ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

おぎくぼセンター祭(荻窪地域区民センター)は子連れ家族におすすめだ

      2019/06/26

おぎくぼセンター祭(荻窪地域区民センター)は子連れ家族におすすめだ

東京都杉並区荻窪2−34−20というところが所在地の「荻窪地域区民センター」なるところで毎年恒例に行われている「おぎくぼセンター祭」なる祭りに行って来たのだが、これが本当に半端なかった。


スタンプラリーがすごい

いやもう何が半端ないかって、結論からいうと、スタンプラリーがすごいのである。

2019年6月22日(土曜日)と23日(日曜日)の2日間開催された第41回のおぎくぼにセンター祭のうち、2日目の23日の午前中に参加して来たのだが、この手の子供向け祭りにありがちな「スタンプラリー」も開催されていたので、受付で台紙を家族分もらって、スタンプを集めてスタート地点の受付に戻ったのである。

そしたら、「スタンプラリーの商品はなくなりました」と言われるという、とんでもない結論が待ち構えていた。

未だかつてない結幕である。

何が起きたのかわからなかった。

スタンプラリーの台紙の枚数と商品の数とは、普通は一致しているのではなかろうか。

スタッフの方の話によると、台紙の数も商品の数も、300用意していた。

しかし、どうも混雑していたらしく、ワーッとお客さんが来てしまい、景品の方がなくなっちゃったと。

なんだそりゃ。。。

だったらスタンプラリーの台紙を最初から配布するなよ。。。

こっちは、受付でスタンプラリーの台紙をもらったので、スタンプ集めに必死になって階段を上がったり下がったりしてようやくスタンプをコンプリートして戻って来たのに、「景品はなくなった」って、ハシゴを外された気分である。

いやー、未体験ゾーンに突入した気分である。

というわけで、おぎくぼセンター祭は半端ない。

防災クイズとか消費者センターとかの展示・体験コーナーで商品を無料ゲットせよ

おぎくぼセンター祭(荻窪地域区民センター)は子連れ家族におすすめだ

この手の子供祭りだと、綿菓子とかポップコーンとか風船すくいとか、無料でできるパターンが多いのだけど、おぎくぼセンター祭は結構シブい、というわけではないが、基本的に模擬店は有料。

我々家族は結構シブいから、お金がかかる体験には参加しないというのが基本方針であり、これらには参加しなかった。いやー、ドケチである。

移動式プラネタリウムとか似顔絵とかはやりたかったけど、時間的にすごく混雑していたのでスルーせざるを得なかった。

おぎくぼセンター祭(荻窪地域区民センター)は子連れ家族におすすめだ

しかしながら、消費者センターのコーナーで、騙されやすさ心理チェックやったら虫めがめもらったし、食育のコーナーで「大豆はすげえ」っていう話を聞いたら可愛いトートバッグもらった。

ところで、みよ。騙されやすさ心理チェックで全く何も当てはまらないほどのパーフェクトぶり。

絶対に私は詐欺とかに騙されることはないだろう。

しかし逆に言えば、私は誰も信用してないことの証左であり、それはそれで悲しくなる。

おぎくぼセンター祭(荻窪地域区民センター)は子連れ家族におすすめだ

変わった形の虫眼鏡。

消防のコーナーでクイズやったら、家族分のおいなりさんもらった(これが結構美味しい)し、組み立て式の消防車のキットもらった。

いやー、色々無料でもらえると満足しますね、スタンプラリーが塩対応だったとしても。

消防といえば、この前日にこんな防災関連のイベントにも行った。

おぎくぼセンター祭(荻窪地域区民センター)は子連れ家族におすすめだ

どうでもいいけど、健康のコーナーで体脂肪率を計測できたのだが、この手のイベントでこの3ヶ月くらい以内に3回ほど体脂肪率を無料で計測できたのだが、5.8%だったり、8%だったり、今回は13.1%だったり、体脂肪率の数値ってアテになるのか。

例えば以下のリンク先で計測したやつ。

これでは体脂肪率5.6%という驚異的な数値を叩き出している。

ちなみに、今回の体脂肪計は両手だけで測るタイプで、一番信憑性が薄かったので、この13%というのは嘘だと思っている。ここ13年くらい、1年に1回は体脂肪率を定点観測しているが、私は毎回1桁台であり、10%を超えたことがないので。なんだこれ、痩せたい人の負け惜しみみたいだな。

まあ数字とかどうでもいい。私は見た目で腹筋バキバキに割れているし、見た目で痩せマッチョであればそれでいい。

おぎくぼセンター祭(荻窪地域区民センター)は子連れ家族におすすめだ

あと、昭和記念公園の方から出張して来ている自然発見塾とかいうイベントの主催者の人の宣伝を色々聞いたら、何か工作みたいな遊びを5歳の息子がやらせてもらえたので、これも楽しかった。

まあ、色々楽しかったですよ。

駐輪場が完備されていて自転車で来ることができたので、アクセスも容易だったし、よかった。

スタンプラリーをやり損したとしても、あまりある体験ができた。やり損って言い過ぎだな。いや、スタンプ集めをした過程によって、色々歩き回れていい運動になったし、いろんな展示が見れて勉強になったので、これこそが真のスタンプラリーの景品なのであろう。

 - 育児