くらいしかまともに食べない一日一食主義(あるいは果物やナッツ、少量のヨーグルト等は食べるので一日一快食主義なのかもしれませんが)なのですが、そうしていると満腹中枢が壊れた気がしています。

「食べなくても気にならない」という胃が小さくなったという意味での満腹中枢の変化もありましたが、逆に、「食べ始めるといくら食べても満腹にならない」という方向にも狂い始めている気がします。

ところでクワバタオハラの大食い芸人の小原正子は、大食いの番組に出たりしているのにとても痩せています。
その小原が、15年くらい前にTBSラジオの伊集院光日曜日の秘密基地で、なんでそんなに食べてるのに太らないの?とパーソナリティに訊かれた際に、
「番組に出ているときはいくらでも食べられるけど、逆に普段は全然食べない。豆腐一丁とかでお腹いっぱいになる」
みたいなことを言っていて、当時食べ盛りでちょっと痩せたいと思っていた私にとっては、
「そんな都合の良い話があるものか。ウソだろう」
とか疑ったのですが、実際私も一日一食くらいしか食べなくなって、その一食だけは存分に食べているのにどんどん体重が低下していって、体重40キロ台のBMI17台に突入。ベジファースト、きな粉、育児のダイエット効果。と書いたように40キロ台、BMI指数17台をマークするようになってから、その感覚が分かってきました。

やせの大食いといわれる人がいます。
こういう人の何割かは、いつも大食いをしているわけではなく、ピンポイントで通常の人の数倍の量を食べるにも拘わらず、長期的なスパンで見れば平均以下しか食べてないので、体型を維持できるのにインパクトある食べ方ができるんじゃないかと思います。

前置きはさておき、私の場合、普段はなるべく食べないように心がけており、しかも食べなくてもそれなりに満足しているのですが、
いざ「この食事はたくさん食べても構わない」と思った際には、脳がここぞとばかりに満腹中枢を狂わせるのでしょうか、いくら食べても全然お腹がいっぱいにならないという現象が起きています。

以下、その具体例。
主に、外食をするときは、大体満腹中枢が壊れます。
まあ子供がうまれてからはほとんど外食しないので、ごくまれなのですが。
その外食の特別感が、「今は特別な時間でせっかくの機会だからたくさん食べても良いよ」と脳が信号を送っているんじゃないかと思っています。


阿佐ヶ谷キッチン男の晩ごはんで丼飯を2杯食う

キッチン男の晩ごはん焼き鳥丼

最近は育児にお金をかけるために、コスパの良い店を探しています。具体的には500円前後でたらふく食べられてしかも美味いランチの店、という条件を満たすこと。
そういうわけで発見できたのがこのキッチン男の晩ごはんでして、その中でも一番安い価格帯が500円でした。
写真のは焼き鳥丼。
ご飯の量は吉野家とかすき家とかの特盛りを超えるんじゃないかと思います。感覚的なのであてにならないですけど。
これに美味しい味噌汁がつきます。
あと、親子丼も見た目これを上回る量が出てきて500円でした。私は焼き鳥丼にしましたけど。
この焼き鳥丼がとても美味しくて、食べているうちに、もっとこのお店のご飯が食べたいと思い、今度は「スタミナ野郎丼」というラインナップのものを追加注文しました。

このラインナップはこのお店の中でも特に量が多い部類なんじゃないかと思われます。
その中で私は豚キムチを注文。
焼き鳥丼を食べ終えた私は無性にお腹が空いていたので、この豚キムチは写真に撮るヒマがありませんでした。

焼き鳥丼を超える量のご飯の上に、背脂たっぷりの豚肉とキムチの丼、さらに大きなチキンカツが2枚ついていてたったの750円というコスパ。
チキンカツとキムチは相性が微妙だったので、とりあえず豚キムチを全部食してから、さらにチキンカツにソースをかけて食べました。
豚キムチ丼とカツ丼の両方が楽しめるわけですな。

