ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

こどものひろば公園(世田谷区)の水遊びや遊具は幼児にもおすすめだ

   

こどものひろば公園(世田谷区)の水遊びや遊具は幼児にもおすすめだ

以前、東京都世田谷区の公園として、世田谷公園の子供におすすめミニSL,ゴーカート,プレーパークとランチにおいて世田谷公園の紹介をしたが、その世田谷公園から徒歩ですぐ近くのところに、「こどものひろば公園」なる凄まじい公園がある。


こどものひろば公園の噴水を見ているだけでも面白い

最寄駅は三軒茶屋のようだが、そこからベビーカーを押しながら歩いたら15分以上はかかったと思う。

ゴールデンウイークとは思えないほどの暑さだったので結構しんどかった。直射日光も凄まじかったし。

しかし頑張って来た甲斐があった。

まあ世田谷公園に行く目的で歩いていたらたまたま見つけただけなんだけど。

噴水好きの4歳の息子は、道路を挟んで向かって右側(西側)の噴水を見ているだけで喜んでいた。

駐輪場も広いし野球少年もたくさんいるしで、世田谷公園が近くにありながらも、このこどものひろば公園もかなり重宝されていると思われる。

なお、入り口のすぐ近くには、昔ながらの団地の1階あたりに駄菓子屋があった。

買い物をしている子供達もいた。

こういう昭和の頃の風景が意外と東京23区は再開発されずに残っていて機能しているので、東京はすごいと思う。

こどものひろば公園の川の流れ(じゃぶじゃぶ池)がおすすめだ

こどものひろば公園の川の流れ(じゃぶじゃぶ池)がおすすめだ

道路を挟んで西側は「川の公園」と呼ばれているらしい。

長いスカイウェイが見える。すでに息子は「これはすごいね」と言いながらスカイウェイを走っている。

こどものひろば公園の川の流れ(じゃぶじゃぶ池)がおすすめだ

スカイウェイの上からは長い水の流れが見える。

川の上流部分は流れが早い。

入って遊べるじゃぶじゃぶ池のような位置付けであることが推察された。

しかし一般的には、このような入って遊べるじゃぶじゃぶ池は夏場の7月くらいから開始されるものと思っていたが、4月末でもすでに始まっているのか。

偶然にも、春とは思えないほどの夏日だったので、これは好都合だ。

こどものひろば公園の川の流れ(じゃぶじゃぶ池)がおすすめだ

本当は寄り道せずに世田谷公園に行くつもりだったのだが、息子はあまりにもこの公園が気に入ってしまったようで、はしゃぎながら水の流れに向かう。

世田谷公園に行くよりもこの公園で遊びたいようである。

こどものひろば公園の川の流れ(じゃぶじゃぶ池)がおすすめだ

水着や水鉄砲など、じゃぶじゃぶ池で遊べるおもちゃ等の準備をしてくればよかった。

川を横断できる石に乗って遊んだり、足だけ水に浸かって歩いたりとかをして遊んだ。

これは夏になればかなり人気が出て混雑するんじゃないかと思う。

立体迷路や砦などの遊具もすごい

立体迷路や砦などの遊具もすごい

そればかりではない。

滑り台やクライミングなどのセットがついた複合遊具があるのだが、その様相が砦形状であり、珍しいタイプの巨大な複合遊具に息子も興奮していた。

立体迷路や砦などの遊具もすごい

ブランコがある方向を見やると、何かすごそうなものが見える。何だあれは。

立体迷路や砦などの遊具もすごい

4階建ての立体迷路と呼ばれるものらしい。

立体迷路や砦などの遊具もすごい

階段を上がったり下がったり、表側にきたり裏側にきたり、鬼ごっこをするのに楽しい。

また、子供がそうやって駆け回っている様が外からも見られる。

外から見ていても面白い。

私はこれを眺めているとき、昔理科の教材か何かで、アリの巣を外から見られる観察器具を思い出していた。

透明で平べったい長方形の容器に土を入れ、さらに捕まえて来たありをその中に入れると、やがてアリの巣が構築されていき、縦横無尽にアリたちが巣の中を駆け巡る様子が容器の外から観察できるというアレである。

話が逸れたが、敷地内はかなり広いし遊具も充実しているし、オススメの公園と言える。

今回はこのまま東に進んで世田谷公園に行くつもりだったので、西側の山の公園でじっくり遊ぶことはなかったが、また行きたいと思う。

世田谷公園という巨大な公園がすぐ近くにあるので目立たないのかもしれないが、世田谷公園抜きにしてもこのこどものひろば公園単独で考えても一日中遊べる半端ない公園だと思う。

実際、近くで遊んでいるこどものお父さんが、世田谷公園とこの公園を行き来しながら遊んでいる様子だった。

世田谷公園とセットで遊ぶとものすごい充実した遊びができると思う。

あるいは、両者があまりにも近いため、この公園を世田谷公園の一部として考えている人もいるのかもしれない。

ちなみに、両者の間の大きい道路沿いにはおしゃれなレストランやファミレス、スーパーなどがあるので、ランチやお弁当購入にも事欠かない。

これは今後も研究が必要だと思った。

こどものひろば公園へのアクセス

上記の通り、最寄駅の世田谷線(あるいは田園都市線)三軒茶屋駅から歩いた。あるいは池尻大橋駅も最寄駅の1つだと思う。

しかしいずれからもかなり遠いのでそこからバスを使う方が良いと思う。公園にくるまでの間に子供が飽きて寝てしまうかもしれないし。

最寄りのバス停は「自衛隊中央病院入口」だと思う。

駐車場は近くには無料のものがなさそうなので、やはり公共交通機関で来るか自転車で来るかがおすすめだ。

こどものひろば公園
住所(所在地):世田谷区下馬2丁目31番4号

 - 育児