ダーヤス.com プレミアム

ダーヤス.comにようこそ。プレミアムな情報で、ワークライフバランスの充実を図りませんか。

マルちゃんと日清のおすすめ冷やし中華・冷やし麺と美味しいレシピ

      2018/05/26

マルちゃんと日清のおすすめ冷やし中華・冷やし麺と美味しいレシピ

以前日清のラーメン屋さん冷し中華はマルちゃんやシマダヤより美味しいぞというところに書いたように、冷やし中華といえば現在は日清が最強であると感じていた。

かつては「冷やし中華と言えばマルちゃん」という思い込みが私にはあったし、世の中の100人中99人も同じ思い込みに決まってるので、ここで近年のマルちゃんと日清の冷やし中華を再度食べ直して食べた感想のアップデートをすることにより日清の再評価をし、もって世の中の100人中80人くらいが「冷やし中華と言えば日清」という考えに移行するような試みを行おうと思っていた。

しかし、昨今、マルちゃんの「極細冷し中華」という画期的な商品を発見し、マルちゃんを再評価をしなければならないという強い思いが出てきた。

今や日清とマルちゃんさらにはここでは取り上げないシマダヤの冷やし麺による戦国時代である。

そこで、以下では個人的に注目している日清とマルちゃんの、この夏食べたいおすすめ冷やし麺・チルド麺を複数種類取り上げ、詳細に分析することで、もって皆様の食卓に潤いを提供することを狙う。

ここでお勧めする点は、あくまでもコスパ、つまり値段との兼ね合いである。

探そうと思えばスーパーで三百円前後の超高級路線のラインナップもある。
こういった高級冷やし麺は、一握りの富裕層にのみ買うことを許された特権階級の冷やし麺である。

以下では、スーパーの特売では一袋150円程度で買うことができ、特売でなくてもせいぜい200円のものを取り上げることを基準とする。

ただ、最後の方に取り上げるつけ蕎麦は、多少値段が張るものの、世間から見てコスパがいいので取り上げた。

マルちゃんの極細冷し中華

マルちゃんの極細冷し中華
まずは冷やし麺の中心と言える冷やし中華界において万民の基軸通貨といえるマルちゃん(東洋水産)の冷やし中華について述べる。

マルちゃんの冷やし中華といえば、細麺で3玉入っており、さらにふりかけをかけるという趣向でお馴染みであるが、最近スーパーいなげや、サミットをはしごしたところ、どうやらマルちゃんは「極細冷し中華」という冷やし中華を前面に押し出しているようだ。

日清やシマダヤの冷やし麺がやや太麺な傾向であるところ、マルちゃんはその特徴であるところの細さにさらに磨きをかけることで、極細の方面で勝負に出た。

まさに逆張りの発想に基づいた奇策といえる。

細いことには多大なメリットがある。
まず「早ゆで約90秒」という宣伝文句の通り、速攻で茹で上がる。

これによって、我々のような忙しい共働き育児世帯の家事負担を軽減する。
まあ私は半分無職だけど、それでも家事負担が減るのは嬉しい。

また、細いことによって、2歳児等のような幼児であっても麺を啜りやすいし、切って食べさせてあげるのも簡単だ。

さらに、極細とはいえ、十分なコシがある。
りんごやレモン等の酸味を利用したスープは今やの定番の味であるが、極細によってそのスープが麺にうまい具合に絡みあい、麺の味に豊かさを添える。
むしろ味が濃くなるので、きゅうりやもやし等の野菜をたくさん一緒に食べたくなる。
これにより、野菜の摂取量が増えて、健康増進効果が発揮される。

何より特筆すべきは、マルちゃんの冷やし中華は3玉ある点にある。

仮に息子、母親、父親の3人家族で冷やし中華を食べることになったとしよう。

ここで、3人家族だから、マルちゃんのように3玉であれば一人1玉(麺110グラム)の分け前になることには疑問はない。

ところが、3玉入りの冷やし中華の味や食感はかつて「それなり」であった。

そして、やや高級路線の味を楽しみたければ、以下のような2玉入りの袋麺を買うしかない。

しかし、3人家族に対して2つの麺。

これをどのように分けるか。
簡単だ。
子供と母親である。
父親は残飯を食べる。
主に幼児の子供が残した麺を、まるで後塵を拝するようにありがたがって食べる。

未だに3玉入りの袋麺が店頭に並ぶ理由は、その悲哀さを憂える企業側の努力に違いない。

なお、上記極細冷し中華はだいたい150円〜170円程度で買える。
かなりのお勧めである。
そして、この3玉入りの極細の冷やし麺は、日清のラインナップには今の所見つけられない。

