ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

カフェイン99.7%カットのおいしいコーヒー(クライス)はおすすめだ

   

カフェイン99.7%カットのおいしいコーヒー(クライス)はおすすめだ

カフェイン99.7%カットのおいしいコーヒーがすごい。


カフェインを99.7%カットしたカフェインレスコーヒー(デカフェ)はすごい

どのあたりがすごいか。

まず、99.7%カットしたという表現がすごい。

カフェインをカットする技術がどれほど困難を伴うのかは知らないし、正直、100%カットしてくれたらもっと良いのに、99.7%という数字を出されると、100%完全にカットするのは非常に難しいのだということがわかる。

しかも99.7%という小数が良い。

99%カット、でもそれなりにすごそうだが、小数点まで出されると、より極限感が出る。

しかし99.1%等のように四捨五入して99%になるようではやや心もとない。

やはり99.5%以上あるかないかで印象が大分違う。

ここでさらに踏み込んで、99.6%まで行くととても頑張った感が出る。

99.5%でも四捨五入で100%だから充分成し遂げた感が出るのに、さらに99.6%までいけば凄まじさがにじみ出る。

そしてそこに飽き足らず99.7%までもカットしてしまったらもはや完膚なきまでに叩きのめした感がでる。

これを99.8%までカットしてしまったらどうなるか。

なんだよじゃああとたったの0.2%くらいがんばれよ、という文句が出そうだ。

99.5%から0.3%プラスして踏み込んだのだから、0.3%未満の数値であるところの0.2%など、もう少し根性出せばすぐに達成できるだろう。

したがって100%も達成できたのではないのか?感がでてしまって残念である。

しかし残り0.3%だと、ちょっとやそっとがんばっただけではしんどそうな気がする。

99.5%から0.2%も上乗せできるんだから充分すごいよね。あと0.3%やるのはどう考えても無理だよね、感がでる。

カフェインを99.7%までカットしてドヤ顔の女性

99.7%までカットしたコーヒー(クライス)

そしてタイトルをよく見たら、「99.7%カット」ではない。

「99.7%までカット」だ。

この「まで」には、時間的経過が込められている。

つまり、上述した試行錯誤の過程を巧みに言い表したのが99.7%までカットしたコーヒー、であり、「まで」、にはそうやって努力を重ねてきた経緯が含意されていると読める。

カフェインを99.7%までカットしてドヤ顔の女性

そしてこの女性のドヤ顔と腕組みだ。

カフェインを99.7%までもカットするという偉業を成し遂げた者にのみ許される、自信みなぎる決めのポーズである。

カフェインを99.7%までカットしてドヤ顔の女性

ゆるく腕を組んで横を向いて目をつむり、口元は軽く微笑んでいる。

たかが99.7%までカットすることくらい、私にはなんてことないの。

かつて多くの人々がチャレンジしてきて失敗に失敗を重ねたカフェイン99.7%のカット。

それを難なくこなしておきながら、さも朝飯前かのような挑発的な態度を取る彼女の髪はゆるいウェーブがかかっていた。

カフェインを99.7%までカットしてドヤ顔の女性

紛れもなくキャリア女子である。

そして手元にはコーヒー。

一仕事終えた際に飲むべきコーヒーカップを軽々と人差し指だけで支えるその様は、かつてチャレンジャー達が成し得なかったカフェイン99.7%までのカットを片手間で難なくこなし、まだまだ余裕があることの女子力の表れであった。

それだけでない。

コーヒーから立ち上がる香りに鼻をつけていることに着目したい。

カフェインを99.7%までカットしてドヤ顔の女性

偉業を成し遂げたのにもかかわらずわ全く疲れを見せずに香りを楽しむ余裕を見せているのである。

これは何を意味するか。

このコーヒーは、バリキャリ女子をもすら唸らせるほどの香りを保有しているということである。

これは香りを楽しまない手はない。

そしてそのためには、おいしい飲み方を踏襲する必要がある。

妊娠中やカフェイン断ち中の方にもおすすめなクライスカフェインレスコーヒーの美味しい飲み方

ここで、パッケージにはおいしい飲み方が記載されている。

クライスカフェインレスコーヒーの美味しい飲み方

カップに約2g(ティースプーン軽く1杯)の「クライスカフェインレスコーヒー」を入れ、約120ccのお湯を注ぎお召し上がりください。お好みに合わせて、コーヒーの量を調節したり、砂糖やミルクを加えてください。

どんな美味しい飲み方が記載されているのかと思ったら至って普通の飲み方である。

むしろ、これ以外のコーヒーの飲み方があるのかとすら考えてしまうほどの飲み方である。

とりわけ、懇切丁寧に「クライスカフェインレスコーヒー」を入れるように明記しているところが愛おしい。

「クライスカフェインレスコーヒー」の飲み方なのだから、ここは長々と「クライスカフェインレスコーヒー」と記載しなくても、「コーヒー」一言でもよかったのではないか。

コーヒーと一言書くだけでも、どのコーヒーを入れればいいのか、と戸惑うような人は多分いない。

だからあえて言おう。

この説明文は冗長であると。

クライスカフェインレスコーヒーの美味しい飲み方

「あんた、何調子に乗ったこと言ってんの?」

…えっ!?

クライスカフェインレスコーヒーの美味しい飲み方

「しのごの言わずに、おいしい飲み方に従って飲みなさいよ!」

ひいーー!

クライスカフェインレスコーヒーの美味しい飲み方

ひいーー!

クライスカフェインレスコーヒーの美味しい飲み方

ひいーー!

う、美味い!

カフェインレスだとコーヒーは不味いとかいう従来の概念を見事に覆している!

この美味さでスーパーいなげや新高円寺店で100gで598円で買えるとか、コスパ良すぎでは!?

クライスカフェインレスコーヒーの美味しい飲み方

「そうでしょう?妊娠中の方やカフェイン断ちをしたい方にもおすすめよ」

 - ごはん