で、完食したけど全然お腹いっぱいになりませんでした。

500円前後の安い店を探してたのに結局1250円かかってて、高級店のランチと金額的に変わらないっていう。

丸亀製麺で大盛りうどん2杯

丸亀製麺の濃厚豆乳豚キムチ冷かけの豆乳がすごいに書きましたが、「濃厚豆乳豚キムチ冷かけ」と「旨辛鶏ネギ冷かけ」を食べた話です。
炭水化物たっぷりのうどんと脂肪分がそれなりにあるラインナップの2杯を汁まで飲み干しましたが、特にお腹はふくれず。

安くて美味いチェーン店の丸亀製麺で1260円かかってるという。
これなら高級店のランチが食べられたな。

まる伊寿司のづけあなちらし1.5人前

銀座寿司処まる伊総本店づけ穴ちらし

で、一般的な水準からすれば比較的高級なお店に入るであろうお店のランチを食べに来てみました。

銀座寿司処まる伊総本店づけ穴ちらし横から

20歳台前半で今より太っていた当時、並盛りの1200円のづけあなちらしだけで満足しており、1.5人前注文した際は食べきれなかったレベルの量でしたが、
当時よりずっとやせ細ってやつれている今、1.5人前を完食してもお腹はふくれず、結局この後ソーダバーのアイスと銀座千疋屋のブルーベリーチーズのプレミアムアイスクリームと甘栗を食べてコーラを飲んだ。

銀座千疋屋プレミアムアイス
なお、銀座千疋屋プレミアムアイスシリーズは、今まで食べたアイスの中で一番うまいんじゃないかと思った。

新橋で切腹最中も買ってあったので食べたくなりましたが、これはお土産なので我慢しました。

ちなみに、当時は1200円だったこのちらし、今は1300円になって、1.5人前だと1600円です。

お腹の満足度が得られないのでコスパの良さが感じられず、やっぱり比較的高級
店で食べるよりも激安コスパの店を探す方が楽しいなと改めて思いました。

くろぎの鯛茶漬けランチ

くろぎの鯛茶漬け

超高級店に位置づけられると思いますが、ランチはなんとその高級な鯛のお茶漬けが1000円で食べられて鯛もお代わり自由というコスパ。
予約を取るのが難しいらしいですが、優しい知り合いが誘ってくれました。

なお、制限時間1時間という縛りがある上に、雰囲気が超高級店なので、お代わり自由とはいえ、あまりおかわりするのも気が引けます。
結局5杯食べて終了となりましたが、とても美味しくて食が進むので、10杯は食べたかった。

とりあえずこんなところでしょうか。
全然外食に行けていませんね。
この間、友人の二次会で料理もケーキもたくさん残っているのに、終了時刻だということで店員がそれを片付けようとするから、私はそれを引き留めて、延々とケーキを食べてました。
たぶんその店はもう出禁だと思う。
あと、そういうおめでたい雰囲気の中、ガツガツ食べるのはどうかと思いますが、美味しい料理を棄てるよりは全然マシだろと自分を納得させました。

あと、最近はバイキングに行かないので分からないですが、バイキングは行かない方がいいんじゃないかと思います。

そういえば、イギリスに留学していた際、近所のハンバーガー屋が「この量を30分で食べきればタダ」という企画をやっていて、次々におデブさんたちが玉砕していく様が動画やその店のホームページにあがったりしていたので、痩せ型の日本人がそれをクリアしたら面白いんじゃ無いかと思って友人を誘って行こうとしたのですが、
その友人が日和って結局私も行かなかったので、今思えば、アレは行っておくべきだったと後悔した。
もし失敗するととてつもない金額を払わねばならないペナルティがあったので、それも日和の原因だったのですが。

(トップの写真は美登利寿司のサカスちらし(bizちらしだっけ?)。昔はこれで満足いけたのですが、やっぱり「豪快!超特選贅沢ちらし」くらいのボリュームが必要かもしれません。しかし、最近高いものを食べても値段に比例した満足度が得られないので、やっぱり安ウマで究極のコスパを目指したいです。)

 - ごはん