ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

東京都杉並区・練馬区で野菜・果物等が安い激安スーパー・八百屋一覧

      2018/12/03

東京都杉並区・練馬区で野菜・果物等が安い激安スーパー・八百屋一覧

私が田舎から東京に出てきて驚いたことの1つに、「東京は野菜・果物・日配品・肉類等の日々の食材を買う場合には、東京には地方よりも安いお店がたくさんある」ということが挙げられる。

それは、東京23区には昔からの商店街が残っているという点も関連していると思うのだが、とにかく安い店は安い。

そこで、東京都の特に私の近所の杉並区・練馬区において、私が見つけた安いスーパーや八百屋、青果店等を列挙していきたいと思う。

したがって、この記事は、私が新しい高コスパのスーパー等を発見するたびに随時更新される。

高野青果

高野青果

阿佐ヶ谷パールセンターと高円寺駅の北口側の純情商店街近くにあるのだが、特に阿佐ヶ谷店がすごいと思う。

両者は系列店だと思うのだが、おいてある食材のラインナップが微妙に違っていたりする。

とりわけ阿佐ヶ谷店の店頭に出ている野菜や果物がすごく、その中でもさらにかごもりになっている野菜類がすごい。

アボカドが3つか4つで100円だったりとか、なめこやえのき茸等のキノコ類が3パックで100円だったりとか、オレンジが8個くらい乗っていて198円だったりとか、一般的なスーパーでは得られないほどのディスカウントぶりが発揮されている。

あと、肉も安い。ここでひき肉のジャンボパックなどをよく買う。

ちなみに、上記写真のレシートは、大きめサイズのグレープフルーツルビーが5個で100円だったのと、小松菜が一束40円だったので、店舗前を立ち寄った際にサクッと買ったもの。

もう数え上げればきりがないほどの充実体験ができるので、ぜひ訪れて見て欲しい。

阿佐ヶ谷パールセンター商店街で安いし美味しいコスパの良い店−安くて鮮度の良い食材が買えるコスパの高い高野青果 にも書きましたのでご参照いただきたい。

高野青果阿佐谷店
住所:〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-17-18
営業時間:午前10時-午後7時半
定休日:なし

高野青果高円寺店
住所:〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-22-17
営業時間:午前10時-午後7時
定休日:日曜日