日清のラーメン屋さん冷し中華 ごまだれ 醤油だれ 2人前

日清のラーメン屋さん冷し中華 ごまだれ 醤油だれ 2人前

日清のラーメン屋さん冷し中華 ごまだれ 醤油だれ 2人前

まず結論から言うと、この冷やし中華は、上記3玉、2玉問題を除けば最強のコスパであり、その点は論を待たない。
一袋150円〜170円程度でスーパーで買うことができてこのコシ、味であれば、もう下手なお店で冷やし中華を外食するとか馬鹿げている。

まあ2玉である点がコスパを多少悪くするばかりか、誰がどれだけ食べる等の家族の大げんかを引き起こしかねない点で、食卓に上げる際はかなりのリスクを負うことは覚悟しなければならない。

したがってそれ以上ここで書くことはないのだが、どうも皆さんもったいない食べ方をされているようなので、よりこの日清のラーメン屋さん冷し中華の味を飛躍的に向上させる簡単な食べ方を提案する。

まずスーパーで買う際、ゴマだれと醤油だれのどっちを買おうかなと迷っている時点であなたの負けだ。

上級者はゴマだれと醤油だれを両方買う。

そして、夕食時には両方の袋をこれ見よがしに開封し、ゴマだれと醤油だれを混ぜて食べる。

美味し過ぎるぞ。

日清 ざるつけ麺 濃厚豚骨魚介醤油 香味醤油中華だれ 2人前

日清 ざるつけ麺 濃厚豚骨魚介醤油 香味醤油中華だれ 2人前
日清 ざるつけ麺 濃厚豚骨魚介醤油 香味醤油中華だれ 2人前

最近はつけ麺ですら150円〜170円で買えるから家庭の食卓が安く充実する。

ここでこのざるつけ麺をお勧めするのはその安さばかりでなく、実はこれも上記極細同様に90秒でゆで上がるという利点を享受することができるからだ。

味は4種類あるが、特に濃厚豚骨魚介醤油と香味醤油中華だれを推す。

なお、2人前なので、3人家族の場合の悲劇がここでも繰り返される危険性が高いことには注意したい。

ゴマだれ味はツユが麺に絡みすぎてすぐなくなるし、和風つゆはなんだかあっさりしすぎてて満足感がない。

2人前を3人家族で食べるのだから、少しでもこってりして満足感があるのを食べたいじゃないですか。

日清 太つけ蕎麦 ラー油仕立ての特製鰹だし醤油 2人前

日清 太つけ蕎麦 ラー油仕立ての特製鰹だし醤油 2人前

実は300円越えでしか売ってないのでコスパは悪いのだけど、とうとう港屋インスパイアのつけ蕎麦が出たかという点で取り上げる。

下手な港屋のパクリの店で食べるくらいなら、これを買ってレシピ通りに作った方がコスパがいい。

作り方も、あの港屋の肉蕎麦を想像しながら作ればいいし、あの刻み海苔とゴマもちゃんと同封されている。

まあ牛丼のような肉をのせて生卵を落とすという通常の食べ方をすればいいでしょうね。

ただ、本場の味には遠く、やや酸味がある。

また、ジャンキー感がやや足りない。これを解決するには、もう少しラー油を別途追加するか、肉を多めにすることで、かなり近い味を出せるんじゃないかと思った。

マルちゃん 北の味わい ざるラーメン 2人前

マルちゃん 北の味わい ざるラーメン 2人前

「マルちゃん北の味わいざるラーメン2人前」シリーズは本当におすすめだ。

公式ホームページによれば、2017年7月現在、和風つゆ、焙煎ごまだれ、坦々ざるラーメン、自家製ぽん酢醤油つゆ、鴨だしざるラーメンの5種類のフレーバーがあるらしい。

