ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

ステーキ宮(宇都宮)ランチで価格安くてコスパ高いおすすめメニュー

   

ステーキ宮(宇都宮)ランチで価格安くてコスパ高いおすすめメニュー

栃木県宇都宮市民において、まさしのぎょうざと並ぶソウルフードとして名高いステーキ宮に行ったところ、相変わらずすごかった。


子供の頃ご褒美としてのみ食べることを許された高級レストランであるステーキ宮に再訪する

子供の頃ご褒美としてのみ食べることを許された高級レストランであるステーキ宮に再訪する

宇都宮で幼少期を過ごした人にとっては、ステーキ宮は何かを頑張った後のご褒美にのみ訪れる機会を与えられたご褒美の品であった。
あるいは、家族の嬉しい日の記念といったら間違いなくステーキ宮であった。
今は全国展開しており、東京にも町田に出店がされたが、原点は栃木県宇都宮市である。

ステーキ宮といえば、あの「嬉しい日はステーキランチ」なるCMの曲と、両親に手をつながれて嬉しそうにジャンプする女の子の姿が脳裏によぎった。

したがって、勉強とか超やる気ないけど、ステーキ宮をちらつかせられると勉強をやる気になったし、ステーキ宮のあの宮のタレが肉にかかってじゅうじゅう音を立てる様を考えるだけで、テストで100点を取るなど簡単なものだった。

あの宮のたれがかかることで広がるいい香りとテーブル越しに交わされる家族愛のこもった会話がステーキ宮であった。

ステーキ宮にはゆっくりした温かい時間が流れていた。

あれから15年以上ステーキ宮を訪れていなかった。

そして大人になった今、毎日仕事や家事に忙殺されて毎日がただ過ぎていく。

温かくゆとりのある時間を味わう時間を取ることもままならず、無味乾燥な日々が続くこの東京砂漠。

忙しい時間から解放されて、いっときの優雅な時間が必要だった。

今こそ、ステーキ宮を再訪することが必要とされていた。

グランドメニューの価格は高い

ステーキ宮 越戸店

今回訪れたのはステーキ宮越戸店。

隣にはとりせんがあり、競輪場通りを挟んで向かい側にはゲームセンターがあったため、ステーキ宮とセットでガチャガチャやゲームを楽しむことが可能だったため、数あるステーキ宮の中でも人気上位に君臨したステーキ宮だ。

今はそのとりせんもなければ、ゲームセンターもない。面影すらない。

しかし案ずることはない。

ステーキ宮のランチメニューが昔に比べて充実しているため、ガチャガチャやゲームセンターなどもはや不要だ。

どのあたりが充実しているかというと、スープバーの充実がハンパない。

ステーキ宮のスープバー

選べるスープは4種類。

玉ねぎ等の野菜がたっぷり入ったベジスープ(オニオンスープ?)、中華風の鳥玉スープ、コーンポタージュ、冷製のジャガイモのポタージュの4つがあった。

歴戦のステーキ宮の常連ならば、ステーキ宮のスープといえばコーンポタージュだと主張するかもしれない。

そのコーンポタージュの味は昔と変わらぬまま、それに引けを取らない格別のスープが他に3種類もある。

その辺のファミレスのお代わりし放題のスープをイメージしてはならない。

普通のファミレスのスープバーのスープは具も少なく旨味も足りなく、お代わりし放題であっても別にお代わりしたいとは思わない。

ステーキ宮の野菜オニオンスープ

しかしステーキ宮のスープは全く違う。

いずれもがそれ単独で戦うことが可能なレベルであり、具材も豊富だ。

野菜のスープはたっぷりのビタミンが取ることができ、子供の食事にも適している。
冷製のジャガイモポタージュは、そのまま高級ホテルにフルコースでも食べに来ているかのような錯覚を覚える味であり、中華風の鳥玉スープは、さながら上海で本格中華料理を堪能しているかと思った。

なんとこれらのスープバーがランチタイムには無料で付いてくる。

ランチメニューは土日祝日であっても16時までやっている。

これは私の勘違いかもしれないが、以前はランチメニューは平日のみの営業だったような気がしていた。
しかし土日であっても、しかも午後4時まで、ランチメニューが楽しめる。