マヤフルーツ

マヤフルーツ

2017年ごろに新しくできただろうか。高円寺のルック商店街にある小さな八百屋さん。

ここが恐ろしいほど野菜が安い。

正確にいうと、店内に陳列されている野菜や果物類はほどほどの安さなのだが、店頭で特売されているものが激安である。

この日は、ムラサキ白菜、という謎の白菜が特大サイズで1玉30円、一般的な白菜がハーフサイズで40円だった。破格だ。

あとは大きい長ネギが3本くらいとかで100円以下だったりとか、とにかく特売の野菜がめちゃ安いのである。

安い理由はよくわからない。特売野菜ではほとんど利益は出てないどころか赤字になっているんじゃなかろうかと心配するくらいである。

店舗面積を小さくしたり、外国人の方に接客してもらう等によって、色々とコスト削減しているのだろうか。

近くの三平ストアとともに毎日必ずチェックしたくなる八百屋だ。

たかはし果実店

たかはし果実店

阿佐ヶ谷パールセンターの上記高野青果よりもややJR阿佐ヶ谷駅側に北上するとある。

ここの籠盛りは最高だ。

籠盛りはほぼ毎日あり、やや傷物になったフルーツや野菜を適当に盛り合わせてあるアソートセットとなっている。

例えば私はアボカドが大好きなのだが、普通のスーパーで買うと小さいものでも1個100円程度はする。

大きめサイズだと200円はする。

しかしたかはし果実店だとどうか。

たかはし果実店のアボカド

たかはし果実店のアボカド

このサイズのアボカドが4個入っていて200円というのはザラである。

普通のスーパーでは1個150〜200円はしそうな大きさのアボカドだ。それが1個あたり50円程度になっている。

たかはし果実店のアボカド

たかはし果実店のアボカド

一応傷物で傷んでいるという扱いになってはいるものの、包丁で切ってみればこの新鮮さ。かなりのクオリティである。

たかはし果実店のアボカド

ラベルには4225の中サイズとなっているが、食べ応えのあるなかなかの大きさだ。

なので、私はたかはし果実店の前を通る際には必ずアボカドの有無をチェックし、販売されていれば必ずここで買う。

アキダイ

都内に何店舗かあるが、私は上記高野青果の阿佐ヶ谷店近くにあるパールセンターのアキダイによく足を運ぶ。

正直、高野よりもコスパは悪いが、店頭に出ている野菜や果物でたまにアキダイの方が安い場合もある。

まずは高野青果とアキダイに行き、両者を比較検討して高野青果で入手できない野菜類をアキダイで補う、という使い方をしている。

アキダイ阿佐ヶ谷店
住所:杉並区阿佐ヶ谷南1-18-6
営業時間:午前10時~午後8時(平日) 、午前9時~午後7時(日曜日)
定休日:祝祭日

スーパーむさしや

スーパーむさしや

練馬区の早宮の商店街にある。

スーパーむさしや

スーパーむさしや

大量のサツマイモが180円だったり、小松菜が2束100円だったりと、大量のパックが格安で販売されている。

まあ数え上げれば枚挙にいとまがないので、こちらも行ってみて欲しい。

特にここの店長のおじさんの接客が非常に暖かく、何度も通いたくなるお店である。

スーパームサシヤ
住所:〒179-0085 東京都練馬区早宮3-2-14
営業時間:午前10時〜午後8時
定休日:年始

サンフレッシュかわせ青果

青果サンフレッシュ かわせ

西永福駅近くの商店街にある青果サンフレッシュかわせ。

永福町〜西永福のあたりは割と高級住宅地となっているので、大きなスーパーといえばサミットがあるくらいで他に激安スーパーは見かけられないのだが、その中でもこの川瀬青果は安い。

上記写真は一例で、三つ葉が5束で150円だったり、大量のピーマンが150円だったりと、とにかく店頭に出ている野菜は注目である。

値段のつけ方がよくわからず、1つ買っても2つ買っても同じ値段だったりもする。安い野菜の代名詞であるもやしなどは普通のスーパーでは20円台で買えたりするところ、なぜか50円台だったりした。

全体的なコスパとしては、同じ杉並区内であれば中央線沿線沿いの方が安いスーパーは多いのだが、井の頭線沿線ではかなり安い方だし、雰囲気が面白いので行ってみて欲しい。

サンフレッシュかわせ青果

店頭には焼き芋も売っているし、店内で三代目茂蔵の豆腐なども買える。

サンフレッシュ 川瀬青果
住所:東京都杉並区永福3-54-4
定休日:日曜日

駒野屋(コマノヤ)

杉並区にある、最寄駅が新高円寺駅の八百屋。

住宅街の狭い路地を行くと突如出現する、割と小さな八百屋。

果物と野菜が安く、例えばバナナの値上がり、コスパの良いバナナランキング、築地のおいしいバナナで紹介したように、大きなサイズのバナナが5本付きで100円で購入できている。

おそらく普通のチェーン店のスーパーならば200円はするであろう。

駒野屋(コマノヤ)
住所:東京都杉並区堀ノ内3-28-20

和泉青果

ここも住宅街の小道の中にあってかなり場所がわかりにくいのだが、おつとめ品となった籠盛りの野菜や果物がめちゃくちゃ安い。

りんご4個で100円とかもやし10円とか割とある。

通常時も安いのだがかご盛りが特におすすめである。

和泉青果
住所:東京都杉並区松ノ木3−27−22
営業時間:?

江森青果店

江森青果店

江森青果店も凄まじく安い。

江森青果店

とりわけ、毎週土曜日の激安市と毎週火曜日夕方(午後3時〜6時)のバカ値市、8の日特売が狙い目である。

江森青果店

ある秋の激安市の光景。なお、写真は日大二高通り商店会にある天沼本店の模様。

息子が銀杏好きなので2パック100円の銀杏を購入。

それから1本35円というアホのような価格の大根。

江森青果店

1パックで5〜6個くらいは入ったピーマンが3袋で100円とか。激安市でありながらもバカ値である。

江森青果店

3本で98円という値段も、野菜高騰の昨今非常にありがたい。

江森青果店

あとは「こはく茸」という聞き馴染みのない茶色いえのきのような茸が3袋で100円。

食べてみるとほとんどエノキ同様の食感であり、えのきと同じようなレシピに適用できると思うのだが、仮にこれほどパンパンに入った袋のエノキを普通のスーパーで買ったら、1ふくろだけでも100円はしそうなのに、それが3袋も付いてきて100円とかもうアホのように安い。

絶対に行った方が良い。小さな八百屋、果物屋では珍しいが、駐輪場も少しあるので自転車で来ても大丈夫だ。

天沼本店
住所:杉並区本天沼2-1-1
定休日:日祭日
不定期:水曜

下井草店
住所:杉並区下井草2-40-6
定休日:水曜

業務スーパー

私は、業務スーパーのある街に住むと思いっきり生活費が抑えられるのでおすすめ、だと思っている。

詳細は業務スーパーで買うべき安いし美味しい高コスパのオススメ商品まとめに書いているので、そちらをご参照いただきたい。

なお、筆者がよく行くのは高円寺店である。

業務スーパー高円寺店
住所:東京都杉並区高円寺南4丁目6番5号
営業時間:午前9時~午後10時

 - ごはん