しかも和風つゆにおいては、東日本向け、西日本向け、北海道向けの3種類に細分化され、焙煎ゴマだれ、坦々ざるラーメンにおいては、北海道向けとそれ以外の味の2種類に分けられているようである。

地域に応じて好みのラーメンのつゆの味が異なるため、ユーザニーズに合わせた形なのだろう。

ここでは、私(東京という関東地区在住)が食べたもののみを紹介したい。

なお、2017年においては、「『マルちゃんの夏麺頂上決戦』冷し中華 VS ざるラーメンとつけ麺」なるキャンペーンを行なっており、「冷し中華」派と「ざるラーメン・つけ麺」派との得票数に応じてQUOカードがもらえるプレゼント企画があるようなので、合わせてこれにチャレンジするのも面白い。

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

ざるラーメンという分野とざるつけ麺という分野との大きな違いがよくわからないが、なんとなく前者の方があっさりしてサラサラしたつけ汁につけて食べるもののような気がする。

また、麺の太さに関しては、前者の方が細く、冷やし中華のたまご麺に近いような気がしている。

まさにそんなイメージに合致するのが「北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前」であった。

なお、希望小売価格は285円(税抜価格)らしいが、スーパーいなげや新高円寺店の特売で158円(税抜き)で買えた。

場合によっては賞味期限が近いと20%オフ、さらに時々半額になったりするので、いなげやはなかなかオススメである。

の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前<

やはりこの極細ざるラーメンのオススメポイントは、早茹で90秒である点だろう。

極細でありながらコシがある麺は最高である。

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

栄養成分表示によれば、一人前(めん150g、つゆ一袋あたり)でエネルギー459kcal、たんぱく質12.8g、脂質1.8g、炭水化物97.9g、ナトリウム3.0g、食塩相当量7.6gである。

特筆すべきはこの麺の量の多さである。

なんと150グラムも入っているのだ。

夏バテ中で食欲をそそらないときでも、するするとたくさん食べられるし、食欲があるときでもこの量はガッツリと食べ応えがある。

それに伴い、炭水化物が一色で100グラム近く摂取することになり、ダイエット中だと気になるところではあるが、サラサラしたつゆによってその脂肪分が2グラム以下に抑えられ、カロリーも500グラム未満というあたりは、さほど太ることを意識しなくてもいいのではないかと思われる。

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

このラーメンが夏の猛暑日に向いている理由は、カツオと利尻昆布の旨味のあっさりしたつゆにイタリア産レモンの果汁とゆずが入っているところであり、この柑橘系の酸味がさらに食欲を増長させる。

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

調理時の注意点としては、茹で時間を1分半くらいにすることを意識することだ。

これ以下だとちょっと生っぽくてゴワゴワ硬いし、2分くらい茹でてしまうと今度は柔らかすぎてコシがなくなるという悲しいことになる。

普通の麺のように3分くらいやってしまうと、もう箸ですくうだけでちぎれてしまう恐れがあり、それ以上だとぐちゃぐちゃドロドロして半分溶けているのではないかというような悲しいことにもなりかねない。

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

実に極細の麺である。

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

大きめの鍋か厚みのあるフライパンで茹でる。

さすが合計300グラムの麺であって、2人前の分量といえども、まるで3人分を茹でているような錯覚を覚える。

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

ボウルに入れると、ずっしりとかなりの重量感になった。

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

キラキラと輝くたまご麺が、とても美味しそうだ。

北の味わい 極細ざるラーメン 自家製ぽん酢醤油つゆ 2人前

我が家には3歳の子供がいるが、これを本当に美味しそうに食べた。

また、3歳児の幼児といえども大人並みに食べたりするので、通常2人前だと3人家族で量が足りなくなる恐れがあるのだが、1人前で150グラムも入っているので充分に足りた。

