ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

アンパンマンの折りたたみ三輪車(ides compo neo)は1歳からおすすめ

   

アンパンマンの折りたたみ三輪車(ides compo neo)は1歳からおすすめ

小さい子供に三輪車を買うならやっぱりアンパンマンがいいと思う。

私はたまたまアイデス・コンポ・ネオの折りたたみ三輪車を購入したが、とにかくアンパンマンのデザインであればなんでもおすすめしたい。

とはいえ、アイデスの三輪車だと色々と便利な機能もあってお得だ。


大人気のアンパンマンなのでヒーロー気分になれる

大人気のアンパンマンなのでヒーロー気分になれる

やはりアンパンマンのパワーはすごいなと思うのは、道を走っていると、すれ違う子供達がみんな興味津々に「アンパンマンだ!」と言いながら羨ましそうにこちらを見てくる点である。

これによって我が子も気分を良くして、得意げになって乗りこなしている。みんなから注目されてまるでヒーロー気分である。

三輪車に乗ることは体力づくりに役立つところ、こうやって得意げになれるというのはその体力作り、健康づくりを行う上で大きなメリットである。

みんなから注目されたいので三輪車に乗りたい、という欲求が高まるからである。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車はペダルに足が届かないうちからでも乗れる

アイデス・コンポ・ネオの三輪車はペダルに足が届かないうちからでも乗れる

これはアンパンマンの三輪車というよりは、アイデスの三輪車の特徴だと思うのだが、ペダルの他に足置き場が設置されている。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車はペダルに足が届かないうちからでも乗れる

まだ1歳の頃だとペダルまで足が届かないこともある。

しかし、それより手前に足置き場が設置されているのだ。

これに足を置いておけば、とりあえず1歳台の小さい乳幼児でも乗ることはできる。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車はペダルに足が届かないうちからでも乗れる

ではどうやって前に進むか。

それは、この背もたれから伸びる押し手棒を親が後ろから押してやることにより、前に進めるのである。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車はペダルに足が届かないうちからでも乗れる

この押し手棒はハンドルになっており、これを左右に曲げることで前輪を操作できるので、子供はただ座っているだけでも前に進める。

まるでベビーカーを押しているような感覚だ。

だから今は4歳だが長男が2歳未満の時は、良くベビーカー代わりにこれを使っていた。

難点なのは、ベビーカーだと買い物のためにスーパーに入れるが、三輪車はちゃんと駐輪場に置いておかなければならないので、仮に息子が三輪車に乗っている間に寝てしまった場合には、もはやスーパーの店内に入って買い物することができなくなった点だ。

それ以外はすごく良い。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車はベルトやブレーキが付いているので安全

上で、ベビーカーがわりに使えると書いたが、安全性はどうなのか。

全く問題ない。

安全ベルトがついているので、仮に寝てしまっても態勢を崩して道に落ちる心配はない。

また、タイヤも大きいので転倒しにくい点もポイントが高い。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車はベルトやブレーキが付いているので安全

さらに、後輪近くに、まるでベビーカーのようにストッパーがついているので、これを踏めば簡単にタイヤロックができる。安全だ。

4歳でもいまだに移動手段として使っているので長持ちする

私はこれを息子が1歳の時に入手したが、4歳になった今でもまだ現役である。

もう移動手段の1つとして使用している。

ちなみに、どれくらいの距離を乗っているかというと、息子は丸ノ内線新高円寺駅から京王井の頭線の永福町駅まで行ってしかもそこから線路沿いに西永福駅まで行くとかは普通にやっているので、まあ3キロくらいは平然として乗るのかな。

すごい運動量であり、体力作りに最適である。

丈夫な三輪車でコスパが高い。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車の折りたたみ方

さて、この三輪車の大きなポイントは、折りたためるという点である。

これによって持ち運びに便利なのだが、なれないうちは折りたたみ方をどのようにしてやるのかが難しい。

上記の手押し棒のハンドルは、ボタンの位置がわかりやすいので簡単だ。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車の折りたたみ方

問題は、足置き場である。

これは上の写真のように、90度回転して折りたためる仕様になっている。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車の折りたたみ方

これのやり方が最初わからなくて戸惑った。

内側の見えにくいところに突起があって、これを押しながら動かすのだが、なかなか力がいるのでまあ子供の力じゃ無理。

大人が一緒になってやってあげないとロック解除とかはできないので注意だ。

アイデス・コンポ・ネオの三輪車の価格

で、価格なのだが、1万円台で買える。

やや高いと思われるかもしれないが、上記のようにすごく長持ちするし長く遊べるのでコスパは高い。

しかし問題は、アンパンマンのデザインの三輪車がアイデスからは生産終了になっている点である。

とはいえ、同様の機能の三輪車はアイデスから出ているし、アイデスにこだわらなければ、例えばエムアンドエム(M&M)等の他社からも同様の機能のアンパンマン三輪車は出ているので、色々と探してみると面白い。

最近の三輪車は多機能で材料も軽くて丈夫だったりするので、私が子供だった頃に比べればだいぶ時代は変わった。

 - 育児