ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

      2018/09/25

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

やはり夏から秋にかけては、幼児、とりわけ男の子の子供と遊ぶネタとしては、虫取りがおすすめといえる。

その上で、セミの鳴き声が落ち着いて来た8月終わりから9月にかけては、田んぼでバッタやイナゴ、カマキリなどを取るのが子供も
喜ぶだろう。


東京都23区には田んぼの数は少ない

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

それにしても困ったことに、東京都23区に住んでいると、田んぼや畑の数があからさまに少ない。

せめて野生の草原があればバッタくらいは発見できるものだが、一見芝生が多そうな公園でも、卵ごと草が刈り取られる等の理由でバッタが少ない。

その点、田んぼにはそのイネを餌にするバッタやイナゴなどが集まりやすいので、それらの虫を捕まえる上で水田は貴重である。

柏の宮公園には東京都杉並区ではほぼ唯一と思しき田んぼがある

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

そこへきて柏の宮公園は素晴らしい。

面積は極めて小さいが、管理された田んぼに加え、その周囲に雑草が生い茂る池がある。

普段は田んぼ内に入ることはできないが、稲刈りのイベントがあったり、スタッフの方々が仕事をされている際は、運良く中に入れてもらえることもあるだろう。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

さすがは田んぼ。

その辺の草むらでは発見が難しいイナゴやクビキリギス、バッタなどのバッタ系の虫がわんさかいる。

トンボもいる。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

この日たまたまスタッフの方々がいらっしゃったので、中に入って虫取りができた。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

虫取り網や虫カゴがなかったのでたくさんは捕まえられなかったが、素手でもバッタやイナゴ、カマキリなどは捕まえるのが容易だ。

したがって、手ぶらで来ても充分にその虫取りの過程を楽しめる。

どうせ公園内で捕まえた虫はその場で逃すことにしているし、カゴがあろうがなかろうが関係ない。

キャッチアンドリリースでも昆虫観察等はしっかり楽しめる。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

なお、池や水田の水路内にはザリガニもいる。

これは外来生物であって稲作には害虫の部類なので、捕まえたらリリースしないで捕獲が鉄則だ。

個人的にはイナゴもイネを食べるので害虫みたいなもんだから捕獲して買うなり佃煮にでもして食べるなりしても良いとは思うのだが、まあ公の施設なので許可が得られない限りは許されないだろう。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

それにしてもスタッフ方々の知識量は半端なかった。

虫の種類、生態などこちらが質問したことをなんでも快く教えてくださり、それ以外にも植物や昆虫のことをたくさん勉強させてもらった。

お仕事中なのに邪魔をして申し訳なかったが、すごく楽しそうにお話しされていたのでまあいいか。

本当にありがとうございました。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

そういえば、柏の宮公園のテニスコートよりのところにはリンゴの木があり、秋の9月ごろから実がなり始める。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

もちろんもぎ取って食べることは禁止されているに決まっているが、大都会東京にもリンゴの木とか普通になっているという事例は、都会の喧騒の中にもささやかな自然が感じられて、我々を和ませる。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

また、スーパーで袋詰めにされていない野生のリンゴが木になっている様は、子供への理科教育にも貢献するだろう。

そしてこのりんごゾーンにはススキがあり、ツユムシ系のバッタがたくさん捕まえられたことを付記しておきたい。

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

柏の宮公園(東京都杉並区浜田山)の水田(田んぼ)は虫捕りにおすすめ

息子はカマキリすらも素手で捕らえる。カマで指をひっかかれようが御構い無しだ。

ついでに、園内には樹液たっぷりの桜の木もあり、夏はクワガタムシやカブトムシを捕まえるのにもおすすめといえる。

柏の宮公園の稲刈り、脱穀、籾摺、収穫感謝祭への参加について

ついでだから、貼り紙で告知されていた稲刈り等の参加要項について重要な点を転載する。

2018年の稲刈りの日時は10月7日9時半から受付開始であり、10時から11時までが稲刈りイベント予定。

参加費は100円で所定の申し込み用紙に記入して事務局に提出。

興味はあったが、小学生以上が対象だったので、保護者同伴であったとしても未就学児の我が家はまだ無理である。

雨天の場合、小雨ならば決行である。

田舎なら無料でだれでも体験出来そうなイベントだが、都会の中心近くでは、有料であっても参加したい格好のイベントだ。

なお、10月21日には10時から12時までで脱穀や籾摺で玄米を生成するという貴重なイベントがあり、こちらの体験会は当日先着順での受付になるので、早起きして駆けつけたい。

don't miss it!

さらに11月18日の収穫祭は、おにぎりと豚汁でタダメシが食えるという激レア案件なので、お米や農家に感謝の気持ちを示すためにも、家計の節約のためにも、絶対に外せない案件である。

柏の宮公園までのアクセス

住所は〒166-0065東京都杉並区浜田山2-5-1。

最寄駅は京王井の頭線浜田山駅から徒歩7分であり、バスもあるっちゃあるが歩いても遠くない。

なお、無料の駐車場はないので、公共の交通機関を使わないなら自転車がおすすめだ。

公園の面積が大きいので、複数箇所に駐輪場がある。

 - 育児