これは美味しいし安いのでコストパフォーマンスが良い。

北の味わい ざるラーメン 焙煎ごまだれ 2人前

北の味わい ざるラーメン 焙煎ごまだれ 2人前<

この北の味わいざるラーメン焙煎ごまだれ2人前もすごい。

北の味わい ざるラーメン 焙煎ごまだれ 2人前

どの辺がすごいか。

麺の量が一人前で150グラムもあるという点に加えて、ゴマだれのつゆがパッケージのようになみなみと注がれている点である。

北の味わい ざるラーメン 焙煎ごまだれ 2人前

通常、つけ麺や冷やしラーメン等において、ゴマだれのツユは粘性が高くてタレの量が麺に比して少なく、麺を食べ終える前につゆがなくなってしまうパターンが多い。

北の味わい ざるラーメン 焙煎ごまだれ 2人前

しかしこの北の味わいざるラーメン焙煎ごまだれなら、その心配はない。

北の味わい ざるラーメン 焙煎ごまだれ 2人前

だから2人前で300グラムのめん、少食であれば3人分は行けそうなこの量のラーメンを一袋買って、例えば小さい子供と両親との3人家族で食べる場合にはこれで十分に満足できる量である。

北の味わい ざるラーメン 焙煎ごまだれ 2人前

子供用の取り皿にタレをちょっとだけ出す。

北の味わい ざるラーメン 焙煎ごまだれ 2人前

こおりや刻みネギなどを入れてもなおのこと良い。

そしてなみなみとタレを使っても全然不足することはない。

3人で食べてタレの量を贅沢に使っても十分にタレが余った。

これは快挙である。

いつもゴマだれベースのラーメンを食べるとタレが不足して困る状況になるのに、これはそんな不具合がない。

それは、ゴマだれなのにタレがサラサラである点も多分に影響しているのだろう。

サラサラなのにゴマだれの濃厚なコクが楽しめる。

ごまが香ばしくて香りが良い。

麺にも充分なコシがある。

なお、スーパーいなげやで158円で買えた。

最高のコストパフォーマンスであり、安くて美味しい。

北の味わい ざるラーメン和風つゆ 2人前

ちなみに、どれくらいコスパが良いかと言うと、この栄養成分表示の1人前の数値を見るとわかりやすい。

エネルギー509kcal、タンパク質14.1g、脂質5.1g、炭水化物101.6g、ナトリウム2.7g、食塩相当量6.9g。

カロリー500キロカロリー超! 炭水化物100グラム超え!、塩分約7グラム!

一食分でこれほどの数値を叩き出す生袋麺もなかなかあるまい。

北の味わい ざるラーメン和風つゆ 2人前

北の味わい ざるラーメン和風つゆ 2人前

北の味わいざるラーメン和風つゆ2人前もスーパーいなげや新高円寺店で158円で買った。

北の味わい ざるラーメン和風つゆ 2人前

もはや麺の量がたっぷり合計300グラムあって満足度が最高潮であることは言うまでもない。

北の味わい ざるラーメン和風つゆ 2人前

つゆは、かつおぶしと鯖節、利尻昆布が使用されており、なんと「東日本向け」である。

和風の出汁の味は西日本と東日本、更に北海道とで好みが分かれるような話をよく聞くが、これも地域ごとの特性に合わせた決め細やかな戦略である。

そして味はいうまでもなく超美味しい。

北の味わい ざるラーメン和風つゆ 2人前

エネルギー462kcal、タンパク質13.2g、脂質1.8g、炭水化物98.3g、ナトリウム2.6g、食塩相当量6.6g。

やはり栄養豊富なごまではなく、あっさりとした和風つゆであるため、カロリーや糖質、脂肪分がゴマだれに比較して顕著に低い。

しかし食塩相当量がこちらの方が低いのは意外である。

ゴマだれの方が味がしょっぱいということか。

エネルギー509kcal、タンパク質14.1g、脂質5.1g、炭水化物101.6g、ナトリウム2.7g、食塩相当量6.9g。

なお、茹でる際には本当にたっぷりのお湯を使った方が良い。

なぜなら、2人前にしては麺の量が贅沢なほど多いので、お湯をたっぷり使わないとダマになりやすいからである。

まとめ

冷やし麺・チルド麺の各社の努力は凄まじく、昨今は名店に近い味が家で作れる。

これで小さいお子さんがいて定食屋やラーメン屋などに入りにくい場合でも、家庭で成し遂げた味が楽しめるので、コスパのいい(安い)冷やし麺を食べまくって冷やされまくって、体は涼しいけど一方のお財布はそれほど冷え込まない夏を過ごされることをお勧めします。

 - ごはん