仮にこのランチメニューを選ばず、グランドメニューから選んだとする。

ステーキ宮に行ったなら確実に食べたいのが「創業の味」カテゴリ内のステーキなので、ここから選択すると、一番安い「ひとくちてっぱんステーキ125g」で1280円。
しかしここにはライスやパン等の主食が付いていなければ、スープも付いていない。

あの「ステーキ宮のたれ」のかかった肉を食べておきながらライスを食べないという選択肢はありえないので、ここにライスをつけるとすると、280円かかる。
ビーフの肉汁と宮のたれが混ざった汁を、白米にかけて食べるのがステーキ宮におけるさらなる楽しみなのだ。

しかしステーキとライスの往復のみでは何かもの足りない。
ここにスープを配置することで、ステーキ、ライス、スープのトライアングルフォーメーションを描くことでステーキ宮を最高に堪能できることに配慮すれば、やはりスープの存在は不可欠となる。
そしてスープバーを別途つけると250円かかる。

しめて、ステーキ宮にいったなら確実に注文しておきたいセットのうち、最低価格のものを選んだとしても、1800円程度かかる。

一食で1500円を超える。
しかもファミレスで。
これは高いといわざるをえず、同じ金額を出せばもっとグレードの高いレストランに行くことが可能なことを考慮すれば、ステーキ宮で得られる満足度が下がる。

ステーキ宮の醍醐味は、ファミレス並みの価格でありながら上質な味と温かい雰囲気を楽しむことができる点にある。

しかし、まったく同じものをランチメニューで注文したらどうか。

1280円だ。

多少の誤差はあるものの、概ね、グランドメニューのおかずと同等のものをランチメニューで注文すると、ライスとスープバー分の金額が無料になるというイメージでメニュー選びに取り組んで問題ない。

これだけのセットがついていて1300円未満なら、ランチとしては十分に及第点といえる。

ステーキ宮のランチメニューにおける損益分岐点は1300円

美味しい宮のたれ。美味しいお米。美味しいお肉。

ステーキ宮に初めて行くならば、上記「ひとくちてっぱんステーキ125g」のランチメニュー一択が最適解である。
(これは昔は「カットステーキランチ」という呼称だったと記憶している。)

宮のたれ、ステーキ宮の創業からの柔らかくて弾力性のあるステーキを、美味しいスープやご飯とともに楽しめる。
これがステーキ宮の代表的な味であり、この美味しさを1300円未満で楽しめる。

創業の味カテゴリからは他に野菜を追加したり肉質を変えたり肉の量を多くしたりしたものがあるが、それを注文すると安くても1400円程度になる。

概ね、人間の食感は最初の一口二口程度が最も味覚が研ぎ澄まされて最高の味が満喫できる瞬間であり、それ以上食べても最初のひとくちほどの満足度は得られない。

したがって、追加料金を払って肉量を多くすることに大した意味はない。

また、どれを注文しても宮のたれは楽しめるわけだし、宮のたれはお代わり自由。

はっきり断言すると、ステーキ宮に来る一番の目的はこの宮のたれを食べることであるから、ステーキの肉質を追加料金を払って変更することに大した意味はない。

したがって、1280円はらおうが1380円はらおうがそれ以上払おうが、得られる満足度に有意な差は得られず、単にお金をたくさん払ったか安く済ませることができたかの違いしかない。

1380円以上のラインナップは、まずは正統派の「ひとくちてっぱんステーキ125g」を極め、さらにステーキ宮を極めたいマニア向けの商品だ。

稀にしかステーキ宮を訪れない一般的な庶民は、創業の味カテゴリーから堂々と一番安い「ひとくちてっぱんステーキ125g」を選ぼう。

ひとくちてっぱんステーキ125g

手前がひとくちてっぱんステーキ125gであり、奥が自家製ハンバーグランチ(レギュラー780円)。

カルビステーキ125もおすすめ

ステーキ宮(宇都宮)ランチで価格安くてコスパ高いおすすめメニュー

そうは言っても125グラムじゃ足りないし、創業の味の肉だと脂分も少ないから、もっとたくさん脂ギッシュなものを食べたい、しかし金はない、という血気盛んな強者もいる。

そういった剛の者には、「カルビステーキ」カテゴリをお勧めする。

宮のたれのかかったビーフステーキランチを、980円から堪能できる。

これを150gにしても、たったの1180円。

これは高いコスパを発揮する。

しかし、原点はあの弾力性がありながら柔らかい赤身を使った創業の味のステーキであり、ステーキ宮に来たなら一度は1280円を払ってひとくちてっぱんステーキ125gを堪能することをお勧めする。

