ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)は美味しいし高コスパでおすすめ

      2019/09/04

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)は美味しいし高コスパでおすすめ

スーパーで買えるパックのキムチは数あれど、本格的な深い味わいが楽しめるキムチならワンドキムチではなかろうか。


王道(ワンド)キムチ(秋本食品)の販売店舗・価格

私は王道キムチを200g入りで生協(コープ)にて購入。

税抜き価格398円のところ半額であった。

この量で398円というと、他の低価格のキムチと比べると、だいたい2倍くらいの値段がする。高級なキムチといえよう。

半額シールが貼られていなければ手が出せなかった。半額なら普通の低価格のキムチ並みに安い。

半額万歳。私はいつも半額シールを虎視眈々と狙うことにより、通常は手の届かない高級商品をお値打ち価格でゲットするのである。

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)の原材料・カロリー等の栄養成分

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)の原材料・カロリー等の栄養成分

名称ははくさいキムチ(刻み)らしい。

キムチ業界にあまり詳しくないが、普通のキムチではないんだな。白菜キムチなんだな。

原材料名としては、はくさいキムチというだけあって、白菜が最初にくる。

他に「だいこん、たまねぎ、その他、漬け原材料〔りんご、にんにく、砂糖、とうがらし、食塩、オキアミ塩辛、しょうゆ(小麦、大豆を含む)、こんぶエキス、ごま、パプリカ、しょうが、グレープフルーツ果汁(粉末)〕、調味料(アミノ酸等)、酸味料、酒精、モウソウチク抽出物、トウガラシ色素」と続く。

さすが健康食品キムチ。凄まじい量の野菜等の原材料が使われている。

ところで、「はくさい、だいこん、たまねぎ、その他」の「その他」ってなんだ。割と早い段階で「その他」が来るのか。「その他」がきた後に、りんごとかニンニクとかがくるのか。

もう種類が多すぎて、「はくさい、だいこん、たまねぎ」まで書いたところで、もう面倒くさいから「その他」で済ませようと思ったけど、やっぱり思い直してちゃんと細かく書こうと思って、「漬け原材料〔りんご、・・・」とした、とかそういうことではないのか。

すごく気になる。

なお、パッケージの栄養成分表示によれば、100gあたりでエネルギー61kcal、たんぱく質2.9g、脂質1.0g、炭水化物10.1g、食塩相当量3.1gである。

内容量が200gなので、1パックで単純にこれらの値を2倍にしたものが摂取できる。

キムチは美味しいのに低カロリー、低脂肪だし、当質量もさほど高いわけではない。

カプサイシンの脂肪燃焼効果もまあまあ期待できるかもしれないが、とにかく、この野菜量が摂取できて満足感が高いのに低糖質である点が、よりダイエットに適しているといえよう。

なお、製造所は秋本食品株式会社の藤沢工場(神奈川県藤沢市遠藤2004−16)である。美味しい漬物を提供する会社としておなじみだ。

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)を食べた感想・評価

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)を食べた感想・評価

それにしても、「重ねキムチ売上げNo.1」ですよ。

「キムチ」の売り上げナンバー1、ではなく、「重ねキムチ」である。

キムチというカテゴリの中でも、さらに「重ねキムチ」という細分化されたジャンルがあるんだな。

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)を食べた感想・評価

半額シールを剥がしてみる。

確かに、パッケージに描かれたキムチは、綺麗に重ねられているぞ。

どのキムチを買ったとしても、パック内には白菜がたくさん入っているので結果的に白菜が重ねられた構造になっていると思うのだが、そうではなく、上記写真のように意図的に綺麗にミルフィーユ状に重ねたものを「重ねキムチ」と呼ぶものと推察された。

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)を食べた感想・評価

パッケージには、「おいしさのヒミツ」なる記載がある。

それによれば、国産白菜一枚一枚丁寧にタレを塗り、重ね付けにしているということだ。

それによって、野菜の旨味を逃さずに閉じ込めることが可能になっているのだろう。

なるほど、単に見た目が重なっていることをもって「重ねキムチ」と呼ぶのではなく、漬け込みの仕込みの時点で1枚ずつにタレを塗り込んでいくキムチを「重ねキムチ」と呼ぶのか。

重ねキムチ半端ない。

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)を食べた感想・評価

パッケージには、「キムチは生きています!」との文字が。

当然かとは思うが、改めて乳酸菌は生きているということを実感する記述である。

そして、開発秘話として、「約3年」も開発に時間がかかったとの、同情を誘うような記載がある。

どれ、その生みの苦しみの末にたどり着いた境地を堪能させていただこうではないか。

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)を食べた感想・評価

むお。確かに重なっている。

人参やだいこん、ニラ等の野菜が、丁寧に白菜にサンドされているぞ。

これは形を崩すのが勿体無いほどの美しさだ。

そのままかぶりついて食べないと、開発者に失礼になりそうである。

というわけで、そのまま食べた。

なるほど、これはコクがある。

私は甘いキムチが好きなのだが、甘さは控えめで辛味がやや強め。

これは本場の味に近いのではなかろうか、と感じた。本場のキムチ食ったことないけど。

それにしても、安っぽいキムチの味ではなく、酸味とコクと辛さと旨味とが合間って、これこそが本気のキムチだと感じた。

見た目も食感も良い。

スーパーで買えるキムチの中では、かなりおすすめといえよう。

王道(ワンド)キムチ(秋本食品)を食べた感想・評価

なお、発酵食品には発酵食品ということで、納豆を混ぜるのが私は好きである。

さらに、アボカドや海苔を添え、ついでにスープなんかも一緒に飲むと、もう腸内改善効果が最高で栄養バランスも抜群のアレンジレシピになって、超絶おすすめ。

なお、こういったレシピについては以下の話にも書いたので、併せてご参照いただきたい。

美味しく食べて健康になれる上にダイエット効果も抜群。

キムチ最高ではないか。

 - ごはん