安さ重視なら宮ランチ680円か自家製ハンバーグランチ780円

安さ重視なら宮ランチ680円か自家製ハンバーグランチ780円

さらに言うと、宮のたれを楽しめればどうでもいいという割り切った合理主義の方には、宮ランチ680円という凄まじい最安商品がある。

これは「チキン・コンボランチ」カテゴリから選択可能なもので、ビーフスライスとメンチカツをメインとしたメニューである。

これはメニュー表の後の方に小さく表示されているメニューであり、つまり店側にとってあまり注文されたくないことを暗に示しているのであるから、これを注文して宮のたれとスープバーをお手軽価格で味わうのも有効な手段だ。

しかし鉄板の上にメンチカツというのも違和感があるし、やはりステーキかハンバーグを頼んでおきたいことを考えると、せめてあと100円奮発して「こんがりチキングリルランチ」と行きたいところだが、やはり宮のたれが本領を発揮するのはビーフの肉汁とコラボレーションした時であることに鑑みれば、どうせ780円出すならば「自家製ハンバーグランチ」を選んでおきたい。

780円でありながら200グラムの肉が楽しめてボリュームがある。

そしてメニューが決まったら上記写真の「宮」ボタンを押下してオーダーすることで、丁寧な接客の元、高級レストランさながらに鉄板に乗った肉がワゴンで運ばれてきて、目の前で宮のたれをかけてくれる。

その香りは絶品である。

なお、このランプに入った宮のたれはお代わり自由。

宮のたれ

子連れでキッズメニューならお子様ランチ290円がおすすめ

キッズメニューのお子様ランチ

2歳児程度の子供向けのキッズメニューで選ぶべきは「お子さまランチ290円」一択。

ここにタケノコの里等の市販のお菓子がつき、さらにスープバーとドリンクバーがつく。
さらに、帰り際におもちゃを一個もらえる。

これだけ付いていて290円。

スープバー単品で350円(セットの場合は250円)であることを考慮すると、いろいろ付いていて290円というのは破格の安さである。

お子さまカレー380円やお子さまコーングラタン380円も、ガスト等のキッズメニューに引けを取らない価格設定だが、ステーキ宮に来てあえて肉料理を注文しない理由はない。

お子さまハンバーグコンボ680円やお子さまカルビステーキコンボ880円なる高価格のキッズメニューもあるが、ここまでくると大人用のハンバーグランチやカルビステーキランチを注文した方が肉の量も多く、余計なエビフライやウインナーが付いていないので、あえてキッズメニューを選択する理由がなくなる。

キッズメニューから注文するならば、「お子さまランチ290円」が最高のコスパであると断言する。

なお、これだけだと野菜が不足するのではという心配もあるが、上記ベジスープがスープバーでお代わり自由なので、スープによって野菜不足が解消される。

もらえるおもちゃの中では、「シャボン玉」がなかなかのコスパと言える。

かなりの量のシャボン液が入っている。

キッズスタンプカード

一度キッズメニューを注文すると、会計時に「キッズスタンプカード」が必ずもらえる。

これのスタンプが全部たまるとキッズデザートがプレゼントされるのだが、このスタンプ、たったの二個でコンプリートできる。
簡単にたまるので、こう言ったスタンプカードはどうせたまらないからいらない、と断る人であっても、このカードについてはもらっておいて損はない。

宮のたれや宮のたれポテトチップスをお土産に買える

宮のたれや宮のたれポテトチップスをお土産に買える

食べた人なら誰もが虜になるこのステーキ宮のたれ。

これを家庭でも食べたいという人向けに、会計時にお土産に購入することができる。

全国のスーパーでも販売されているようなので、気になった人は探してみるといい。

「ステーキいづつやの魔法のたれ」にも似ているといえば似ているが、両者の違いを詳細に研究してみるのも面白い。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料込】【ステーキ宮創業の味】宮のたれ500gボトル2本入り
価格:2500円(税込、送料無料) (2016/9/1時点)

また、宮のたれポテトチップスなるお菓子も販売されていたが、これは初めて見た。興味深い。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【ステーキ宮】宮のタレポテトチップス 65g×12袋セット
価格:2450円(税込、送料無料) (2016/9/1時点)

 - ごはん